ノルバスク5mgは、ノルバスクはファイザー社が開発し販売する血圧を下げる薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ノルバスクはファイザー社が開発し販売する血圧を下げる薬です。血圧を長時間にわたって安定して下げる効果があり、他の降圧剤に比べて副作用も少ないので、高血圧症の治療によく使われています。
有効成分:Amlodipine(アムロジピン)5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
2箱19403880
3箱15274581
5箱11765880
10箱9289280

商品の詳細

ノルバスクは血管を広げて血圧を下げるお薬です。
ノルバスク5mgは有効成分としてアムロジピン5mgを含有するカルシウム拮抗薬で、主に高血圧症治療と狭心症治療で世界中で広く使用されています。
適正な血圧コントロールは将来起こりうる脳卒中や心臓病、腎臓病など様々な疾患を予防することに繋がります。
体内では血管平滑筋や心筋に存在するカルシウムチャネルを通してカルシウムが流入すると、血管が収縮して血圧が上がる仕組みになっています。
ノルバスクの有効成分アムロジピンはこのカルシウムチャネルに作用して細胞内へのカルシウムの流入を抑制します。
その結果冠血管や末梢血管が拡張して血流が良くなり、血圧が下がり心臓への負担が減ります。
カルシウムチャネルには3種類あり、血管平滑筋や心筋に存在して血圧に関わるL型、心臓の洞結節や脳神経に存在して心拍や神経細胞に関わるT型、ノルアドレナリンなど興奮性の神経伝達物質を放出するN型がありますが、有効成分アムロジピンはこのL型カルシウムチャネルのみに作用するので、その他の余計な作用はありません。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬の中でも第3世代に属し比較的新しい薬です。
第1世代を改良して開発されたため効果が強く安全性も高いので、高血圧症治療において第一選択されることが多いです。
ノルバスクは小児から高齢者まで広く使用することができ、血管のみに作用するため血糖や脂質など他の分野に影響がなく、更に予後改善効果もあるため特に合併症の多い高齢者に適しています。
効果はゆっくりと現れ、半減期は35時間と作用時間が長いのが特徴です。
カルシウム拮抗薬は末梢血管を拡張させるとともに、心臓の血管も広げるので狭心症の治療にも使われます。
ノルバスクは1日1回の服用で血圧を下げる効果が24時間持続します。

ご使用方法

ノルバスクを通常成人は2.5~5mgを1日1回服用します。
年齢や症状によって適宜増減しますが、最大用量は1日10mgまでです。

副作用

ノルバスクの副作用は少ないですが、顔のほてり、頭痛、動悸、めまいなどの症状が報告されています。
軽度であることが多く次第にに慣れてくることが多いのでさほど心配いりませんが、症状が重い場合や改善しない時は医師に相談してください。
特に服用開始初期や季節が変わり暖かくなった時など血圧の下がりすぎでめまいを起こすことがあるので、車の運転や危険な作業には十分注意してください。
血圧コントロールは毎日同じ時間帯に血圧測定をして自身の血圧をしっかり把握しておくことが大切です。
また長期間ノルバスクを服用を続けていると足の甲がむくんだり歯肉が腫れることがあります。
歯肉の腫れは、よくブラッシングをして口内を清潔に保つことである程度予防可能です。
滅多に起こりませんが、ノルバスクの重大な副作用として心臓の伝導障害による胸痛や徐脈、肝障害、血液障害、横紋筋融解症などが報告されているので注意してください。
肝障害、腎障害、高齢者の方は副作用発現のリスクが上がるためノルバスクの服用に慎重な注意が必要です。
妊婦の方は原則服用できませんが、医師の判断によっては使用する場合があります。
マクロライド系抗生物質のクラリスロマイシンやエリスロマイシン、抗真菌薬のイトラコナゾール、高血圧や心疾患治療薬のジルチアゼム、抗結核薬のリファンピシン、高脂血症治療薬のシンバスタチン、抗けいれん薬数種、免疫抑制薬など飲み合わせがあまり良くない薬が多数存在するので何らかの疾患で服薬治療中の方はノルバスクの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。
また他の降圧薬や利尿薬と併用する場合は血圧の下がりすぎに注意してください。
グレープフルーツジュースとの同時服用により有効成分アムロジピンの血中濃度が上昇する恐れがあるため控えてください。
血圧が高いと身体にどんな影響が?血圧が高くても自覚症状がないので放置されることが多いのが実情です。
しかし血圧が高い状態が続くと血管の老化現象である動脈硬化の進行が正常血圧の人よりずっと早くなります。
動脈硬化が進んでも自覚症状はありませんが血栓ができやすくなり、血栓が遊離して血管中を流れると脳梗塞や心筋梗塞を起こすことがあります。
高血圧に肥満、高血糖、高コレステロールが重なると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが非常に高くなります。
それがメタボリックシンドロームです。
高血圧の人は日本にどれくらいいるのですか?上の血圧が140Hg以上、下の血圧が90mmHg以上なら「血圧が高め」と診断されます。
2006年の「国民健康・栄養調査」では、40~74歳の人では男性の約60%、女性の約40%がこれに該当しています。
これに対して高血圧で病院にかかっている人は、総人口に対して約0.5%となっています。
これは200人に1人という割合になります。
厚生労働省の試算では、国民の血圧が平均2mmHg下がれば、脳卒中による死亡者は約1万人減り、心筋梗塞などを含む循環器疾患全体では2万人の死亡が防げるとされています。
血圧が高めといわれたら薬をのまなければいけないのですか?すぐに薬をのむ必要はありません。
まず生活習慣の改善で血圧を下げることを目指しましょう。
食事では塩分を減らすことがもっとも重要です。
1日の塩分摂取は、男性10g未満、女性8g未満が適切と言われています。
しかし血圧が高めの人は、その半分を目標値にする必要があります。
正常血圧の人より塩分感受性が高い可能性があるからです。
肥満気味の人は塩分だけでなく総摂取カロリーを減らして適正体重を維持することも大切です。
ウォーキングなどの軽い有酸素運動をする習慣を身につけることも大切です。
運動中は一時的に血圧が上がりますが、ふだんの血圧が低くなる効果があります。
このような生活習慣の改善でも血圧が下がらない場合にお薬を使用します。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.