ピルフェネックス(ピルフェニドン)200mgは、肺の機能が低下していく特発性肺線維症という病気の進行を抑えるお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

肺の機能が低下していく特発性肺線維症という病気の進行を抑えるお薬です。原因が分らず、治療法が確立していない難病ですが、ピルフェネックスは進行を抑えて、息切れ、咳などの症状を軽減します。日本では、ピルフェネックスと同じピルフェニドンを有効成分とするお薬にピレスパ(塩野義製薬)があります。
有効成分:ピルフェニドン 200mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱45804580
2箱32906580
3箱28608580
5箱255812790

商品の詳細

肺の機能が低下していく特発性肺線維症という病気の進行を抑えるお薬です。
原因が分らず、治療法が確立していない難病ですが、ピルフェネックスは進行を抑えて、息切れ、咳などの症状を軽減します。
日本では、ピルフェネックスと同じピルフェニドンを有効成分とするお薬にピレスパ(塩野義製薬)があります。
特発性肺線維症(IPF)は悪性の肺炎の1種で、酸素交換をする肺胞が硬く線維化してじょじょに機能を失っていく病気です。
息苦しさ、咳、たんなどの症状があり一度失った肺胞の機能は回復しないので、進行すると呼吸困難になり死に至ることがあります。
病気の原因は不明で難病に指定されています。
50歳以上の患者が多く、女性よりも男性が多い傾向があります。
喫煙もリスク要因の1つと考えられています。
ピルフェネックスは日本では2008年に承認されたお薬で、肺胞の線維化を進行させる成長因子の分泌を抑制して病気を進行を遅くする効果があります。
ピルフェネックスを服用しているときは日光に対して過敏になるので、厳重な遮光が必要になります。

ご使用方法

成人で1日に3回、1回200㎎を服用し、その後に症状に応じて1日3回(1回600㎎)まで少しずつ増量。
服用をし忘れた場合は次回分から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
服用をし忘れた場合は次回分から服用し、一度に2回分を服用することは避けます。

副作用

使用上の注意 光に過敏になる、食欲の不振、下痢、吐き気、発疹、胸焼け、眠気、ふらつきなど。
妊娠中や妊婦さん、妊娠している可能性がある女性は使用しないほうが良いとされています。
授乳中の女性は使用を避けます。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.