ネキシウムジェネリック40mg(エソメプラゾール)は、ネキシウム(エソメプラゾールマグネシウム)という医薬品は、ヘリコバクター・ピロリ菌の繁殖を抑制し、胃酸の産生を抑えることから、十二指腸潰瘍や胃潰瘍の発症を防ぐ効果が高くあります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ネキシウム(エソメプラゾールマグネシウム)という医薬品は、ヘリコバクター・ピロリ菌の繁殖を抑制し、胃酸の産生を抑えることから、十二指腸潰瘍や胃潰瘍の発症を防ぐ効果が高くあります!
有効成分:エソメプラゾール 40mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
2箱16403280
3箱11933579
5箱8764380

商品の詳細

ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)は消化性潰瘍や逆流性食道炎に適応を持つ医薬品です。
現在日本でのジェネリック医薬品の販売は行われていませんが、ドイツなどの諸外国ではすでに販売されています。
(外国におけるジェネリック医薬品の販売名:エソマック)ネキシウムは、胃に存在するプロトンポンプの働きを抑制することによって、胃酸の分泌を抑制して効果を発揮します。
消化性潰瘍とは消化性潰瘍は、発生する部位によって胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、さまざまな名称で呼ばれています。
胃や十二指腸の粘膜がもともと持っている防御・修復メカニズムが弱まってしまい、粘膜が胃酸による損傷を受けてしまうことによって発症します。
消炎鎮痛薬の使用やヘリコバクター・ピロリ菌の感染が発生原因として多く、精神的ストレスと消化性潰瘍の発症に因果関係は証明されていません。
また、喫煙者では消化性潰瘍の発生率が高くなっています。
一般的な症状は、胸骨のすぐ下にひりひりするような痛みを感じることです。
食事によって軽快し、空腹時に悪化します。
ただし、食事によって痛みが悪化するという症例も存在しています。
出血や穿孔などの合併症が起きることもあります。

ご使用方法

【胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎に対して使用する場合】1回20mgを1日1回服用します。
なお、通常は胃潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの使用となります。
【再発を繰り返す逆流性食道炎の維持療法のため】1回10~20mgを1日1回で継続して使用していきます。
ただれていない胃食道逆流症の場合には、1回10mgを1日1回で使用します。
なお、その場合には通常、4週間までの使用となります。
【消炎鎮痛剤の副作用による胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発抑制のため】1回20mgを1日1回で使用します。
【ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌で使用する場合】抗生物質と合わせて1回20mgを1日2回使用します。

副作用

発生しやすい主な副作用と、その発現率は以下のようになっています。
下痢7例(0.93%)、CK(CPK)上昇7例(0.93%)、びらん性胃炎2例(0.9%)、胃ポリープ2例(0.9%)、貧血2例(0.9%)腹部膨満2例(0.9%)、肝機能異常5例(0.66%)、ALT(GPT)上昇4例(0.53%)また、発生頻度は不明ながら重大な副作用の報告もあり、以下のような報告があります。
アナフィラキシー、汎血球減少症・無顆粒球症、劇症肝炎・肝機能障害、中毒性表皮壊死症、間質性肺炎、間質性腎炎、横紋筋融解症、低ナトリウム血症、錯乱状態注意点一般的に高齢者の場合、代謝機能が低下している場合が多いため、低用量から治療を開始することが推奨されます。
維持療法として使用していても症状の再燃が起きた場合には、再度内視鏡検査などを行い、適切な治療へと切り替える必要があります。
また、長期間の漫然とした使用により、良性の胃ポリープの発生や胃腸感染のリスク上昇、骨折リスクの上昇が報告されています。
使用禁忌・併用注意併用してはいけない医薬品は下記の通りです。
アタザナビル硫酸塩(レイアタッツ)リルピビリン塩酸塩(エジュラント)併用に注意しなければいけない医薬品は下記の通りです。
ジアゼパムフェニトインシロスタゾールワルファリンタクロリムス水和物ジゴキシンメチルジゴキシンイトラコナゾールチロシンキナーゼ阻害剤(ゲフィチニブ、ニロチニブ、エルロチニブ)ボリコナゾールネルフィナビルメシル 酸塩サキナビルメシル酸塩セイヨウオトギリソウ(St. John’s Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品メトトレキサート
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.