フィナックス1mgは、男性型脱毛症に対して広く使用されているプロペシア

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

男性型脱毛症に対して広く使用されているプロペシア。非常に有効な薬剤で認知度も高く、日本皮膚科化学会でも推奨されています。フィナックスは、プロペシアと同成分「フィナステリド」を含む安価なジェネリック医薬品です。脱毛症に対する有効度はプロペシアと同じです。
有効成分:Finasteride(フィナステライド)1mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
3箱16274881
5箱12766380
7箱11117777

商品の詳細

毛髪は、抜けたり生えたりするサイクルを毎日繰り返しています。
これが正常な状態で、毛周期と呼ばれています。
しかし、何かの原因で抜ける毛髪の方が多くなってしまうことを脱毛症と言います。
脱毛症にはいろいろなタイプがありますが、男性型脱毛症は、特に男性ホルモンの影響で脱毛が進行していきます。
毛周期は男性ホルモンの影響を受けやすく、毛周期が早くなります。
毛周期が早くなるということは、毛を産生する場所である毛包が十分に成長する前に毛髪が抜けてしまうということです。
すると次第に毛包本体が小さくなっていき、大人の丈夫な毛髪が、うぶ毛のような弱い毛になり抜けてしまいます。
男性ホルモン(テストステロン)は、5α-還元酵素という酵素の働きでより強力なDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
DHT(ジヒドロテストステロン)は毛包に作用し、ヘアサイクルを早めて終わらせてしまう作用があります。
フィナステリドはこの5α-還元酵素の作用を阻害するため、DHT(ジヒドロテストステロン)を減らすことができるのです。
その結果ヘアサイクルが正常に戻り、毛包の育成も十分行うことができ、健康的な毛髪が生えてくるのです。
フィナステリドは、日本皮膚科学会が公開している診察ガイドラインにおいても推奨度が非常に高く、第一選択薬となっています。
また、脱毛状態の改善・毛髪数の増加・毛髪重量の増加も証明されています。
しかし、注意点として、女性の脱毛症には全く効果がないため、内服しても意味がありません。

ご使用方法

20歳未満に対する安全性は確立していないので、対象は成人の男性です。
未成年や、女性は内服しないようにしましょう。
通常量は1日1回0.2mgを内服しますが、1日1mgまで増やすことができます。
初めて内服開始する時は、0.2mgから開始して、副作用がなさそうだったり、効果が薄いと感じたら少しずつ増やしていきましょう。
1日のうち、朝昼夜のどの時間帯でも問題ないですが、朝なら朝、夜なら夜、と飲む時間を決めると、内服忘れの予防になりお勧めです。
また、飲み忘れたからといって、次の日に2倍飲むことはやめましょう。
大事なことは、内服を中止してしまうと再び脱毛症状が進行してしまうということです。
そのため、いったん内服を始めたら続けることが大切です。
少し内服してみて、良くなったからといって内服を止めたら意味がありません。
飲み続けることが重要なのです。
また、内服を中止したことによるリバウンドで、薄毛になることはありません。
内服は、コップ一杯の水で飲むのが一番良いです。
しかし、お茶しかない場合、ふつうの緑茶や麦茶などで飲むのは大丈夫です。
ただ、水がないからと言って、水なしで内服するのだけはやめてください。
薬がのどや食道に引っかかってしまい、食道が炎症を起こしたり、潰瘍になってしまったりする可能性があります。
そして、アルコールで飲むことは絶対にやめましょう。

副作用

の方が強く出てしまったり、また期待する効果が強くなったり弱くなったりと、効果が一定しなくなる可能性があります。
また、海外では、1年内服を継続した後に効果を判定すべきである、というのが共通の方針です。
そのため少なくとも6ヵ月程度は内服を続けた後に効果を確認すべきです。
内服の効果を見るためにも、フィナックスの服用は必ず医師の指導の元で行って下さい。

副作用

重要な副作用として、頻度は明らかではありませんが、稀に肝機能障害を起こすことがあります。
体調が悪くなった、だるくなった、という症状が出てきたり、食欲がなくなった、また白目の部分が黄色くなってきた、などという症状が出てきたら内服を中止し、医師に相談してください。
また、内服した男性の2.9%に勃起機能不全・射精障害・精液量減少などといった性機能障害が見られましたが、これはフィナックスを内服していない人と同じぐらいの頻度でした。
そのため、フィナックス内服で特に性機能障害が強く出ることはないですが、まだ年齢が若い男性の場合は心配なので、内服する場合は医師と相談してください。
また、一般的な副作用として蕁麻疹・発疹なども見られることがあります。
何らかの異常が認められた場合には、直ちに服用を中止して、必ず医師に相談して下さい。
使用・併用禁忌更年期以後の女性に発症した男性型脱毛症に対して、フィナステリドは無効であることが証明されました。
女性が飲んでも効果がないため、女性に適応はありません。
また、妊婦が内服すると、DHT(ジヒドロテストステロン)の低下により男子胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす危険性があります。
そのため、妊婦または妊娠している可能性のある女性や、授乳中の女性への投与は禁忌です。
併用禁忌の薬剤は特にありませんので、ご安心ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.