ディフェリンゲル(大容量45g)は、ディフィリンゲルは、ガルデルマ社が製造販売している尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ディフィリンゲルは、ガルデルマ社が製造販売している尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬です。レチノイン酸受容体に作用し、皮膚の炎症を抑えることでニキビを減らします。塗り薬なので、飲み薬との飲み合わせの心配はいりません。
有効成分:Adapalene0.1%(アダパレン)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱75807580
2箱664013280
3箱629318879

商品の詳細

ディフェリンゲルは、ニキビを治療するお薬で、1本あたり45g入りの容量の多いタイプです。
1本15g入りのディフェリンジェネリック(後発薬)もございます。
表皮の角化細胞の分化を抑制することで皮膚の角化をおさえ、毛穴の詰まりを改善する働きがあります。
ゲル状の外用薬で、アダパレンゲル0.1%を有効成分として含有しています。
医療用医薬品でも「ディフェリンゲル」や「アダパレンゲル」として用いられているお薬で、医師の処方も多いお薬です。
(海外ではアダパレンを0.3%配合した商品も販売されていますが、日本国内では0.1%のものしか使用されていません。
) ニキビは医学的には尋常性ざ瘡と呼ばれており、治療においては皮脂の除去や毛孔の閉塞予防が重要となります。
ディフェリンゲルは毛穴の詰まりを取り除く効果だけでなく、角質を剥離するピーリング作用も期待することが出来ます。
アクアチム(ナジフロキサシン)やダラシンT(クリンダマイシンリン酸エステル)などの抗生物質を併用することで、炎症性のニキビにも高い効果を発揮するので、炎症を起こした赤ニキビに対しても使用が可能となっています。
アダパレンの有効成分は、レチノイド(ビタミンA誘導体)と非常に似通った骨格を有しています。
美容皮膚科で処方されることが多いトレチノイン(レチノイン酸)は、角質剥離、表皮ターンオーバー促進、繊維芽細胞を活性化、皮脂分泌抑制などの、様々な効果が認められています。
トレチノインは第1世代の合成レチノイドですが、アダパレンは第3世代の合成レチノイドであり、高い有効性を持っている一方で、副作用は少ないことが報告されています。
レチノイン酸受容体に親和性を有し、遺伝子転写促進化が誘導されることによって効果を発揮すると考えられています。
ディフェリンゲルのニキビ治療効果ディフェリンは有効成分としてアダパレンを含有するニキビ治療外用薬です。
日本でも2008年に認可された薬で、従来のニキビ治療外用に比べてかなり強力なニキビ改善効果を持つ革命的な薬として一躍有名、主流のニキビ治療薬になりました。
ディフェリンの有効成分アダパレンはナフトイン誘導体という化合物で、ビタミンA誘導体の類似物質です。
目に見えない毛穴の詰まり、つまりニキビの前段階「微小面皰(びしょうめんぽう)」に作用してニキビ生成を抑制します。
また、白ニキビや黒ニキビに作用して炎症化を防ぎ、既に炎症した赤ニキビや化膿ニキビに対しては進行を防ぎ炎症を鎮めて治癒します。
ディフェリンはニキビ予防及びニキビ改善作用によって素晴らしいニキビ治療効果を発揮するため、世界中で大人気の薬です。
ディフェリンゲルとトレチノインの違いディフェリンは有効成分としてアダパレンを含有するニキビ治療薬で、ビタミンA誘導体(レチノイド)類似物質です。
類似物質であるために化学構造に違いはありますが、ビタミンA誘導体と同様の作用を発揮します。
一方、トレチノインはビタミンA誘導体そのものです。
日本では認可されていない成分であるため一部の医療機関が自費診療として取り扱うくらいですが、海外ではかなりメジャーな薬です。
ピーリング作用、肌のターンオーバーを促進する作用 、皮脂の分泌を抑える作用など様々な美肌作用を持っているため非常に大人気です。
ニキビ治療、美白、しみやたるみの改善(アンチエイジング)など様々な肌トラブルの治療に広く使用されています。
ディフェリンとトレチノインにはビタミンA誘導体という共通のキーワードがあり作用も似ていますが(親戚のようなイメージです。
)、ディフェリンはニキビ予防・改善効果のみを主な作用としています。
ディフェリンにも軽いピーリング作用がありますが、トレチノインに比べると弱く、ニキビ治療以外の劇的な美肌効果はあまりありません。
尚、作用が穏やかであるぶん安全性が高いのはディフェリンです。
また、胎児に重い影響をきたす恐れがあるためトレチノインは妊娠中は絶対禁忌、ディフェリンも念のため禁忌となります。
ディフェリンゲルとダラシンTゲルの違いディフェリンは有効成分としてアダパレンというビタミンA誘導体類似物質を含有するニキビ治療外用薬です。
日本では2008年に認可された比較的新しい薬で、従来のニキビ治療外用薬に比べてかなり強力なニキビ改善効果を持つ革命的な薬として一躍有名、主流のニキビ治療薬になりました。
目に見えない毛穴の詰まり、つまりニキビの前段階「微小面皰(びしょうめんぽう)」に作用して毛穴の詰まりを除去しニキビ生成を抑制します。
また、肌のターンオーバーを促進します。
白ニキビや黒ニキビに対しては炎症化を防ぎ、既に炎症した赤ニキビや化膿ニキビに対しては進行を防ぎ炎症を鎮めます。
このように、ディフェリンはニキビの予防から治癒までにおいて効果を発揮することができます。
一方、ダラシンは有効成分として抗生物質のクリンダマイシンを含有するニキビ治療外用薬です。
ディフェリンが登場するまでは一番主流のニキビ治療薬でした。
ダラシンは抗生物質の外用薬であるため、ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌に対して殺菌効果を発揮します。
菌によって炎症・化膿したニキビに対して高い治療効果を発揮します。
ディフェリンとダラシンは全く違う働きでニキビを治療するため、併用も可能です。
併用する場合は、ディフェリンを塗布してからダラシンを重ねて塗布してください。

