バルトレックスジェネリック500mgは、ヘルペス治療薬で有名なバルトレックスの低価格ジェネリックでお薬代節約

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ヘルペス治療薬で有名なバルトレックスの低価格ジェネリックでお薬代節約!
有効成分:Valacyclovir Hydrochloride(バラシクロビル)500mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱32803280
2箱20904180
3箱16274881
5箱12366180

商品の詳細

口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの特効薬「バルトレックス」の安価なジェネリック医薬品です。
バルトレックスジェネリック(セントレックス)は単純疱疹やヘルペスウイルスなどの感染症に効果がある抗ウイルス薬です。
国内で市販されているバルトレックスと同じ有効成分バラシクロビル塩酸塩を配合しており、ヘルペスの再発防止効果も優れています。
世界75カ国で承認・販売されている世界的シェアの高いお薬です。
日本では2000年に承認・販売されており、錠剤の他に顆粒剤もございます。
セントレックスはインドの大手製薬会社であるセンチュリオン・ラボラトリー社が開発したお薬で、ジェネリック医薬品のため経済的ですが、バルトレックスと同じ効能を持っています。
バルトレックスは従来の抗ヘルペス治療薬であるアシクロビル(商品名:ゾビラックス)に比べて体内に吸収しやすいように改良されており、服用回数が1日2回と少なく、体内で代謝されたあとに活性化体に変化する第2世代に分類される抗ウイルス薬です。
ヘルペスウイルスにはいくつかの型があり、1型が唇の周辺に感染して発症する口唇ヘルペスで、2型が性器ヘルペスです。
症状としては、肌に小さな水ぶくれ(水泡)をつくり、ヒリヒリした痛みをおこすのが特徴です。
これ以外に、単純疱疹、帯状疱疹、水ぼうそう(水痘)にも効果があります。
性器ヘルペスとは、セックスだけではなくオーラルセックスなどで感染する性感染症のひとつです。
20代から30代前半の比較的若い女性が発症しやすく、男性よりも女性がかかりやすい傾向にあります。
発症したことはなくても、日本人の5~10%は性器ヘルペスウイルスのキャリア(保持者)であるというデータもあります。
性器ヘルペスを治療せず放置すると、女性の場合子宮けい管にまで感染が広がり、不妊症の原因になることがあります。
発症後72時間(3日以内)にバルトレックスを服用するのが大切です。
また、感染を繰り返す再発力が強いウイルスのため、お薬を飲みきることも大切です。
※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
口唇ヘルペスの場合は、アシクロビル配合の『アシビルクリーム』も同時に常備していると良いでしょう。
口唇ヘルペスとは口唇ヘルペスは、唇やその周囲に小さな水ぶくれが出来る病気です。
原因となる単純ヘルペスウイルス1型は感染力が強く、直接的な接触の他にウイルスがついたタオルや食器などを介しても感染することがわかっています。
このウイルスの特徴は、最初の感染によって免疫を獲得したとしても、再感染や再発を繰り返すということです。
成人にみられる口唇ヘルペスのほとんどは再発型で、年1~2回の再発を繰り返すのです。
乳幼児期に単純ヘルペスウイルス1型は初感染を起こしますが、症状が出ることはほとんどありません。
しかし、その際にウイルスは神経節にひそみ、何らかのきっかけで活動を起こし、口唇ヘルペスなどの症状が現れるのです。
風邪、疲労、ストレス、老化、ステロイドの使用、免疫抑制剤の使用などによって体の抵抗力や免疫機能が低下すると、発症しやすいと言われています。
治療は、抗ウイルス薬の内服や外用によって行います。
早い時期に治療を始めた方が効果的であるので、症状が出た際には、速やかに治療を開始すると良いでしょう。
口唇ヘルペスの再発防止大部分の人が単純ヘルペスウイルスを持っており、死滅しないウイルスのため、体調不良やストレスなどで口唇ヘルペスが簡単に再発します。
ヘルペスの再発を抑えるには、体調管理は大切ですが、同時にヘルペスの再発を抑える栄養素の摂取が必須です。
まず、口唇ヘルペスの再発の原因になる『アルギニン』というアミノ酸をとりすぎないこと。
ナッツ系(アーモンド、落花生、カシューナッツなど)、豆類(そらまめ、えんどう、大豆、きな粉など)、チョコレートなどの多い栄養素です。
次に、アルギニンの逆の作用があり、口唇ヘルペスの再発を抑える栄養素が『L-リジン』です。
アルギニンは毛髪の健康や免疫力アップ、肝機能の強化など重要な役割を果たす『必須アミノ酸』です。
口唇ヘルペスが気になる方は、日々の栄養補充にL-リジンがおすすめです。
性器ヘルペスとは性器ヘルペスは、性器やその周囲に小さな水ぶくれや腫れ、痛み、かゆみなどの症状が出来る病気です。
原因となる単純ヘルペスウイルス2型は、性行為などの直接的な接触によって感染することがほとんどです。
口唇ヘルペスとは異なる型のヘルペスウイルスによって発症しますが、現在ではオーラルセックスの普及などにより、従来より境界があいまいになっています。
性器ヘルペスでは、口唇ヘルペスに比べても再発頻度が高いことが特徴です。
自覚症状としては、皮膚の裏側から針で刺されたような痛みが起こり、性器周囲の皮膚が赤く腫れ、水ぶくれや皮膚びらんへと発展します。
しかし、自覚症状のない無症候型の症例も多く、そのような場合には気づかないうちにパートナーにうつしてしまうこともあるので、注意が必要です。
また、性器を触った手で目をこすることによって角膜炎を起こすこともあるので、ヘルペスの兆候を感じた場合には、早期の治療が必要となるのです。
服用方法感染したヘルペスの種類により服用方法が異なります。
口唇ヘルペスを発症した場合、1回1錠(500mg)を1日2回、5~7日間服用します。
性器ヘルペスの場合も同様で、1回1錠(500mg)を1日2回5~7日間服用します。
帯状疱疹及び水痘(水ぼうそう)の場合は服用回数が異なり、1回2錠(1000mg)を1日3回服用します。
食前や食後などの決まりはございませんが、空腹時を避け食後の服用が推奨されています。
性器ヘルペスの予防の場合は、1回1錠(500mg)を1日1回、半年を目安に長期間服用します。
ヘルペスウィルスとは肌に小さな水ぶくれ(水泡)をつくり、ヒリヒリした痛みをおこすのがヘルペスウィルスです。
ヘルペスウィルスにはいくつかの型があり、それによって水泡のできる場所や症状が異なります。
単純ヘルペスウイルス1型 → 口唇ヘルペス 単純ヘルペスウイルス2型 → 性器ヘルペス 水痘・帯状疱疹ウイルス → 水ぼうそう、帯状疱疹 ヘルペスウィルスは肌や粘膜の接触で感染します。
肌に傷があると感染しやすくなり、便座などから感染することもあります。
キスや性行為でも感染します。
ヘルペスウィルスによる病気は再発しやすいため要注意です。
早めにバルトレックスを服用することで悪化する前に完治します。
肌にできた水ぶくれはやがてつぶれてかさぶたになり、1~2週間で自然に治ります。
しかし症状が消えてもウィルスは体内に残っていて、免疫力が下がると増殖して症状が再発します。
初感染では症状が出ず、再発のときに初めて症状が出るケースもあります。
バルトレックスジェネリック500mg(セントレックス)はヘルペス菌の増殖の抑制による治療以外に、再発予防の効果もあります。
バルトレックスの飲み合わせバルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹などに有効なお薬ですが、いくつかの飲み合わせに注意する必要があります。
医療用医薬品としては、プロベネシド、シメチジン、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンを併用している方では、注意が必要となります。
プロベネシドやシメチジンでは、尿細管分泌に関わるOAT1やMATE1を阻害することで、バルトレックスの有効成分の血中濃度を増加させる可能性があります。
ミコフェノール酸モフェチルでは、尿細管分泌で競合することによって、血中濃度をが上昇する可能性があります。
テオフィリンについても、作用機序は不明ですが、テオフィリンの血中濃度が上昇することが分かっています。
製品名としてはベネシッド、タガメット、カイロック、セルセプト、テオドール、テオロング、スロービット、ユニフィルLAユニコンなどを併用されている方は、本剤の服用の際に専門家の判断を仰ぐようにしてください。
(バルトレックスジェネリック医薬品などでは、ここに記載した以外の販売名のお薬もあるので、注意が必要です。
)ヘルペスの症状をはやくおさめ、再発を抑制抗ウイルス薬であるバルトレックスは、性器ヘルペスの再発抑制にも用いることが出来ます。
性器ヘルペスは、主に性行為により感染する病気です。
感染後、数日から十数日間の潜伏期を経て、痛みを伴う水ぶくれが性器やその周囲に現われます。
その際に増殖したウイルスは、知覚神経を通って神経節へ入り、潜伏します。
このとき潜伏したウイルスは、風邪や疲労、免疫抑制剤の投与などをきっかけに、活性化することがあります。
これが性器ヘルペスの再発であり、再発時の症状は、初発に比べると弱いことが多いものの、人によっては年1~2回から月2~3回の再発を見ることもあるのです。
バルトレックスの1日500mg投与によって、性器ヘルペスの再発リスクを大きく減少させることが分かっています。
長期間の投与が必要となる場合もあるので、腎機能が低下している方などでは、専門家の判断を仰ぐようにしてください。
また、投与対象としては、年6回以上再発する方を目安にすると良いでしょう。

