バスパージェネリック5mg(バスピン)5mgは、全般性不安障害の治療に有効な成分である塩酸ブスピロンを5㎎配合した、安価なジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

全般性不安障害の治療に有効な成分である塩酸ブスピロンを5㎎配合した、安価なジェネリック医薬品です。先発薬としてバスパーがあります。非ベンゾジアゼピン系に分類され、脳内のセロトニン濃度を上昇させる作用があります。
有効成分:塩酸ブスピロン5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱37803780
2箱24404880
3箱19605880
5箱15967980
7箱13699583

商品の詳細

最近デパスの代替として注目を浴びているお薬のバスパージェネリック(ブスピロン)は、抗不安薬の一つバスパーのジェネリック薬で、全般性の不安障害の治療に用いられるお薬です。
ブスピロン5mgは有効成分としてブスピロン5mgを含有する非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で、薬学的にはセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬と呼ばれています。
有効成分ブスピロンは日本では未承認の成分で医療機関でも存在しませんが、海外では主流と言われるほど非常によく使用されています。
理由がないにも関わらず断続的に不安感を感じたり、ふとした時に焦りや緊張を感じてしまうなどといった全般性の不安障害、うつ病、睡眠障害などの治療に主に使用されています。
バスパーという先発品のジェネリック医薬品であり、同等の成分・効果でありながら値段が安いです。
デパスやアモバンなどのベンゾジアゼピン系の抗不安薬や抗うつ薬とは異なるカテゴリーに分類されますが、治療対象の疾患はほぼ同じになります。
ベンゾジアゼピン系の作用で問題だった依存性や耐性、筋弛緩による転倒やふらつきといった副作用がほとんど現れないため安全性が高いことが特徴です。
ブスピロンの有効成分ブスピロンは気分の低下に関与する部分のセロトニン5-H1A受容体を選択的に活性化してセロトニン濃度を上げることで気分や神経の興奮を抑制します。
同時に幸福感や快感、意欲などに関与するドーパミンやノルアドレナリンなどといった神経伝達物質の働きを高めることで緊張感や不安感など負の気分を軽減させる上に気分を上昇させる作用があると言われています。
不安感を抑制することで脳内の興奮状態を緩和する効果があるため睡眠障害にも有効です。
ブスピロンはじめセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬は即効性はなくゆっくり効いてくる薬なので、服用してすぐに効果が現れる薬ではありません。
効果が認められるまでは1~2週間かかることが多いので継続服用して様子を見てください。
なお24週間以上の継続服用はしないでください。
※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
商品画像は参考写真となります。

ご使用方法

ブスピロンを通常成人は服用開始時期は1日10mg~15mgを2回に分けて食間または食後に服用します。
症状が軽度であれば1回や頓服の服用でも問題ありませんが、半減期は6~7時間ほどと短めであるため効果を安定化させたい場合は1日2回服用する必要があります。
睡眠障害に対してのみの服用の場合は寝る前に1回、前述と同様の用量を服用してください。
最良の効果を得るために2~3日ごとに5mgずつ増量することが可能で、平均的な用量は1日20~30mgです。
最大服用量は60mgとなっています。
平均的な用量に達したら効果がないと思ってすぐに増量するのではなく2週間程度は同じ用量で続けて様子を見ることを推奨します。

副作用

ブスピロンの離脱症状はほとんどありませんが人によっては現れる場合があるため、減薬や断薬をする場合は注意してください。
ブスピロンは穏やかな作用で安全性の高い薬であるため副作用は少ないですが、めまい、立ちくらみ、倦怠感、眠気、頭痛、神経過敏などの症状が報告されています。
ブスピロン服用中は車の運転や危険な作業はなるべく避けるべきですが、必要な場合は眠気やふらつきの副作用が出ないことを確認してから十分に注意してください。
ブスピロンは抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として使用されるMAO阻害薬と抗ヒスタミン薬であるアメリジンとは併用禁忌です。
また他の精神安定剤や抗うつ剤、睡眠導入剤との併用も避けてください。
アルコールと併用すると薬が効きすぎて副作用発現のリスクが上がるので、ブスピロン服用中はアルコールの摂取をできるだけ控えてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.