フェブリク錠ジェネリック40mgは、フェブリク錠ジェネリックは尿酸の生成を抑えて排出させる、高尿酸血症治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

フェブリク錠ジェネリックは尿酸の生成を抑えて排出させる、高尿酸血症治療薬です。尿酸値が高い状態が続くと猛烈な痛みが生じる痛風が起こりますが、尿酸値を低下させることで、さらなる痛風の発作を予防します。
有効成分:フェブキソスタット 40mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱28802880
3箱11933579
5箱8364180
7箱6834781
10箱5985980

商品の詳細

フェブシップは有効成分としてフェブキソスタット40mgを含有する尿酸降下薬です。
フェブリクのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながら安く購入することが可能です。
フェブリクは痛風や高尿酸血症の治療に世界中で非常に広く使用されています。
血中の尿酸値が7mg/dL以上の状態を高尿酸血症と呼び、高尿酸血症によって起こる痛風は40代~50代の男性に比較的多く発症しやすい疾患です。
痛風は関節に溜まった尿酸が結晶となり悪さをするのが原因で、痛風の症状は突発的な関節の激痛です。
主に足の親指の付け根部分や足の甲に起こり、触れただけで激痛が走るため歩行困難な状況になることも少なくないです。
高尿酸血症になったらいつ痛風を発症してもおかしくない状態です。
また高尿酸血症は痛風以外にも腎障害や尿路結石を引き起こすので注意が必要です。
フェブリクの有効成分フェブキソスタットは尿酸の生合成を抑えて体内や尿中の尿酸を減らします。
痛風関節炎や痛風結節、無症状の高尿酸血症に適応があり、抗がん剤など化学療法に伴う高尿酸血症及びその発症抑制にも有効です。
フェブキソスタットは薬学的にキサンチンオキシダーゼ阻害薬に分類されます。
尿酸は体内で代謝され合成されますが、その際に重要な働きを担うのがキサンチンオキシダーゼという酵素です。
フェブキソスタットはキサンチンオキシダーゼの働きを選択的に阻害して尿酸の合成を強力に抑制し、血中や尿中の尿酸を減少させます。
フェブキソスタットは尿酸降下薬のうち尿酸生成抑制薬になり、尿酸産生過剰型の高尿酸血症に向いている薬剤です。
尿路結石を合併している場合にも高い効果を発揮します。
高尿酸血症治療においては、尿量を増やして尿酸結石を防ぐため水分を積極的に摂りましょう。
またプリン体を多く含む食品を控える、適度な運動をするなど生活習慣も意識することが大事です。
当薬と同成分のお薬 商品名:フェブリク錠40mg 製薬メーカー:帝人ファーマ 有効成分:フェブキソスタット40mg使用方法フェブリクを通常成人はフェブキソスタットとして1日10mgから開始し、1日1回服用します。
血中尿酸値を確認しながら必要に応じて適宜増減していきますが、維持量は1日1回40mgとなります。
最大用量は1日60mgです。
服用初期に血中尿酸値の急な低下により尿酸の結晶が関節から溶け出し痛風発作が誘発されることがあるため少量から開始します。
服用開始から2週間後に20mgにするなど段階的に徐々に増量することを推奨します。
フェブリクは尿酸生成を抑制して痛風を予防する薬であるので、発作の有無に関わらず毎日継続服用してください。
痛風発作に対しては、他の鎮痛消炎薬やコルヒチンを頓服して痛みや炎症を抑えます。
服用開始するタイミングで発作が起こっている場合は発作が収まってから服用を開始してください。

副作用

フェブリクの副作用は少ないですが、下痢や吐き気などの胃腸症状、関節痛、手足の痛み、手足の不快感やしびれ感、倦怠感、肝機能検査値異常、甲状腺刺激ホルモン増加、発疹、かゆみが報告されています。
滅多にありませんが重大な副作用として肝障害が報告されているため、フェブリク服用後に何らかの身体の異常をきたし症状が重い場合は服用を中止してすぐ受診してください。
重い腎障害、肝障害のある方はフェブリクの服用に慎重な注意が必要です。
白血病治療薬のメルカプトプリン、免疫抑制薬のアザチオプリンとフェブリクは併用禁忌になります。
また抗ヘルペスウイルス薬のビダラビン、抗エイズウイルス薬のジダノシンなどとは飲み合わせがあまり良くないので、何らかの疾患で服薬治療中の方はフェブリクの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。
尚、痛風発作時はアルコールは禁止です。
普段もなるべく控えるようにしてください。
使用・併用禁忌フェブリク錠ジェネリックには飲み合わせが悪い薬がいくつかあります。
主に白血病の治療に使用するメルカプトプリン水和物、免疫抑制薬のアザチオプリンと一緒に服用すると、骨髄抑制などの副作用が強くなる恐れがあります。
併用はしないでください。
また、抗ウイルス薬のビダラビンと抗エイズウイルス薬のジダノシンは、フェブリク錠ジェネリックと一緒に服用すると作用が強く出る可能性がありますので、併用には注意が必要です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.