ハイドロキノン4%クリームは、メラニンを漂白してシミやくすみを薄くする美白剤の定番

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

メラニンを漂白してシミやくすみを薄くする美白剤の定番!美容クリニックではトレチノインと一緒に使われることが多い美容医薬品です。
有効成分:ハイドロキノン(Hydroquinone)4%


セット数1箱あたり通常価格  
1箱30243024
3箱12883864
5箱9624810
10箱6706700

商品の詳細

美容クリニックで定番の美白剤はこれ!
シミやくすみの原因メラニンを薄くする美白効果。
トレチノインと併用するのが一般的です。
主に加齢や紫外線が原因のシミくすみを薄くする効果から肌の漂白剤と言われているハイドロキノン4%は、ずばぬけた美白成分が期待される成分です。
2001年に当時の薬事法の規制緩和に伴いハイドロキノンクリームとして販売され、高用量配合されたハイドロキノンクリームは皮膚科や美容外科で専門医により処方されています。
ビタミンCやプラセンタに比べると、その美白効果は50倍~100倍ほどと言われています。
日本ではその歴史は浅く、プラセンタなどに比べると知名度は低いのですが、欧米では古くから愛用されており、特にシミの改善薬としては世界的シェアが高い成分です。
シミは紫外線により表皮細胞にあるメラノサイトに刺激を送ります。
刺激を受けたメラノサイトがチロシナーゼという酵素の働きでメラニン色素を作ります。
この蓄積されたメラニン色素がのちにシミへと変化しています。
シミができるこのサイクルを根本的に断ち切らなくては、シミの発生を防ぐことはできません。
ハイドロキノンはこのチロシナーゼという酵素の働きをブロックして、シミの発生を防ぎます。
肌に必要不可欠なメラニンをブロックしないのがポイントです、チロシナーゼにポイント的に作用するため、肌の潤いや栄養を妨げることはありません。
日本では「ハイドロキノンベンジルエーテル(ロート製薬)」という薬剤が開発されましたが、使用により肌の一部が真っ白になる白斑という肌トラブルが多発したため、当時の厚生労働省がハイドロキノンベンジルエーテルを化粧品へ配合することを規制した過去があります。
それにより成分や構造が似ているハイドロキノンにも規制がかけられ使用ができない状態が続きました。
しかし、「ハイドロキノンベンジルエーテル」と「ハイドロキノン」は別の化合物で、ハイドロキノンの作用は穏やかなのが特徴です。
濃度や副作用・注意事項を正しく理解することで、安全に使用することが出来ます。
適応があるシミの種類としては、「日光性黒子(老人性色素斑)」、両頬や額にできやすい「肝斑」、ニキビなどのあとに現われやすい「炎症後色素沈着」、「そばかす」があげられます。
ハイドロキノンは皮膚の代謝を大幅に促進して皮膚のターンオーバーを早める「トレチノイン」と併用されることがあります。
※ハイドロキノンとトレチノインの両方の成分が配合された「コスメライトクリーム」や「ユークロマプラスクリーム」もございます。
ハイドロキノン購入は個人輸入がお得です クリニックで処方 ハイドロキノンクリーム ハイドロキノンクリーム 成分:ハイドロキノン(Hydroquinone)4% (5g)2000円 1本(30g)1128円~3180円 ※複数セット割引なし ※その他診察コストなど ※複数セット割引あり ※送料無料・他のコスト無し 5gあたり:約2000円 5gあたり:188円~530円 シミができる仕組みシミができる最大の原因は紫外線です。
他にもストレスや女性ホルモンの影響をうけますが、主な原因は紫外線への暴露です。
中長派の紫外線UVBが色素細胞(メラノサイト)でメラニンを大量に生産します。
紫外線をたくさん浴びることで肌がダメージを受けて、本来の皮膚細胞の再生メカニズムがうまく機能せず、表皮にあるメラニン(色素沈着原因物質)を外に押し出す力が弱くなります。
正常なターンオーバーであれば外に出るメラニンが、ダメージを受けた肌ではメラニン色素が真皮に沈着してしまいます。
こうしてシミができてしまいます。
