デフコート(デフラザコート)30mgは、アレルギー性の炎症や関節リュウマチなどの自己免疫疾患を治療するステロイド系の内服薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

アレルギー性の炎症や関節リュウマチなどの自己免疫疾患を治療するステロイド系の内服薬です。すぐれた抗炎症作用と免疫抑制作用がありますが、従来のステロイド薬に比べて副作用が少ないのが特徴です。
有効成分:デフラザコート30mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱56805680
2箱44408880
3箱396011880
5箱317615880

商品の詳細

アレルギー性の炎症や関節リュウマチなどの自己免疫疾患を治療するステロイド系の内服薬です。
すぐれた抗炎症作用と免疫抑制作用がありますが、従来のステロイド薬に比べて副作用が少ないのが特徴です。
日本ではデフコートの有効成分のデフラザコートは未承認のお薬で、国内では販売されていません。
免疫機能は細菌などから身体を守るたいせつな役目をしていますが、ときに過剰にはたらいてアレルギーを起こしたり、自分の組織を攻撃してダメージを与えることがあります。
花粉症やアトピーなどのアレルギーや関節リュウマチなどは、このような免疫機能の過剰や異常によって生じます。
デフコートの有効成分のデフラザコートは新しいタイプのステロイド内服薬で、抗炎症作用と免疫抑制作用があり、幅広い免疫疾患に効果があります。
従来から使われていたステロイド剤と同等の効果がありながら比較的副作用が少ないと言われています。
適応症としては、抗生物資の服用によるアナフィラキシー、ぜんそく、関節リュウマチなどのリュウマチ性疾患などがあります。
臓器移植後の免疫抑制剤としても使用されます。
ストロイド剤は長期間服用すると思い副作用が出やすいので注意が必要です。

ご使用方法

急性障害の治療の場合:初回服用で1日に最大120㎎までで、維持量は1日あたり3~18mg服用します。
関節リウマチやリウマ性関節炎の場合:維持量では3-18㎎服用します。
(開始時は最低服用量を服用します。
) 気管支喘息の場合:急性の場合は1日あたり48~72㎎を服用し、徐々に減量します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 生理不順、無月経、床下部-下垂体-副腎皮質系の抑制、クッシング様顔貌、タンパク質とカルシウムの不均衡、食欲の増加など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.