パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg (50錠)は、SSRI第3世代抗うつ剤パキシルのジェネリック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

SSRI第3世代抗うつ剤パキシルのジェネリック!病院でも処方されやすい抗うつ薬
有効成分:Paroxetine(パロキセチン)30mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱65946594
2箱518710374
3箱464813944

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
「ペクセップ」 は、日本では2000年に厚生労働省により認可され製造・販売している「パキシル」のジェネリック医薬品です。
主成分のパロキセチンによって、憂うつな気分を和らげ、意欲を高めるお薬です。
また月経前症候群(PMS)や摂食障害にも用いられることがあります。
パロキセチンは「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と呼ばれる第3世代の抗うつ剤です。
SSRIは、セロトニン再取り込みポンプに直接結合することによって、セロトニンが神経終末に戻ることを抑制し、シナプス間隙のセロトニンの量を増やすことで、症状を改善するお薬で、特にパロキセチンは強力かつ選択的なセロトニン再取り込み阻害作用を有します。
効能効果うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害使用方法通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20-40mgを経口服用します。
服用は1回10-20mgより開始し、原則1週毎に10mg/日ずつ増量します。
なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。
症状や程度によって、服用する量や期間が決まります。
服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

副作用

主な副作用として、吐き気、睡眠障害、知覚障害、口渇、頭痛、便秘・下痢、めまい、発熱、発疹などが報告されています。
使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。
>本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方ブチロフェノン系抗精神病薬のピモジド(商品名オーラップ)を投与中の方
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.