紫外線の暴露からシミ(色素沈着)ができるまでは、約7日を要します。
シミ(色素沈着)ができてから20代では20~30日で完全に消失しますが、30代になると120日以上、40代になると約1年かかると言われています。
このように加齢に伴いターンオーバーがうまく機能しなくなり、シミが蓄積していきます。
市販のハイドロキノンと医薬品の違い肌の漂白剤と呼ばれるほどの強力な美白作用を持つハイドロキノンは世界中で大変な人気があります。
海外では長い歴史がありますが、国内でも2001年の薬事法の規制緩和以降にハイドロキノンが広く流通するようになりまはさた。
ハイドロキノンは市販の化粧品として入手する方法と美容皮膚科などの医療機関で医薬品として入手する方法がありますが、市販のハイドロキノンと医療機関のハイドロキノンでは、ひとつ大きな違いがあります。
それは、ハイドロキノンの含有濃度です。
市販の化粧品としてのハイドロキノンの濃度1~2%程度です。
低濃度であるため安全性が高く気軽に使用できるのがメリットです。
一方、医療機関での医薬品としてのハイドロキノンの濃度は4%ほどです。
当ストアでもハイドロキノン2%とハイドロキノン4%のハイドロキノンクリームを販売しております。
濃度が高ければ効果も強力なので、難治性や重症のシミにはこちらのタイプを推奨します。
ただし、副作用のリスクや肌への刺激も大きくなるので注意が必要です。
ハイドロキノンで赤みが出た場合強力な美白作用を持つハイドロキノンですが、人によっては肌に刺激感・赤み・かぶれを感じることがあります。
特に高濃度(4%〜)のハイドロキノンを使用すると効果がより強力になるぶん赤みも出やすくなります。
ハイドロキノンには敏感肌の方用の2%濃度の商品もあります。
ただし、ハイドロキノン使用による赤みの原因の大半は肌の奥に浸透してシミに効いている証拠である好転反応だと言われています。
好転反応とは良くなっていくまでの過程で起こる反応です。
ハイドロキノン使用後に赤みが出た場合、好転反応であれば2~3日ほど使用を中止すれば徐々に改善していきます。
早い方であればこの時点でシミも薄くなるでしょう。
また、この時に皮膚の表面の皮が剥がれることもありますが、ハイドロキノンの効能であるため心配いりません。
尚、赤みが現れている期間はハイドロキノンの使用を控える&どうしても使用したい場合は夜だけの使用にするなどして使用頻度を下げてください。
ただし、赤みが改善しない場合・痛みを持つ場合・明らかにかぶれている場合などは副作用である可能性が高いです。
その場合は使用を中止してすぐに皮膚科を受診してください。
使うたびに赤みが出たり赤みが気になる場合は、ハイドロキノンの濃度を2%に下げるなどの対処も推奨します。
ハイドロキノンとトレチノインの併用効果ハイドロキノンとトレチノインを併用すると、美白・美肌作用は何倍にも強力になります。
美容皮膚科でもこの両剤の併用療法が多く行われています。
ハイドロキノンはシミやくすみの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素自体を薄くする強力な美白作用を持っています。
また、ハイロドキノン単体で使用するよりもトレチノインと併用することで肌の奥に浸透しやすくなり、より高い効果が期待できると言われています。
トレチノインはビタミンA誘導体で、肌の細胞を活発に増殖させて皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を活発化させてメラニン色素を外に排出させる作用・皮脂の分泌を抑える作用・コラーゲン分泌を高める作用を持っています。
美白・ニキビ・アンチエイジング(しわ改善、ハリや艶を蘇らせる)といった複数の強力な美肌効果が期待できます。
例えばシミに対しては、トレチノインによって今あるシミを排出しながらハイドロキノンによってシミを薄くする &これからのシミを予防するという素晴らしい相乗効果があります。
作用が強力であるぶん副作用のリスクや肌への刺激感も多いですが、肌に対して本気で悩んでいる・シミをとにかく消したい・アンチエイジングしたいといった方には両成分の併用を強くお勧めします。

