ハルナールジェネリック(タムスロシン0.4mg)は、前立腺肥大症で尿の出が悪く困っている男性の方へ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

前立腺肥大症で尿の出が悪く困っている男性の方へ。尿道の筋肉を緩めて尿の出をスムーズにする「ハルナール」のジェネリック医薬品です。尿道に選択的に効果があり、副作用が少なく安全なお薬です。タムスロシンは0.4mg製剤ですので半量にしてから内服してください。
有効成分:塩酸タムスロシン0.4mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
3箱15604680
5箱13166580
7箱11828274
10箱102810280

商品の詳細

ハルナールジェネリックは排尿障害に効くお薬で、国内で販売されている「ハルナール」のジェネリック医薬品になります。
同一の有効成分「塩酸タムスロシン」が配合されており、尿道の筋肉を緩めて尿の出をスムーズにする作用を持っています。
特に、前立腺肥大に伴う排尿障害に効果があります。
海外では「フロマックス」という商品名で販売されており、世界中で多くの方に汎用されています。
特に中年男性に多い排尿障害は、おしっこが出にくいといった症状や、頻繁に尿意をもよおす頻尿、夜間に尿意のために目が覚めるなど、様々な症状で生活の質(QOL)を落としています。
残尿感が残るというのもその症状の一つです。
これらの症状は前立腺が肥大することで、中央を通る尿道が圧迫されて、尿が出にくくなることが原因です。
ハルナールジェネリックを服用することで、有効成分である「塩酸タムスロシン」が前立腺の平滑筋をゆるめて尿道抵抗を減らし、スムーズに排尿できるようになります。
前立腺の肥大は加齢に伴う症状で、50代から徐々に患者数が多くなり、80代ではほとんどの男性の前立腺が肥大していると言われています。
日本では前立腺肥大の治療として、ファーストチョイスでハルナールが処方されています。
効果を発揮するまでの即効性があり、また長期にわたって服用いただいても比較的副作用の少ないお薬となっています。
尿トラブルから水分を摂るのを我慢したり、夜起きてしまうのに悩んでいたりされている方にお勧めの治療薬です。
排尿の治療には適度な運動が大切です。
日中はなるべく体を動かすようにしてください。
過剰なアルコールの摂取は禁物です。
お酒の飲みすぎは頻尿を加速したり、逆に急性の尿路閉塞を起こしたりすることがあります。
ハルナールを国内で入手するには、医師による処方が必要な医療用医薬品に指定されています。
以下の注意事項をよく読み、用法用量や副作用・注意点について正しく理解して服用を検討してください。
排尿障害の主な症状特に中年男性の大部分が経験する症状です。
おしっこが出にくい尿意を頻繁にもよおす(頻尿)夜中におしっこをしたくなる残尿感があるなど使用方法目安として日本人成人男性には通常ハルナールジェネリック0.2mgをタムロシンとして1日1回食後に服用します。
海外において承認された用法・用量はタムスロシンとして0.4mgを1日1回食後に服用します。
日本での標準的な用量はタムロシン 0.2mgであるため、海外での標準的な用量0.4mgは高用量です。
医師や薬剤師とご相談の上服用ください。
可能な限り毎日同じ時間に服用します。
そうすることで、一定時間タムスロシンの効果が持続します。
タムスロシン服用後、めまいや血圧低下が副作用として報告されているため、服用後の車の運転などには十分な注意が必要です。
そのため、夕食後の服用をおすすめします。

副作用

使用上の注意タムスロシン配合薬は、ザルティアやシアリス、アドシルカなどのほかのPDE5(ホスホジエステラーゼ阻害薬)との併用は禁止されています。
肝臓系の疾患のある方、腎臓系の疾患のある方は、タムスロシン服用に際してかかりつけ医に相談の上で服用を検討してください。
起立性低血圧のある方は症状が悪化するため、原則服用ができません。
国内の臨床試験の結果、副作用として、めまい、ふらふら感、立ちくらみ、頭痛、眠気、いらいら感、しびれ感、血圧低下、起立性低血圧、頻脈、動悸、整脈などが報告されています。
発生頻度は非常に稀ですが、失神・意識喪失が報告されています。
用法用量を守り、一定時間に服用するようにしてください。
排尿障害の治療には、適度なスポーツも効果的です。
ウォーキングなど、体に大きな負担がかからない範囲で、運動を取り入れてください。
便秘も尿道を圧迫するので、便秘の症状がある方は便秘の改善も必要です。
お酒は少量に控えてください。
大量のアルコールの摂取は、頻尿を加速させたり、急性尿路閉塞症の原因になったりすることがあります。
ハルナールジェネリックの服用は原因療法ではなく対症療法であるため、タムスロシン服用後期待する効果が得られない場合は、前立腺肥大症の手術など、医療機関にて適切な処置を検討してください。
排尿を楽にする日常生活の注意規則的な食生活をし、とくに朝食はしっかり食べましょう。
日中は水分をガマンしすぎないようにしましょう。
ウォーキングなどの軽い運動をすると排尿が楽になります。
便秘も尿道を圧迫するので、便秘にならないように注意しましょう。
お酒の飲みすぎは頻尿を加速したり、逆に急性の尿路閉塞を起こすことがあります。
尿意をガマンしすぎると尿が出にくくなることがあります。
入浴で下半身を温めると排尿が楽になります。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.