ナプロシン500mgは、国内では田辺三菱製薬が販売する成分ナプロキセン配合鎮痛薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

国内では田辺三菱製薬が販売する成分ナプロキセン配合鎮痛薬!関節痛やリウマチ、四十肩、腰痛などの鎮痛剤で炎症を抑えて症状を改善する有名なお薬。
有効成分:Naproxen(ナプロキセン)500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
2箱19903980
3箱16604980

商品の詳細

ナプロシン500mgは、炎症による痛みや腫れをやわらげ、熱を下げる効果のあるお薬です。
ナプロシンは「NSAIDs(プロピオン酸系)」という分類のお薬で、ステロイド構造以外の抗炎症作用、解熱作用、鎮痛作用を有する薬物のひとつです。
市販薬として用いられることの多い「イブ」や「ロキソニン」もプロピオン酸系のNSAIDsであり、ナプロシンも解熱鎮痛薬として幅広く用いられています。
本剤はナプロキセン500mgを有効成分として含有しており、医療用医薬品でも「ナイキサン」として用いられているお薬です。
現在では、様々な鎮痛薬が用いられていますが、NSAIDsは効果と安全性のバランスに優れた薬剤と言われています。
抜歯や怪我などの外傷による痛みや腫れ、発熱においても効果を発揮します。
解熱効果も認められているので、風邪や感染症などによる発熱においても、解熱薬としても汎用されています。
関節リウマチにおいても、抗リウマチ薬が治療の中心ではありますが、鎮痛効果を期待する場合にはNSAIDsが強く推奨されています。
組織が損傷されると、ホスホリパーゼA2という酵素によって、細胞膜のリン脂質からアラキドン酸が遊離されます。
遊離されたアラキドン酸は、シクロオキシゲナーゼ(COX)の働きによってPGへと変換されます。
PG自体に痛みを起こす作用はありませんが、ブラジキニンなどの発痛物質の疼痛閾値を低下させることや、局所での血流増加、血管透過性の亢進、白血球の浸潤増加などにより、炎症を増強させることがわかっています。
ナプロシンは、炎症が発生している局所において、プロスタグランジン(PG)の産生を阻害することで効果を発揮するのです。
プロスタグランジン生合成の抑制に加えて、リソゾーム系の組織分解酵素活性の抑制、肉芽組織構成成分の構造的安定化などの作用が効果に寄与していることも知られています。
※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。
ナプロシンと同成分のお薬 商品名:ナイキサン(Naixan) 製薬メーカー:田辺三菱製薬 有効成分:ナプロキセン炎症と腫れ、痛み、発熱の関係炎症はケガをしたりばい菌が侵入したときに、組織を修復したり外敵を攻撃したりする免疫反応です。
患部に血液とリンパ液を集中させるので、腫れて熱や痛みが出ます。
炎症が過剰になるとこの反応が逆に組織を壊すこともあります。
炎症反応を引き起こす免疫物質として、ヒスタミンやプロスタグランジンなどがあります。
ナプシロンはプロスタグランジンの産生を抑制するお薬です。
ステロイド剤には強い抗炎症作用がありますが、副作用が強いのが欠点です。
ナプシロンは選択的にプロスタグランジンの産生だけを抑制する非ステロイド性の抗炎症薬で、副作用が少ないお薬です。

ご使用方法

ナプロシンの効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
関節リウマチ、変形性関節症、痛風発作、強直性脊椎炎、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎、月経困難症、帯状疱疹の消炎、解熱、鎮痛、外傷後並びに手術後の消炎、鎮痛 ・歯科・口腔外科領域における抜歯並びに小手術後の消炎、鎮痛 成人では1日量300~600mgを2~3回に分け、なるべく空腹時を避けて服用して下さい。
痛風発作には初回400~600mgを服用して下さい。
頓用する場合及び外傷後並びに術後初回には300mgを服用して下さい。
(年齢、症状により適宜増減することが可能です) 副作用ナプロシンの副作用としては「胃痛、胃部不快感、食欲不振、口内炎、悪心、嘔吐、発疹、浮腫、痒み、下痢、便秘」などが報告されています。
特に胃が荒れることが多いので、もともと胃の弱い方や長期間服用する場合においては、胃の症状には気を配るようにして下さい。
また、食後に服用することで副作用は軽減されるので、なるべく食べ物と一緒に服用するようにして下さい。
禁忌は「消化性潰瘍のある方、重篤な血液の異常・肝障害・腎障害・心機能不全・高血圧のある方、本剤の成分又は他の非ステロイド性消炎鎮痛剤に対して過敏症の既往歴のある方、)アスピリン喘息の方、妊娠後期の方」とされています。
ヒダントイン系抗てんかん剤、SU剤、抗凝固剤、抗血小板剤、プロベネシド、メトトレキサート、降圧剤、ACE阻害剤、ARB、リチウム製剤、ジドブジン、ニューキノロン系抗菌薬、イグラチモドを服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) このお薬は妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
特に、妊娠後期においては胎児毒性があることがわかっているので、服用しないようにして下さい。
授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
有効成分 Naproxen(ナプロキセン)500mg 内容量 90錠/箱
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.