副作用

セントレックスを含むバルトレックスジェネリックの錠剤を服用中の方は、バルトレックスの軟膏剤と併用するのは控えてください。
思わぬ副作用が現われる危険があります。
特に過量投与の場合、効果が倍増されるのではなく、錯乱や幻覚などの精神神経症状が報告されているので注意が必要です。
バルトレックスの副作用として、国内の臨床試験の結果、頭痛が2.8%、眠気等の意識低下が2.5%、肝機能検査値の上昇が1.3%報告されています。
その他に、下痢・吐き気・発疹・めまいなどが報告されています。
重篤な副作用は報告されていませんが、症状がひどい場合は服用を中止して医療機関を受診してください。
腎臓の機能が低下している方、ご高齢の方はこれらの副作用が強くでる可能性があるため注意が必要です。
また、ごく稀な副作用として、アナフィラキシーショックという呼吸困難を伴う急性症状が報告されています。
妊娠されている方は原則服用ができません。
産婦人科を受診し、医師が服用の必要性を認めた場合のみ服用が可能です。
授乳中の方も原則服用ができません。
授乳中へバルトレックスの成分が移行することが証明されています。
バルトレックスは苦味成分を抑えるために、錠剤にコーティングが施されています。
錠剤を潰して飲むことは控えてください。
飲みにくいと感じる方は、多めの水で飲むようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.