ご使用方法

ディフェリンゲルの効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
尋常性ざ瘡(ニキビ):1日1回、洗顔後にしっかりと水分をふき取り、患部に適量を塗布して下さい。
※本剤は、顔面以外の部位(胸部、背部など)における有効性・安全性は確立していないため、顔面の尋常性ざ瘡にのみ使用して下さい。
ニキビに直接塗るだけではなく、ニキビができやすいところ全体に、まんべんなく薄く塗り広げるようにして下さい。
使用開始から2週間以内に、乾燥、皮膚不快感(ヒリヒリ感など)、落屑(皮膚が細かくはがれる)、紅斑(皮膚が赤くなる)、かゆみといった副作用が起こりやすいと言われています。
通常は軽度で一過性のものですが、使用を継続した際に消失又は軽減が認められない場合には、必要に応じて休薬等の適切な処置を行うようにして下さい。
ディフェリンゲルとヒルドイドの併用ディフェリンの代表的な副作用として皮膚の乾燥、皮膚剥脱、痒みといった症状が挙げられます。
多くの方に起こる症状で、乾燥はほぼ全員に起こります。
ディフェリンは角質層を薄くするピーリング作用で毛穴の詰まりを改善しますが、同時に正常な肌の角層も薄くしてしまいます。
角層には水分を保持し刺激から守る役割があるため、それが弱まることで皮膚の炎症、刺激、肌荒れ、乾燥が生じやすくなるのです。
ディフェリンによるそのような症状に効果的なのがヒルドイドです。
高い保湿作用を持ったヒルドイドは肌に対して素晴らしい美肌作用を発揮します。
また、抗炎症作用もあるためにニキビによる炎症を抑制する効果も期待できます。
<ディフェリンとヒルドイドを併用する場合、ヒルドイドでたっぷり保湿した後にディフェリンをニキビの患部及びその周囲に重ねて塗布してください。
ディフェリンゲル、保湿剤、化粧水、ダラシンTゲルを使う場合の塗る順番ディフェリンは通常1日1回就寝前に使用しますが、日頃のスキンケアと並行して構いせんし、むしろディフェリン使用中は肌が乾燥しやすくなるためしっかり丁寧な保湿ケアが必要です。
ディフェリンは一般的にスキンケアの最後に使用します。
<洗顔→化粧水・保湿性剤など保湿スキンケア→ディフェリンという流れです。
尚、ディフェリンは目には見えないニキビの前段階の状態にも高い治療効果を発揮するので、ニキビ患部及びニキビが発生しそうな周囲にも広めに塗布することをお勧めします。
ただし、肌に合わないスキンケアがニキビの発生を助長していることがあります。
酷いニキビが続いている場合は、スキンケアを敏感肌やニキビ肌用のものにする・ヒルドイドなど保湿剤のみのシンプルケアにするなどスキンケアについて考えることも必要です。
もしダラシンなどの抗菌作用を持つニキビ治療薬をディフェリンと併用して塗布したい場合は、ディフェリンを塗布した上からニキビ患部に重ねて塗布してください。

副作用

副作用がひどい場合には、洗顔後に水分をしっかりと拭き取ってから、ヒルドイド製剤や市販の保湿剤などを用いて保湿を行ってください。
保湿剤が乾いてからディフェリンゲルを塗布することで、副作用を軽減できることが分かっています。
抗生物質の外用剤を併用する場合には、ディフェリンゲルを広めに塗布した後、赤く炎症を起こしている部分のみに塗布するようにして下さい。
他の外用剤と併用することで、刺激感の副作用が強く出ることがあるので、注意をするようにしてください。
副作用としては「皮膚乾燥、皮膚不快感、皮膚剥脱、紅斑、そう痒症、湿疹、ざ瘡、接触性皮膚炎、皮膚刺激、皮脂欠乏症」などが報告されています。
禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方および.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人」とされています。
妊娠又は妊娠している可能性のある婦人に対しては、塗布による催奇形性はみとめられていませんが、経口投与によって過剰肋骨などの副作用が認められているので、使用は控えるようにして下さい。
授乳婦に対する使用成績は十分ではなく、動物実験において乳汁中への移行性が認められているので、授乳を控えるようにして下さい。
切り傷、すり傷、湿疹のある皮膚や眼や口唇などの粘膜に対しては、使用しないようにして下さい。
使用中には日光に当たることは最小限にとどめ、日焼け用の紫外線ランプなどは使用しないようにして下さい。
有効成分 Adapalene0.1%(アダパレン) 内容量 45g
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.