ビーファット(ゼニカルジェネリック)は、ビーファットは米国のFDAで認可された肥満治療薬である「ゼニカルのジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ビーファットは米国のFDAで認可された肥満治療薬である「ゼニカルのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるインタスファーマ(Intas Pharma)が製造販売しています。
有効成分:Orlistat (オーリスタット) 120mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱39803980
3箱24277281
5箱211610580

商品の詳細

同じ有効成分(オルリスタット(オーリスタット))を含む他の医薬品 ゼニカルジェネリック(オルリガル)120mg – 3687円(1箱)~ザモカル(ゼニカルジェネリック) – 3680円(1箱)~オベリット30粒(ゼニカルジェネリック) – 3755円(1箱)~フォビカル(ゼニカルジェネリック) – 1298円(1箱)~オベリット10粒(ゼニカルジェネリック) – 1358円(1箱)~ 商品詳細ビーファットは米国のFDAで認可された肥満治療薬であるゼニカルのジェネリック医薬品です。
インドの製薬会社であるインタスファーマ(Intas Pharma)が製造販売しています。
ビーファットとゼニカルの効果は同一で、脂肪の吸収を抑える作用を持つ医薬品として知られ、海外では肥満症の治療に使われています。
ビーファットの働きの特徴は脂肪の吸収を抑えること。
すでについてしまっている脂肪を減らすのではなく、体に脂肪をつきにくくする医薬品です。
有効成分であるオーリスタットが食事由来の脂肪の吸収を抑えることで、日常生活における過剰なカロリー摂取を抑えることができます。
よりダイエット効果を得るために食事制限を行うことはもちろん大切ですが、食べながらでも脂肪の吸収を抑えられるという点が画期的な医薬品です。
脂っこい食べ物が好きな方、ついつい脂ものを中心に食べてしまう方、お酒の付き合いが多い方など、一日の総摂取カロリーが過剰になりがちな方に特に向いているといえます。
食べること自体が好きな方やなかなか間食をやめられない方は、無意識のうちに脂肪の摂取量も増えてしまいがち。
過剰に摂取してしまった脂肪が皮下脂肪や内臓脂肪などの贅肉へと変わってしまうのです。
ビーファットの服薬が適しているのは、いわゆる健康で元気だけれど贅肉がつきすぎている、食べ過ぎなどの生活習慣が原因の肥満傾向にある方です。
ビーファットは日本では医療保険の適応を受けていない医薬品のため、保険治療の範囲内では処方を受けることはできません。
肥満外来を行っているクリニックでは、自費治療においてビーファットやゼニカルを処方するクリニックもあるようです。

ご使用方法

ビーファットは脂肪の吸収を抑える働きを持っているため、脂肪分の多い食事の前に服用するのが効果的です。
外国人と日本人とでは食生活や体格が異なるため、日本人の場合は脂肪分の多い食事の際にのみ服用し、1日1〜2錠の服用で十分と考えられます。
最も大切なのは服用のタイミングです。
低脂肪の食事の際に服用しても効果がありませんので、食事内容に合わせてご服用の判断をしてください。
食事中の脂肪分が体内に吸収される前に薬の吸収が終わっていることがとても大切なポイント。
そのため、食前に服用するのが最も適切な服用タイミングといえるでしょう。
食事中の脂肪分の吸収を抑制するため、軽食の場合や食事を摂らなかったときは服用する必要はありません。
ビーファットを服用すると個人差はありますが、脂の浮いたような脂肪便が出ることがあります。
これは本来の効果を発揮しているため起こる変化であり、適切なタイミングで服用できていると考えていいでしょう。

副作用

特に現れやすい副作用は腹部膨満感や軟便などの消化器系の症状です。
薬の作用ゆえの副作用であるため、このような症状が見られた場合は服薬を一旦中止し、症状が継続するようであれば医療機関を受診しましょう。
全身の倦怠感や食欲不振、黄疸などは肝障害の特徴です。
これらの症状が見られる場合は、すぐに服薬を中止し医療機関を受診してください。
使用・併用禁忌ビーファットと他の医薬品を併用する際、下記3点の医薬品を服薬中の方は注意が必要です。
ワーファリン シクロスポリン アミオダロンビーファットと併用することで、医薬品の作用に影響を与え期待した治療効果を得られなくなる恐れがあるためです。
またビーファットは慢性的な消化吸収障害、栄養失調、胆汁うっ滞など肝臓や膵臓の疾患を持っている方の服用は禁忌であり、服用できません。
妊娠・授乳中の方についても服用による影響が未知数で、服用は推奨されていないため、現在妊娠中の方や妊娠を考えている方は注意が必要です。
甲状腺機能の低下など代謝性疾患を持っている方、過食症などの精神疾患由来の肥満がある方の服用も適していません。
疾患が由来で肥満傾向にある方は、肥満の解消においても疾患の治療がとても大切となるため、肥満の解消についても主治医に相談するといいでしょう。
ビーファットは脂肪の吸収を抑制するため、脂溶性のビタミンの吸収も抑制してしまいます。
ビーファットを服薬する際は、脂溶性のビタミンであるビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKをサプリメントなどで補うようにするとよいでしょう。
マルチビタミンであれば、これらの脂溶性ビタミンを一括で補うことができます。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.