ニゾラール(ケトコナゾール)は、真菌(=カビ)に対する抗生物質の1つであるケトコナゾールを主成分とした医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

真菌(=カビ)に対する抗生物質の1つであるケトコナゾールを主成分とした医薬品です。イミダゾール系の抗真菌薬です。効果が高く、かつ副作用が比較的少ないことから真菌感染症によく使用されています。
有効成分:Ketoconazole(ケトコナゾール)200mg

商品の詳細

ケトコナゾールは飲むタイプの抗真菌薬に分類される医薬品で、カビの一種である白癬菌やカンジダ症の病原菌などを殺菌する作用を持っています。
有効成分としてケトコナゾールを200mg配合しており、国内ではクリームタイプのニゾラルクリームなど外用剤が主流となっており、飲むタイプの錠剤は販売されておりません。
白癬菌が原因の皮膚疾患には大きく3つあり、もっとも有名なのが足に感染することで発症する足白癬菌(水虫)です。
その他に体の胴体や腕に感染することで発症する体部白癬(ぜにたむし)があります。
ピンク色から赤色の円形の発疹が見られ、うろこ状にかさついて盛り上がるのが特徴です。
接触感染のため他の部位に瞬時に広がりやすく、感染力が強い皮膚疾患です。
その他に、いんきんたむしと呼ばれる股部白癬もあります。
太ももの付け根・股(また)・おしりなどに赤くポツポツとした発疹や水疱が現れ、性行為や温泉・銭湯などで感染するケースが多いとされます。
男性に多い疾患ですが、女性でも感染するケースがあります。
これらの症状の原因となる白癬菌は糸状のカビの一種で、感染力が強いのが特徴です。
そのため何度も再発し、難治性の皮膚疾患の一つとされています。
塗るタイプの外用剤が主流な中、内服タイプであるケトコナゾールは体の内側から確実に治療します。
体内から白癬菌を殺菌することで、爪水虫など塗り薬では困難な場合や、塗り薬で効果を得られなかった場合に有用です。
また、塗り薬は指で塗るため、その指を介して感染してしまうケースも少なくありません。
確実な効果を期待される方におすすめです。
白癬菌以外に、カンジダ症・癜風(でんぷう)・脂漏性皮膚炎・クロナマズ症にもケトコナゾールは効果があります。
いずれも真菌が原因となった感染症です。
ケトコナゾールを服用して早くて2,3週間、遅くて2ヵ月後には症状がなくなりますが、その後も深部に存在する真菌を確実に殺菌するために追加で2ヶ月は服用するようにしてください。
根治のためには、バスマットやタオルなどカビの生えやすい物を小まめに洗濯し、清潔に保つことが大切です。

ご使用方法

適応症により用法用量が異なります。
水虫などの白癬菌の場合、成人に対し1回1錠(200mg)を1日1回服用してください。
膣カンジダ症の場合、成人に対し1回2錠(400mg)を1日1回服用してください。
食後10分以内の服用が望ましいとされています。

副作用

使用上の注意副作用として肝機能障害(AST・ALT上昇など)が報告されています。
肝臓系疾患をお持ちの方は原則服用できず、服用後は肝機能値を定期的に測定して観察してください。
倦怠感(疲れやすい)、食欲不振、発熱、黄疸、吐き気などの症状が現れた際は、服用を中止して医療機関を受診してくださいその他の主な副作用として、腹痛・吐き気・下痢・食欲不振などの消化器症状や、蕁麻疹・乾燥・浮腫・過敏症などの皮膚症状が報告されています。
重大な副作用はなく基本的に安全性の高いお薬ですが、併用薬には注意が必要です。
他の抗真菌作用のあるフルコナゾール(ジフルカン)やイトラコナゾール(イトリゾール)との併用は控えてください。
効果が倍増するわけではなく、思わぬ副作用が現れる可能性があり危険です。
妊娠中の方は胎児への安全性が確立されていないため、原則服用ができません。
治療が必要と判断された場合は、妊娠3ヶ月までの初期を避けて、産婦人科医と相談の上で服用を検討してください。
お子さんやペットの手の届かない場所で保管してください。
白癬症やカンジダ症などの真菌感染症は、免疫力が低下している場合に感染が起こりやすいとされています。
生活習慣を見直し、規則正しい生活に努めることで少しでも免疫力を高めることも大切です。
有効成分 Ketoconazole(ケトコナゾール)200mg 内容量 100錠
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.