ご使用方法

1日1回夕方の洗顔後に、シミの部分に綿棒などでピンポイントにぬります。
ハイドロキノンクリームの使用中は、保湿と紫外線対策をじゅうぶん行ってください。
肌のターンオーバーが一巡する4週間目くらいから効果があらわれてきます。
使用中は肌の赤みやヒリヒリした感じがでることがあります。
症状がきついときは使用を一時中止してください。
炎症のある肌には使用しません。
※こちらの商品は、酸化しやすいので冷蔵庫などの冷暗所で保管してください。
ハイドロキノンは適した濃度を選択するのが重要です。
1%~3%では刺激が少なく、一般的に安全性の高い配合濃度といわれています。
効果や即効性は高くありませんが、初めて使用される方には適した濃度です。
4%~5%は稀に肌へピリピリとした刺激を感じる場合があります。
パッチテストを行なってから使用することをオススメいたします。
赤みやかぶれ、ただれなどが見られた場合はすぐに使用を中止して、皮膚科などの専門医を受診してください。
ハイドロキノンの長期的な使用や高濃度のハイドロキノンの使用により、少数の方で白斑(皮膚が部分的に白くなる病気)がでる可能性があると言われています。
そのため、6%以上の高濃度ハイドロキノンの長期使用や、低濃度でも1年以上長期的に同じポイントに使用すると白斑となる可能性があると言われておりますので、使用方法を守って正しくお使い下さい。
濃度が4%以下のハイドロキノンが配合されたコスメであれば、一般的な使用で白斑は起きにくいとされています。
ハイドロキノンのシミへの効果ハイドロキノンは非常に強力な美白成分で、世界中で大人気の成分です。
元々は写真の現像に使用される成分でしたが、現像作業を行う人の肌が白くなったことから研究の末に凄い美白作用があることが明らかになりました。
ハイドロキノンはシミの原因及び正体であるメラニン色素の生成を抑える作用だけではなく、メラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)そのものに働きかけて減少させる作用を持っています。
更に、メラニン色素自体を薄くする(酸化して黒くなったメラニンを還元して戻す)作用もあることが最大の特徴です。
そのため、ハイドロキノンはシミの発現を予防するだけではなく今表面に現れているシミを改善する効果がある画期的な美白成分なのです。
ハイドロキノンの美白効果は肌の漂白剤と言われるほど強力で、アスコルビンなどの従来の美白成分と比べるとおよそ10~100倍の強さです。
市販の化粧品に配合されているハイドロキノンの濃度は1〜4%程度で、美容皮膚科などの医療機関で販売されているハイドロキノンの濃度は5%以上です。
高濃度になるほど効果も強力になりますが、その分副作用のリスクや肌への刺激も多くなるので注意が必要です。
自身に合った濃度のハイドロキノンを見つけてください。
シミの原因とケアできたシミを薄くするにはハイドロキノンが用いられますが、普段からシミを予防する習慣を心がけましょう。
シミの原因は幾つかありますが、主な原因は紫外線です。
紫外線を浴びると、肌の表皮の基底層という部位にあるメラノサイト(色素細胞)内でメラニンという色素が生成されます。
このメラニンこそがシミの正体です。
メラニンは本来肌を守るための大切な役割を持っていますが、過剰に生成して排出しきれず体内に溜まるとシミとなって肌表面に現れます。
また紫外線以外にも、加齢・煙草・不規則な生活・日々のストレスなど様々な原因によって体内で活性酵素が増えると、活性酵素によってメラニンが過剰に生成され、排出しきれずにシミができてしまうことがあります。
通常であれば、生成したメラニンは肌のターンオーバー(新陳代謝)によって排出されます。
ターンオーバーとは新しい細胞に生まれ変わることで、通常28日周期でターンオーバーが繰り返されます。
ターンオーバーのサイクルが乱れて肌の細胞の再生能力が低下すると、メラニンを排泄する力が弱まり溜まったメラニンがシミになってしまうのです。
シミを予防・ケアするには、紫外線を浴びないように徹底した日焼け対策・シミに効く化粧品(メラニン生成を抑制する作用、肌の新陳代謝を高める作用、ピーリング作用を持つものなど)・規則正しい生活・健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

