ピバスタ(ピタバスタチン)1mgは、悪性コレステロールを減らすお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

悪性コレステロールを減らすお薬。動脈硬化の進行を抑えます。
有効成分:ピタバスタチン 1mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱41804180
2箱29905980
3箱26277881
5箱223611180

商品の詳細

血液中の悪玉コレステロール(LDL)を減らすお薬です。
それによって動脈硬化の進行を抑えて、心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気のリスクを低減します。
日本ではピタバスタチンを有効成分とするお薬としてリバロ錠(コーワ)が販売されています。
血液に悪玉コレステロールが増えると動脈硬化の進行が早くなり、血管壁にプラークと呼ばれる過酸化脂質のコブができやすくなります。
このプラークは血栓を作り原因になり、それが心筋梗塞や脳梗塞をひき起こします。
ピバスタは「HMG-CoA還元酵素阻害薬」と呼ばれるお薬で、肝臓でコレステロールが作られるときに必要な酵素のはたらきを阻害する作用があります。
悪玉コレステロールを減らす効果が強く、善玉コレステロール(HDL)を増やし中性脂肪を減らす効果もあり、脂質異常治療薬の第一選択薬として広く用いられています。
ピバスタはとくに、すでに狭心症などの既往がある人あるいは脂質異常の他に高血圧や糖尿病を併発している人の脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らす薬として効果が認められています。
作用時間が長いので1日1回の服用で済みます。

ご使用方法

目安として1日に1回服用。
服用量は症状などにより異なります。
夕食後の服用が効果的と言われますが、実際は朝の服用でも効果は変わらないとされます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
服用し忘れた場合、それに気づいてから早めに1回分を服用するか、次回まで待ちます。
しかし1回で2回分を服用してはいけません。

副作用

使用上の注意 腹痛、吐き気など胃腸症状、肝機能の異常値、筋肉痛など。
副作用は上記に限りません。
妊娠中の女性は服用を避けます。
肝臓、腎臓の悪い方は服用を控えるべき、または注意して使用することが必要です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.