ネキシウムジェネリック(エソメプラゾール)20mgは、成分エソメプラゾール配合の胃薬で過剰な胃酸の生成を抑制して胃痛、胃炎、十二指腸潰瘍や胃潰瘍など一般的な胃のトラブルを治療する有名なお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

成分エソメプラゾール配合の胃薬で過剰な胃酸の生成を抑制して胃痛、胃炎、十二指腸潰瘍や胃潰瘍など一般的な胃のトラブルを治療する有名なお薬です。
有効成分:エソメプラゾール 20mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱25802580
2箱15403080
3箱10933279
5箱7763880

商品の詳細

ネキシウムジェネリックは有効成分としてエソメプラゾール20mgを含有する胃酸分泌抑制薬です。
本剤はジェネリック医薬品であるため、先発品と同等の成分・効果でありながらより安く購入することができます。
ネキシウムジェネリックは薬学的にはプロトンポンプ阻害薬に分類されます。
強力な胃酸分泌抑制作用を持つため胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吻合部潰瘍、逆流性食道炎、ゾリンジャー・エリソン症候群、ヘリコバクター・ピロリ菌除菌など様々な疾患の治療に世界中で非常に広く使用されています。
胃の中の胃液が酸性に変わると胃酸になります。
胃酸はpH1~2の強酸性の物質で、本来は胃腸に侵入してきたばい菌を殺菌する重要な役割を果たしています。
普段は胃粘膜が胃酸による胃への刺激を防御していますが、胃粘膜の防御機能が弱まると胃酸は胃粘膜に刺激を与え荒らすようになり、胃炎や胃潰瘍などの胃腸疾患の原因となります。
胃液を酸性に変化させ胃酸を生成する際に必要な酵素をプロトンポンプと呼びますが、ネキシウムジェネリックの有効成分エソメプラゾールはプロトンポンプを阻害することで胃液が酸性に変化するのを阻害し、胃酸の分泌を減少させます。
エソメプラゾールは国内で4番目に生まれたプロトンポンプ阻害薬で、従来のプロトンポンプ阻害薬であるオメプラゾールを改良して開発されました。
オメプラゾールは体内での薬の代謝過程において効果の発現に個人差がありましたが、エソメプラゾールは誰にでも万全に効果を発揮します。
また、血中への移行が良好で長時間高い血中濃度を保つこともエソメプラゾールの特徴のひとつです。
尚、アスピリンなどの薬剤が原因による胃潰瘍及びその再発予防にも有効です。

ご使用方法

潰瘍系の疾患の場合、ネキシウムジェネリックをエソメプラゾールとして通常成人は1日1回20mgを服用します。
胃潰瘍・吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用という服用期間の制限があります。
逆流性食道炎の場合も上記と同用量を服用し、8週間までという服用期限があります。
ただし再発・再燃を繰り返す際の維持療法として1日1回1回10~20mgを継続的に服用していくことが認められています。
ヘリコバクター・ピロリ菌除菌の場合、通常成人は1回20mgと2種類の高用量の抗菌薬をを併用して1日2回7日間に渡り服用します。
副作用・使用上の注意ネキシウムジェネリックの副作用は少ないですが、下痢、発疹、頭痛、めまい、味覚異常などが報告されています。
軽度であればさほど心配いりませんが、症状が強い場合は服用を中止してすぐ受診してください。
滅多にありませんが、重大な副作用としてアナフィラキシーショック、肝障害、血液障害、皮膚障害、間質性肺炎、横紋筋融解症、腎不全などが報告されているので念のため注意してください。
肝障害、高齢者の方は薬の血中濃度が上がり副作用発現のリスクが上がるため、エソメプラゾールの服用に慎重な注意が必要です。
抗エイズウイルス薬のアタザナビル、リルピビリンはネキシウムジェネリックと併用できません。
安定薬のジアゼパム、抗てんかん薬のフェニトイン、ワルファリンなどの抗血液凝固薬、免疫抑制薬のタクロリムス、強心薬のジギタリス製剤、イトラコナゾールなどの抗真菌薬、ゲフィチニブなどの抗悪性腫瘍薬などネキシウムジェネリックと禁忌ではないものの飲み合わせがあまり良くない薬が多数存在します。
何らかの疾患で服薬治療中の方はエソメプラゾール服用を開始する際に必ず医師か薬剤師に相談してください。
また、ネキシウムジェネリックの作用が弱まる恐れがあるため、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品やサプリメントは控えるようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.