ハロベート0.05%クリームは、ステロイド剤の強さ:1群【最も強い】のハロベート0.05%クリームは、皮膚のかゆみや炎症を根本から解消する強力なステロイド効果が高くある薬となっています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ステロイド剤の強さ:1群【最も強い】のハロベート0.05%クリームは、皮膚のかゆみや炎症を根本から解消する強力なステロイド効果が高くある薬となっています!
有効成分:ハロベート 0.05% w/w


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
2箱18903780
3箱14934479
5箱11965980

商品の詳細

当ステロイド剤の強さ:1群【最も強い】ハロベート0.05%クリームは、皮膚のかゆみや炎症を根本から解消する強力なステロイド効果が高くある薬となっています!
デリケートな肌質の局部に使用もできクリームタイプなので作用が直接お肌に届きます!
服用する医薬品とは違い、皮膚に直接塗るクリームになりますので、全身への副作用の心配もなく、他の薬との併用も可能となっています。
1日1、2回の使用で一週間で十分な効果が期待でき、長期間の使用も不可であることが特徴となっています。
強力な作用があるステロイドとは、炎症を引き起こしてしまう化学伝達物質の発生を抑え、炎症している皮膚にもスピーディーな対応ができます。
このため、皮膚科や美容外科などでも多く取り入れられていることが明らかになっています。
炎症を起こす元となる細菌は、プロスタグランジンやロイコトリエンという物質が合成されることで繁殖してしまいます。
ハロベート0.05%クリームは、塗ることによって炎症の反応を緩和させるはたらきがあり、強さが5段階に分類されるなか、もっとも強力な効果を発揮することで知られています。
そのため、デリケートな肌質である局部の炎症の治療薬として代表的であることも明らかになっています。
ハロベート0.05%クリームの有効成分であるプロピオン酸ハロベタソールは、今もっとも強力なステロイド作用があることで知られ、腫れや痛み、細菌の繁殖など局部の皮膚トラブルにおいて多岐に亘る効果を発揮します。

副作用

がないことから、もともと肌質がデリケートな方でも使用することができ、その安全性も高く評価されています。
似たようなクリームの販売はされていますが、日本国内では、プロピオン酸ハロベタソールを有効成分としたクリームの販売はなく、海外ではHalobetasol、Ulobetasol Propionate、Ultravateという名称で取り入れられており、一般的な局部治療薬として用いられています。
当ステロイド剤の強さステロイドの強さは5段階のうち5段階目のストロンゲスト(最も強い)となります。
日本国内ではデルモベート軟膏やダイアコート軟膏と同じ強さです。
強さ 製剤 ステロイド商品名 I群 Strongest: SG (もっとも強力) ジフロラゾン酢酸エステル プロピオン酸クロベタゾール ジフロラゾン酢酸エステル テノベート ジフラール デルモベート ハロベートクリーム ハロベート軟膏 II群 Very Strong: VS (かなり強力) ジプロピオン酸ベタメタゾン 吉草酸ジフルコルトロン 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン リンデロンDP ネリゾナ アンテベート ベトネベートS ベトネベート・スキンクリーム III群 Strong: S (強力) 吉草酸ベタメタゾン・フラジオマイシン 吉草酸ベタメタゾン 硫酸フラジオマイシン フルオシノロンアセトニド ベトネベートN リンデロンV フルコート フルコートN タコロスフォルテ軟膏 IV群 Medium: M (中) トリアムシノロンアセトニド プロピオン酸アルクロメタゾン トリアムシノロンアセトニド レダコート アルメタ ケナログ ゾフルットクリーム V群 Weak: W (弱) 酢酸プレドニゾロン 酢酸デキサメタゾン ヒドロコルチゾン・クロタミトン プレドニン オイラックスH テラ・コートリル 使用方法 1日に1,2回、患部に適量を塗ります。
使用は2週間以内にします。
症状が改善した場合は使用を中止し、2週間以内に効果が出ない場合は使用を中止して他の方法を検討します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 灼熱感、紅班、刺激、色素沈着など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.