トリキュラージェネリックは、避妊に用いることのできるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

避妊に用いることのできるお薬です。毎日決まった時間に継続して服用することで、高い避妊効果を発揮します。避妊効果以外にも月経痛改善や月経量減少、月経前緊張症の緩和などの副効用が認められいます。
有効成分:エチニル・エストラジオール(EthinylEstradiol) 125mcg+レボノルゲストレル(Levonorgestrel) 30mcg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
3箱12833849
6箱9135478
9箱7766984
12箱6657980
18箱58810584
24箱55413296

商品の詳細

トリキュラージェネリックは、避妊に用いることのできるお薬です。
毎日決まった時間に継続して服用することで、高い避妊効果を発揮します。
トリキュラージェネリックは「経口避妊薬(OC)」に分類されるお薬で、有効成分としてレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されています。
避妊効果以外にも月経痛改善や月経量減少、月経前緊張症の緩和などの副効用が認められており、類似成分は低用量エストロゲン・プロゲステロン配合剤(LEP)として保険適用されています。
トリキュラージェネリックには、黄体ホルモン(プロゲステロン)成分であるレボノルゲストレルと、卵胞ホルモン(エストロゲン)成分であるエチニルエストラジオールが配合されています。
これら2つの成分を女性の生理的ホルモン動態に対応して3段階に調節することにより、ホルモン含有量の低用量化とサイクルコントロール(月経周期調節性)の向上を可能にしています。
毎日継続して服用する必要がありますが、少ない量のホルモンで高い避妊効果を発揮することができることが特徴です。
トリキュラージェネリックの避妊効果は、「排卵が起こらなくなる」「受精卵が着床しにくい状態をつくる」「精子の子宮への侵入を防ぐ」という3つの仕組みによって発揮されます。
配合されているホルモンのはたらきによって排卵が起こらなくなることに加えて、子宮内膜の増殖をおさえて着床しにくい状態をつくります。
子宮の入口付近にある頚管粘液の粘度を高めるはたらきもあるので、精子が子宮に侵入するのを防ぐことも知られています。
飲み始めに不正出血や吐き気、頭痛、乳房痛などがみられる場合もありますが、体内のホルモンバランスが変化することによるものであり、軽度であれば問題ありません。
ただし、血栓(血液の固まりによる血管の詰まり)がおこると重篤な副作用につながるおそれがあるため、手足の痛みやしびれ、激しい頭痛、視力の急激な低下などがおこった場合には、医療機関を受診するようにしてください。

ご使用方法

1回1錠を1日1回、毎日一定の時刻に服用してください。
錠剤ごとに含有量が異なるので、服用に際しては定められた順番に従いながら、21日間連続で服用してください。
プラセボが付属している28錠タイプのものでは休薬は必要ありませんが、実薬のみの21錠タイプのものでは、服用完了後7日間休薬してください。
以上の28日間を1周期として、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を服用して、以後同様に繰り返してください。

副作用

悪心、嘔吐、頭痛、下腹部痛、乳房痛、乳房緊満感、過敏症、発疹、浮腫、体重増加など血栓症、四肢血栓症、心血栓症、下肢の急激な疼痛、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、四肢麻痺など禁忌本剤の成分に対し過敏性素因のある女性 、エストロゲン依存性悪性腫瘍・子宮頸癌及びその疑いのある方、診 断の確定していない異常性器出血のある方、血栓性静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患またはその既往歴のある方、 35歳以上で1日15本以上の喫煙者、前兆(閃輝暗点、星型閃光等)を伴う片頭痛の患者、 肺高血圧症又は心房細動を合併する心臓弁膜症の方、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の方、血管病変を伴う糖尿病患者、 血栓性素因のある女性、抗リン脂質抗体症候群の患者、手術前4週以内・術後2週以内・産後4週以内および長期間安静状態の患者、重篤な肝障害・肝腫瘍・脂質代謝異常・ 高血圧・ 耳硬化症のある患者、 妊娠中に黄疸・持続性瘙痒症又は妊娠ヘルペスの既往歴のある方、妊婦又は妊娠している可能性のある女性・授乳婦、骨成長が終了していない可能性がある女性、オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リ トナビル配合剤を投与中の方併用に注意しなくてはならない薬剤オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス)、副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤、テオフィリン、チザニジン塩酸塩、Gn-RH誘導体、血糖降下薬など※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意本剤を服用するにあたっては、病歴調査及び検診が必要であるため、医師の診察を受けるようにしてください。
本剤を含む経口避妊薬は、HIV感染(エイズ)および他の性感染症を防止するものではないので、これらの予防にはコンドームの使用などを検討してください。
本剤の服用中は血栓症のリスクが高まるため、体調変化を感じたら医師の診察を受けるようにしてください。
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人および授乳婦は、本剤の使用はおこなわないようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.