ノルバスクジェネリック5mg(アムロガード)は、カルシウム拮抗剤(アムロジピン)を有効成分として高血圧症のためのお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

カルシウム拮抗剤(アムロジピン)を有効成分として高血圧症のためのお薬です。
有効成分:アムロジピン5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
2箱16403280
3箱12603780
5箱9564780

商品の詳細

アムロガード5mgは、カルシウム拮抗剤(アムロジピン)を有効成分とする高血圧症のためのお薬です。
それぞれの有効成分が独自の方法で血圧を下げる働きをするため、より効率的に高血圧を改善し、脳卒中や心臓発作などの様な問題を予防してくれます。
カルシウム拮抗剤を単剤で内服しても十分に効果を得ることが出来なかった人や、カルシウム拮抗剤の副作用に悩む人などに高い効果を発揮してくれます。
海外ではAmlobenz、Lotrelという製品名で販売されている薬剤です。
高血圧の原因の一つに、生理活性物質のアンジオテンシンⅡがあります。
アンジオテンシンⅡは副腎皮質にある受容体と結びつくと、副腎皮質でのナトリウムの再吸収が促進され、体液が増加します。
その結果、血圧が高くなってしまうのです。
アンジオテンシンⅡはアンジオテンシンⅠと変換酵素が結合することで生成されますが、ACE阻害薬はその結合を抑制することで血圧の上昇を抑制します。
カルシウムイオンもまた高血圧の原因の一つです。
カルシウムイオンは血管の壁(平滑筋細胞)に働きかけ、血管を補足してしまう働きがありますカルシウム拮抗剤とは、平滑筋細胞の収縮を抑制することで血圧の上昇を抑制する働きがあります。
高血圧には様々な要因とアプローチの方法がありますが、その中でもACE阻害薬とカルシウム拮抗剤を併用することでそれぞれを単剤で使用するよりも高い効果が得られることが分かっています。
また、両剤の併用によって、カルシウム拮抗剤の副作用である浮腫などを抑えることが出来ることも分かっています。
さらに、これら2剤による相互作用は、心血管疾患のリスクが高い高血圧の人において慢性腎臓病の進行の抑制を高める効果ももたらしてくれます。

ご使用方法

目安として、成人で1日に1/2~2錠を服用します。
服用をし忘れた場合はすぐに1回分を服用し、次回の服用時間が近い場合は次回から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意眠気、めまい、動悸、不整脈、手足のしびれ、紅潮など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.