トラネキサム酸500は、肝斑(かんぱん)の改善薬として有名なトランシーノより有効成分が4倍多く配合されたトラネキサム酸は、FDC社が開発した医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

肝斑(かんぱん)の改善薬として有名なトランシーノより有効成分が4倍多く配合されたトラネキサム酸は、FDC社が開発した医薬品です。有効成分トランサミン酸を500mg配合し、肝斑の改善以外にも美白効果が期待できます。
有効成分:トラネキサム酸 500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱82968296
2箱722014440
3箱679820394

商品の詳細

最近ではトラネキサム酸の美白効果に注目が浴びています。
肝斑(かんぱん)に効くお薬として有名な「トランシーノ」の有効成分がトラネキサム酸です。
※低価格のトラネキサム酸(トランサミン)はこちらをご確認ください>>最近では美白の成分として美容クリニックでも使用されるトラネキサム酸は、本来は主に風邪による喉の痛みに処方されるお薬で、国内では有名なお薬として「トランサミン錠」や「リカバリンカプセル」として販売されている医薬品です。
1962年に開発された歴史のあるお薬で、シロップタイプや注射剤としても販売されており、1歳未満の乳児から用量を調整して服用いただけるお薬です。
トラネキサム酸は成分名(化合物名)ですが、ジェネリック医薬品では成分名がそのまま薬品名となって販売されています。
扁桃せんが腫れたときや咽喉頭炎の時に最もよく処方され、その他に口内炎における口内痛にも処方されるお薬です。
シミの原因は、紫外線を浴びると作られるメラニンにあります。
メラニンはメラノサイトという肌細胞によって生成されますが、トラネキサム酸はこのメラノサイトの活性化をおさえる働きがあります。
シミの他にも肌荒れの原因であるプラスミンの生成をブロックする作用があり、トラネキサム酸はシミと肌荒れの予防にも効果的です。
トラネキサム酸は抗プラスミン剤に分類され、術後の出血を止める作用も有しています。
そのため、血液がサラサラになるヘパリンなどのお薬を飲まれている方は服用いただけません。
脳血栓や心筋梗塞、血栓性静脈炎などの血栓のあるも同様の理由でトラネキサム酸を服用いただけません。
トロンビンを服用中の方は、併用が禁止されています。
喉の炎症を抑えるのにできるだけ早い段階でプラスミンの働きをブロックすれば、喉の腫れや痛みが軽症で済みます。
そのため、なんとなく喉に違和感があったり、少し痛いような気がしたり、風邪の初期症状でも放置せずに早めにトラネキサム酸を飲むことで、つらい喉の痛みを防ぐことが出来ます。
トラネキサム酸はアミノ酸の一種のため、他のお薬に比べて副作用が少なく安全性の高いお薬ですが、国内の臨床試験では食欲不振0.61%、悪心0.41%、嘔吐0.20%、胸やけ0.17%、そう痒感0.07%、発疹0.07%などの消化器症状が副作用として報告されています。
第一三共製薬が販売するトラネキサム酸配合のトランシーノは医薬品ではないため、配合するトラネキサム酸が低濃度です。
美容クリニックではトラネキサム酸500mgなどが使われます。
トランシーノとトラネキサム酸500の成分比較トランシーノ: トラネキサム酸 125mg/粒トラネキサム酸500: トラネキサム酸 500mg/粒1錠あたりのトラネキサム酸の配合量が大幅に異なるため、トランシーノは美容サプリとして使われますが、美容クリニックではトラネキサム酸500mgが一般的で、自宅でクリニック同等の肝斑治療が行えるのが当商品です。
トラネキサム酸のよくある質問 トラネキサム酸はどんなお薬ですか? 飲む肝斑の市販薬として有名な「トランシーノ」の高濃度版で、美容クリニックで使用する医薬品です。
有効成分のトラネキサム酸を「トランシーノⅡ」の約3倍の500mg配合しています。
トランシーノは濃度が低いため医薬品ではありません。
トラネキサム酸はどのように肝斑に効くのですか? 肝斑は女性のホルモンバランスの変化によって濃くなったり薄くなったりするシミです。
その変化を感知してシミを濃くする作用をしているのがプラスミンというタンパク質分解酵素です。
トラネキサム酸はこの酵素のはたらきを阻害することでシミを改善します。
トラネキサム酸は医薬品ですか? もともとは止血剤として使われてきた医薬品です。
肝斑とシミの違いは? 肝斑は顔の左右対称の位置にできる輪郭のはっきりしないシミです。
月経周期などのホルモンバランスの変化によって濃さが変化します。
通常のスキンケアやレーザー治療では消えません。
どのようなホルモンバランスのときに肝斑は濃くなりますか? 月経前(黄体期)や妊娠しているときに濃くなります。
紫外線によるシミとは反対に閉経後は薄くなってきます。
肝斑は紫外線では濃くならないのですか? 紫外線が当たるとふつうのシミと同様に濃くなるので、紫外線対策は重要です。
顔全体のシミの中で肝斑はどれくらいあるのですか? 人によって、年齢によって違いますが、シミのように見えるものの4割くらいが肝斑だと言われています。
肝斑がよく出るのは顔のどの部分ですか? もっともよく出るのが左右の頬骨のあたりです。
目の周囲にはできないので肝斑が濃くなるとその差が目立ちます。
額や口角の左右にもできることがあります。
肝斑は輪郭がはっきりしないぼんやりしたシミなので「くすみ」のように見えることもあります。
トラネキサム酸は美白化粧品によくある「白ぬけ」の心配がありますか? メラノサイトへの侵襲性がないので、白ぬけの心配はまったくありません。
トラネキサムさんの服用方法は? トラネキサム酸500mgは1回1錠を1日3回服用します。
副作用はありますか? トラネキサム酸は安全性の高い薬で副作用はほとんど報告されていません。
服用してからどれくらいで効果が現れますか? 個人差がありますが、服用してから4~8週間ほどで効果が現れます。
トラネキサム酸は一般の薬局でも購入できますか? トラネキサム酸の配合量が少ない「トランシーノⅡ」は一般の薬局で販売しています。
トランシーノⅡに比べたトラネキサム酸500のメリットは? 有効成分の配合量が多いので、服用コストが安くなります。
トラネキサム酸500はどこで購入したらよいのですか? インターネットの個人輸入代行業の通販サイトから購入します。
その際は信用できる業者を選ぶことが大切です。

