フィプロフォートプラス大型犬用(6本入り)は、体重20〜40kgの大型犬用のノミ・マダニ駆除薬で、 長く使用されているフロントラインプラスのジェネリック医薬品になります

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

体重20〜40kgの大型犬用のノミ・マダニ駆除薬で、 長く使用されているフロントラインプラスのジェネリック医薬品になります。投与後24時間で、ノミ・マダニの成虫を駆除し、効果は1ヵ月間続きます。皮膚に液体を滴下するタイプですので、お薬を飲むことが苦手な子でも簡単に使用できます。
有効成分:フィプロニル100g、S-メトプレン90g/L

セット数1箱あたり通常価格  
1箱42824282
2箱32166432
3箱29268778
4箱278111124
10箱253925390

商品の詳細

ノミダニの成虫を24時間で駆除!
マダニもほぼ100%、2日以内に駆除完了!
背中に垂らすだけでお薬嫌いのペットも簡単投与!
フィプロフォートプラスはフロントラインプラス※1のジェネリック医薬品ですので、安心して使用して頂けるとともにお手頃な価格でご購入いただけるノミマダニ駆除薬です。
有効成分のフィプロニルが、24時間以内にペットの皮膚表面の皮脂の層に全身に広がり、体表の有効成分に接触することでほとんどの成虫を駆除します。
もう一つの有効成分(S)-メトプレンが、ふ化成長を阻止することで、卵が成虫になるのを防いで、ペットへの寄生を予防します。
生後2か月以降の子犬から安全に使用でき、1か月に1回のペースで投与することで、ノミマダニをほぼ100%防ぐことができます。
妊娠、交配、授乳中のワンちゃんでも使用に問題がないとのデータがあります。
本製品は、スポットタイプ(皮膚に少量の液体薬を滴下する)のお薬ですので、お薬を飲ませにくい子でも簡単にストレスなく使用することができます。
また、シャンプーをしても効果は持続します※2。
※1:フロントラインは、以前から最も多くの獣医師に選ばれていると言われるノミマダニ駆除薬です。
動物病院のみで処方される信頼性の高い動物用医薬品で、優れた有効性に加え、確実な拡散性、高い持続性、そしてそれを裏付ける数々の審査と試験データがあります。
※2:本製品を塗布後、2日はシャンプーを控えてください。
ノミマダニ予防についてワンちゃんだけでなくヒトにも寄生してかゆみや皮膚炎など起こすノミマダニはきっちりと駆除予防することが必要です。
ノミは体調1mm以下のことが多く、一回の交尾で約50個の卵を産みます。
卵は約1週間で孵化します。
完全室内飼いの子なら予防は不要と思われている方もいらっしゃいますが、出入りすヒトに付着したり、窓の隙間などから容易に侵入し、室内で産卵、増殖できますので、完全室内飼育の子でもノミの寄生はよく見られます。
また、気温が13度以上で産卵、孵化のライフサイクルが繰りかえすため、5月から10月の暑い時期に最も多く発生し、一昔前は、冬は予防しなくても大丈夫と言われていました。
しかし、屋内飼育が一般的になるとともに、冬でも暖かい屋内に侵入しライフサイクルを繰り返すノミが冬の時期でもペットに寄生することが多く見られるようになってきました。
実際に、トリミングや動物病院では、完全室内飼育の子や冬の時期でノミの寄生を見かけることは珍しくありません。
したがって、室内飼育や屋外飼育に関係なくノミ予防は必須ですし、完全に予防するためには室内飼育の場合は周年投与が必要です。
ペットショップなどでも多くのノミマダニ予防製品が販売されていますが、確実な効果が期待できるのは動物病院で処方される動物用医薬品のみです。
本製品は、動物用医薬品であるフロントラインプラスと同じ内容のジェネリック医薬品ですので、確実な効果が期待できます。

ご使用方法

生後8週間から使用できます。
妊娠中、授乳中のワンちゃんに対しても安全性データがありますが、体調が悪い子などへの使用は獣医師と相談の上行ってください。
体重に合った製品をご使用ください。
特に、子犬などでシーズン中に体重の大幅な変化が見込まれる方はご注意ください。
1回1本、肩甲骨の間(首のやや後ろ尻尾寄りの背中側、中央部。
塗布部位を舐めれない場所に塗布してください)の被毛をしっかりかき分け、皮膚に直接ピペットを当てて、内容液を押し出してください。
約1ヶ月は持続するので、ノミ、ダニなどが活発に生息する春から秋(気温が13℃以上になる季節)にかけて毎月1回の使用をおすすめします。
また、屋内飼育の場合は、通年での使用が推奨されています。
シャンプーなどは、通常通り行えますが、本製品塗布後2日間はシャンプーを控えてください。
本製品はノミ、マダニの忌避薬ではありません。
体に一時的に付着することは防げませんが、付着したノミ、マダニを24~48時間以内に死滅させることで寄生を予防します。
ピペットタイプ薬剤の使い方はこちら>>副作用 基本的に、非常に安全性は高く、副作用はほとんどないと言われておりますが、稀に塗布部位が被れてしまうことがあります。
また、塗布した直後は、乾くまでその部位を舐めようと気に することがありますが、特に問題はありません。
塗布部位を舐めてしまった場合は、ヨダレ流涎が見られることがあります。
犬と同様、人間への薬剤の影響はほとんどありませんが、薬剤を直接手で触ることは控えてください。
注意点 必ず体重に合った製品をお選びください。
また、犬以外の動物、特にウサギには使用しないでください。
塗布した部位は完全に乾くまで(4~6時間程度)は触らないでください。
肩甲骨の間に塗布する目的は、動物が自分で舐められないようにするためと十分に全身の皮脂腺に浸透するためです。
万一塗布直後に舐めてしまった場合は、効果が減弱する可能性 があります。
また、頭部など皮脂腺の少ない部位に塗布した場合も効果が減弱する可能性があります。
塗布後2日程度はシャンプー等を控えてください。
直射日光を避け、なるべく湿気の少ない冷暗所に保管してください。
子どもの手の届かないところに保管してください。
基礎疾患がある場合や、他の薬と併用する場合は必ず獣医師にご相談ください。
服用後に犬に体調に異変が現れたときには、すぐ獣医師に相談してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.