デュオダート(デュタステリド/塩酸タムスロシン)は、男性の『排尿障害』の治療と『前立腺肥大』の縮小を同時に達成する画期的なお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

男性の『排尿障害』の治療と『前立腺肥大』の縮小を同時に達成する画期的なお薬!デュタステリド(アボダートやアボルブ)と、タムロシン(ハルナール)が配合されており、前立腺肥大の症状と根本原因を同時に治療!
有効成分:デュタステリド 500mcg+塩酸タムスロシン 400mcg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱1005910059
2箱833716674
3箱765822974

商品の詳細

デュオダートは、前立腺肥大が原因の排尿障害の緩和(塩酸タムロシン)と、前立腺肥大の縮小(デュタステリド)両方に効果がある2つの成分が配合された画期的なお薬です。
前立腺肥大で排尿障害が現れた場合の治療法 前立腺肥大になると排尿障害が現れ、その症状を緩和するお薬としてハルナール(塩酸タムロシン)を服用します。
肥大化した前立腺を縮小するお薬として、デュタステリド(アボダートやアボルブ)が別途処方されます。
デュオダートには上記2種類の成分が配合された前立腺肥大+排尿障害治療薬となります。
※男性の前立腺肥大症はED(勃起不全)との関係も深いため、勃起力低下がみられる場合はED治療薬の併用が可能です。
尿道を大きく広げる成分も配合されていることから、デュオダート(デュタステライド/塩酸タムスロシン)には、相乗効果のはたらきもあり、出にくくなった尿をスムーズに排出します!
一日一度の服用で十分な効果が期待でき、医薬品にありがちな服用時間の制限も決められていないことから、多くの方に気軽に取り入れやすい医薬品として親しまれています。
尿道や膀胱を圧迫させてしまう前立腺の肥大は、中高年の男性にとても多い病状となっています。
テストステロンという男性ホルモンの分泌のバランスが崩れてしまっていることが原因と考えられており、年々患者数も増加傾向にあります。
5αというデュオダートの有効成分は、腎臓や膀胱などの内臓にもはたらきかけ、自律神経に作用し、前立腺の筋肉を収縮させることで尿道の抵抗を正常に整えてくれます。
デュオダート(デュタステライド/塩酸タムスロシン)は、前立腺肥大症の病状に有効な治療薬となっている中、残尿や頻尿の症状を改善させ、夜間にトイレの回数が多くなる症状にお悩みの方にも適した医薬品となっています。
デュオダート(デュタステライド/塩酸タムスロシン)は、日本国内にとどまらず、世界各国でも多くの医療機関で取り入れられています。
海外では、Combodartという名称で販売があり、比較をしてみますと、Combodartのほかにも前立腺肥大症の医薬品との併用で効果が著しくなることがわかっています。
男性に多く処方されている医薬品となっている中、女性の服用の制限は特に設けられていません。
デュオダート(デュタステライド/塩酸タムスロシン)の処方があったときには、医薬品の作用をよく知り、正しく服用することで病状をスムーズに改善することができるようになります。

ご使用方法

成人で、1日1回、デュタステリドカプセルとタムスロシンカプセル合計2錠を食後30分に服用。
服用タイミングは問いませんが、毎日同じタイミングを選びます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 性欲減退、めまい、しんふぜん、じんましん、発毛、むくみ、下痢、頭痛など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.