ご使用方法

と使用上の注意通常、成人で1日3~4回に分け合計で750~1500mgを服用します。
3ヶ月以上続けることにより、より効果が期待できるとされています。
ハイドロキノンとの併用で効果が促進するとされます。
治療中はビタミンC錠を取ると良いとされます。
用法用量は適応症や年齢により異なります。
成人の場合、トラネキサム酸500mgを1日に2~4錠と定められており、服用回数は2、3回に分けて服用します。
朝・夕に1~2錠ずつの服用を目安にしてください。
喉の腫れや痛みが強い場合は、1回2錠を1日2回、美白目的や肌荒れのお手入れのために服用される場合は、1回1錠を1日2回服用してください。
65歳以上の方は減量されることをおすすめいたします。
肝斑(かんぱん)に効くお薬として有名ですが、トラネキサム酸は女性ホルモンに影響を及ぼしませんので安心して服用いただけます。
美白やかんぱんの改善効果を実感するには、およそ8週間(2ヶ月)のトラネキサム酸服用を目安にしてください。
飲み忘れのないように、毎日欠かさず飲み続けることが大切です。
国内の臨床試験の結果、8週間トラネキサム酸を服用された方の内、色素沈着改善度判定基準により86%の方に改善効果を実感いただいています。
喉の痛みや口内炎の口内痛に服用される方は、3日~5日を目安に服用してください。
5日を経過しても痛みがとれない場合は、医療機関や薬局を受診して他のお薬やOTC(一般用医薬品)を検討してください。
腎臓系の疾患をお持ちの方は、主治医に相談の上で服用を検討してください。
血液がサラサラになるお薬やサプリメントを服用中の方は、逆行する作用をもったトラネキサム酸との併用はできません。
一度にたくさんトラネキサム酸を服用してもその効果が倍増することはありません。
過量の服用は思わぬ副作用が発現する恐れがあり危険ですので、用法用量を守って正しく服用してください。

副作用

トラネキサム酸は安全性が高く副作用はほとんどありませんが、食欲不振、悪心、嘔吐、眠気、発疹などの症状が稀に報告されています。
軽度であればさほど心配要りませんが、症状が重い場合はすぐ受診してください。
また、滅多に起こりませんが痙攣の副作用も過去に報告されているので念のため注意が必要です。
トラネキサム酸は止血作用を有するため血液が固まりやすくなる可能性があります。
血栓が溶けるのを遅らせる作用であり血液凝固を促進するタイプではないので血栓症が起きるリスクが高まるという危惧はありませんが、血栓性疾患(脳梗塞や心筋梗塞、エコノミー症候群など)及びその既往歴がある方など血栓症の発症リスクが高い方は服用に慎重な注意が必要です。
息切れ、胸痛、手足の痺れや浮腫、激しい腹痛・頭痛、舌のもつれ、視力障害、失神などが重い血栓症の主な初期症状です。
万が一このような異常をきたしたら血栓症の可能性があるため、トラネキサム酸の服用を中止してすぐ受診してください。
肝斑とシミの違いは?肝斑とシミはぱっと見ただけでは見分けがつきにくいかもしれませんが、原因や症状、治療法が異なります。
シミは大部分が「老人性色素班」と呼ばれ、30代、40代で現れやすく、原因は紫外線への露出によるメラニン沈着です。
若いころは肌のターンオーバー(若返り)が早いため、メラニン色素が沈着する前に古い肌が剥ぎ落ちてシミになりませんが、加齢で肌のターンオーバーが遅くなるとメラニン沈着を防ぎきれずシミになります。
肝斑は頬骨の周りに左右対称に現れるシミで原因は女性ホルモンのバランスの乱れです。
20代、30代の女性に出やすいシミで、妊娠や避妊ピルの使用などでホルモンバランスが変化するときに出やすいシミです。
シミは放置すると消えませんが、肝斑は一定の年齢になると薄くなります。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.