ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)は、ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)という医薬品は、乾性角膜炎というドライアイ(涙液減少症)ともいわれる、瞳の疾患に効果的な薬となっています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)という医薬品は、乾性角膜炎というドライアイ(涙液減少症)ともいわれる、瞳の疾患に効果的な薬となっています!
有効成分:シクロスポリン 0.05% w/v

商品の詳細

ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)という医薬品は、乾性角膜炎というドライアイ(涙液減少症)ともいわれる、瞳の疾患に効果的な薬となっています!
医薬品の処方はなにかと価格が高く負担がかかりがちなのが現状の中、ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)は、ジェネリック医薬品に分類されるため、安価で処方を受けることも可能な薬です!
米国食品医薬品局(FDA)での研究開発の結果報告でも、その効果が高いことがわかり多くの眼科で取り入れられています。
私たち人間の多くは、毎日目を酷使しながら過ごしているため、ドライアイや目の疲れ・充血・異物感に悩まされることが多くあります。
ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)は、目に必要な酸素や栄養を送り届けることから、目の細菌や汚れ、異物の侵入を防ぐ効果が高くあります。
ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)は、点眼することによって、目の乾燥を防ぎ水分(涙液)を蓄えます。
そのことから目にうるおいが続き、炎症や細菌の繁殖を抑えるはたらきも挙げられ、多くの方たちに使用されています。
ハイドロアイズ点眼薬の有効成分である、シクロスポリンは免疫の機能を活性化させ、炎症の原因となるリンホカインという物質をなくしていきます。
日本国内に留まらず、アメリカなどでも使用され長い歴史を持っている医薬品のひとつとなっています。
免疫抑制剤を配合した成分の点眼薬で、ハイドロアイズ点眼薬(シクロスポリン)と似たようなはたらきをするシクロミューン点眼液などと比べていくと、涙液の増加が10%も上回っていることがリサーチ結果で明らかとなっています。
他の目薬との併用も可能ですが、有効成分のはたらきが減少しないよう、15分程度おいてから併用することが推薦されています。

ご使用方法

目安として16歳以上で1回に1摘を2回点眼。
点眼から次の天眼までは12時間以上空けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意目やに、目の充血、目の痛み、かゆみ、刺激、めのぼやけなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.