副作用

主な副作用として塗布部位に赤み、かぶれ、刺激感等があります。
症状が強く出た場合は直ちに使用を中止し、医師に相談して下さい。
またごく稀に白斑が生じることもあります。
ハイドロキノンは不安定な性質の化合物のため、ハイドロキノンが酸化してできるベンゾキノンという成分は刺激が強く、思わぬ副作用が発生する原因にもなります。
純度の悪い原料を用いた製品や劣化した成分が入っていないか、注意が必要です。
また、ハイドロキノン使用中は紫外線を浴びやすい状態ですので、必ずUVケア(SPF20以上)をしてください。
お肌の弱い方は、化粧水などで肌を整えてからご使用下さい。
ハイドロキノン単独での使用でも効果がありますが、レチノイン酸やピーリングと併用して使われることでより高い効果が期待されています。
使用上の注意 ハイドロキノンに含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある方は、ご使用できません。
肌の弱い方は化粧水などで肌を整えてから、ご使用下さい。
肌に傷やはれもの、しっしん・かぶれ等のある場合は、ご使用できません。
ハイドロキノンは、酸化しやすいので冷蔵庫などの冷暗所で保管してください。
ビタミンCの肌への効果ビタミンCはコラーゲンの生成に必要なビタミンで、美肌には必要不可欠です。
主に3つの作用から美肌効果があり、1つ目は抗ストレスホルモンの合成をサポートする働きです。
ストレスから体を守るホルモンを合成するのにビタミンCが必要になります。
二つ目は免疫機能を高める作用です。
病原菌の感染から守る免疫だけではなく、お肌の免疫にもビタミンCが関与しています。
三つ目はアンチエイジング効果です。
ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線やストレスによる酸化を防いで老化を食い止め、肌荒れを防止する作用があります。
美肌への万能作用をもったビタミンCは、美容と健康に貢献します。
厚生労働省の指針では1日の推奨摂取量として、100gのビタミンCの摂取を呼びかけています。
食べ物では青汁・パセリ・アセロラに多く含まれていますが、一度にたくさん摂るのが難しいため、サプリメントで補給する方法もあります。
シミを緩和するL-システインとはL-システインとは必須アミノ酸の一種で、肌や髪・爪などに含まれるタンパク質ケラチンの構成成分の一つです。
またシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える作用もあるため、美肌サプリメントとして人気があります。
L-システインは古い細胞から新しい細胞に生まれ変わる、肌のターンオーバーを助ける作用があります。
このターンオーバーが乱れると、肌荒れやニキビ・しみ・そばかすなどの肌トラブルの原因となります。
肌の代謝であるターンオーバーを正常に保つことが美肌の秘けつへと繋がります。
また、ビタミンCと共に摂取することで、より効果的にメラニンの生成を抑え抗酸化作用を発揮することがわかっています。
その他に、L-システインはアルコールの代謝に関わる酵素の働きを助けるため、二日酔いの対策としても服用いただけます。
システインを多く含む食べ物として大豆や小麦、かつお節などがありますが、食品中で摂取することが難しいため、サプリメントとして服用することをおすすめします。
シミの原因とできる仕組みヒトの皮膚にはメラノサイトという色素を放出する細胞があり、紫外線を浴びると角質細胞に色素を送りこんで、身体を紫外線の害から守ります。
角質細胞に配給された色素は、肌のターンオーバーで排泄されて元の皮膚の色にもどります。
日焼けしても数週間で元にもどるのはそのためです。
しかし、メラノサイトが敏感になって紫外線以外の刺激でも色素を出し続けると、その部分はいつまでも肌の色は元にもどらないシミになります。
紫外線の影響はすぐに出ないで少しずつ肌に蓄積され、少し強い紫外線を浴びることをきっかけに、いっきにシミがでることがあります。
日焼けをおこさない程度の紫外線(生活紫外線)も、毎日浴び続けることでシミの原因になります。
美白に処方されるシナール錠とはシナール錠とはハイドロキノン同様に医師の処方が必要な医療用医薬品に分類され、ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤です。
妊婦中の方や授乳中の方、炎症性の疾患をお持ちの方など、ビタミンを補うことが必要な方に処方される医薬品です。
錠剤と粉薬の2つの剤形があります。
医療用医薬品のためドラッグストアなどで購入することはできず、医師の処方せんが必要です。
1錠中にアスコルビン酸が200mg、パントテン酸カルシウムが3mg配合されており、1回1~3錠を1日1~3回服用します。
一般的にドラッグストアで販売されているサプリメントに比べて、ビタミンC(アスコルビン酸)の量が多いのが特徴的です。
肌のターンオーバーを助けて、シミやそばかす・ニキビ跡の色素沈着などの原因となるメラニンの発生を抑える効果があります。
よってシナール錠はハイドロキノンと併用される方も多いのです。
ビタミン剤のため重篤な副作用などは報告されていませんが、悪心・嘔吐、下痢、胃のもたれなどが報告されています。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.