ピジョン(塩酸ピオグリタゾン)30mgは、糖尿病を治療するインスリン抵抗改善薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

糖尿病を治療するインスリン抵抗改善薬です。分泌されたインスリンにたいする身体の感受性が低いせいで血糖値が上がるタイプの糖尿病に向いています。肥満タイプの糖尿病患者にはインスリン抵抗が高い人が多いので、このお薬が効果を発揮します。
有効成分:塩酸ピオグリタゾン 30mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱28802880
2箱17403480
3箱13273981
5箱9964980

商品の詳細

糖尿病を治療するインスリン抵抗改善薬です。
分泌されたインスリンにたいする身体の感受性が低いせいで血糖値が上がるタイプの糖尿病に向いています。
肥満タイプの糖尿病患者にはインスリン抵抗が高い人が多いので、このお薬が効果を発揮します。
日本ではピジョンと同成分のお薬にアクトス錠(武田薬品工業)があります。
血液中のブドウ糖はインスリンという膵臓から分泌されるホルモンの仲立ちで筋肉などの細胞のエネルギーに変換されます。
インスリンの分泌が悪いことが原因で血糖値が上がるタイプの糖尿病にはインスリン投与が有効です。
しかし、インスリンを投与しても効果がないインスリン抵抗型の糖尿病には、インスリン抵抗改善薬のピジョンが有効です。
インスリン抵抗型の糖尿病は内臓脂肪型肥満の人によくある病気です。
とくに肥満に加えて、高血圧、脂質異常が重なったメタボリックシンドロームの人に多発します。
ピジョンは、筋肉、脂肪組織でのインスリン感受性を高めて血糖値を下げる効果があります。
肝臓でのブドウ糖の産生を抑制する効果もあります。
インスリン抵抗型の糖尿病は薬物治療以外に、メタボを解消する食事制限や運動習慣が重要です。

ご使用方法

食事療法、運動療法のみで治療中の場合、および、スルホニルウレア剤、α‐グルコシダーゼ阻害剤、ピグアナイド系薬剤の服用と同時に食事・運動による治療を行っている場合:朝食前か後に1日1回15~30㎎を服用し、1日の最大服用量は45㎎とし、症状や年齢で増減。
食事療法、運動、およびインスリン製剤を服用している場合:朝食前か後に1日1回15㎎を服用。
上限は1日最大30㎎とし、症状や年齢で増減。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
服用し忘れた場合、それに気づいてから早めに1回分を服用するか、次回まで待ちます。
しかし1回で2回分を服用してはいけません。

副作用

使用上の注意 むくみ、低血糖症状、肝機能障害、筋肉痛、白血球減少、貧血、発疹、悪心、胸焼けなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.