フォビカル(ゼニカルジェネリック)は、フォビカルはインドの大手製薬会社であるサバ・メディカ社が開発したダイエット医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

フォビカルはインドの大手製薬会社であるサバ・メディカ社が開発したダイエット医薬品です。国内外のクリニックで肥満治療薬として処方されている、ゼニカルと同じ成分を配合したジェネリック医薬品です。
有効成分:Orlistat(オーリスタット)120mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
3箱18275481
5箱15367680
10箱129812980

商品の詳細

肥満改善薬、ダイエット薬として多くのメディアで取り上げられているゼニカルは、オーリスタットという成分が配合されています。
オーリスタットは胃腸で生成されるリパーゼという脂肪分解酵素に作用して、食べた食事(脂肪分)を小腸に吸収されるのを防ぎ、便として体外へ排出される働きがあります。
それにより、通常体内に吸収される脂肪分の30%をカットし、ダイエットに効果があります。
オーリスタットの作用は長時間続くのも特徴です。
フォビカルはゼニカルのジェネリック医薬品です。
お求め安い値段となっていますが、有効成分であるオーリスタットは同量配合されており、効き目はほぼ同じです。
自然なカロリーオフが可能なフォビカルは、肥満改善・予防だけではなく、高血圧や高血糖、高コレステロール血症にも効果があります。
また他のダイエット治療薬に比べ副作用が少なく、安全なダイエット薬として多くのクリニックで処方されています。
食事制限が不要のため、ストレスのないダイエットが実現できます。
服用を続けることで、リバウンドも起こりにくいとされています。
オーリスタットは脂肪分と共に体外へ排出されるため、吸収されることはなく、体に負担のないお薬です。
安全なお薬ですが、脂肪分を体外へ排出することで、急な便意をもよおしたり、排便が増加したりおならが増えるなど、注意が必要な症状がございます。
【副作用】【使用・併用禁忌】を必ずお読みになってご理解いただいた上で服用してください。
フォビカルのよくある質問 フォビカル(ゼニカルジェネリック)はどのような人が使用していますか? カロリー制限のきつくない、ストレスの少ないダイエットをしたい人や、健康に害のないリバウンドしにくいダイエットをしたい人に使用されています。
どんな効果がありますか? 食事に含まれる脂肪分の約30%を消化吸収せずに体外に排泄します。
フォビカルの成分は何ですか? ゼニカルと同様オルリスタットという脂肪分解酵素阻害薬です。
脂肪を分解して吸収するにはリパーゼという酵素の作用が欠かせませんが、オルリスタットはそのはたらきを抑制します。
フォビカルはジェネリック医薬品なのですか? はい、同じ成分の「ゼニカル」という先発薬のジェネリックです。
そのためゼニカルより低価格になっています。
フォビカルの製薬会社はどこですか? インドのサバ・メディカ社という大手製薬会社で、多くの優秀なジェネリック医薬品を世界に供給している会社です。
フォビカルはすで身体についている脂肪を燃焼する効果はありますか? ゼニカル同様にすでにある内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果はありません。
フォビカルでストレスの少ないダイエットができるのはなぜですか? 無理なカロリー制限をしなくてよく、脂肪分を含まれる食品もある程度食べられるので、ストレスがたまりません。
フォビカルでなぜリバウンドしにくいダイエットができるのですか? ストレスがたまらないので、ダイエットの継続が楽で、ドカ食いの衝動も起きないからです。
フォビカルでのダイエットはなぜ健康的だと言われるのですか? 脂肪分の制限がゆるくなるとダイエット中でも食べられるメニューの種類が豊富になって、タンパク質不足などの栄養の偏りがなくなるからです。
フォビカルは肥満治療薬としても使用されているのですか? 食欲を制御できない肥満症の患者には国内外でオルリスタット製剤のゼニカルが処方されていますのでジェネリックのフォビカルも同等です。
フォビカルがダイエット補助薬のなかでも安全性が高いと言われるのは何故ですか? 中枢神経作用して食欲を抑えるダイエット補助薬に比較して、ゼニカルは副作用が少なく、依存性もないからです。
炭水化物制限ダイエット中にフォビカルを併用できますか? 併用できます。
炭水化物制限ダイエットは脂肪分の摂取には寛容ですが、脂肪分も摂りすぎるとやはり肥満の原因になります。
フォビカルの服用方法は? ゼニカル同様に食事中または食後すぐに1錠服用します。
ただし、まったく脂肪分を含まない食事のときは服用しても意味がありません。
服用に際して注意することはありますか? 成分オルリスタットは脂肪分の吸収をカットするので、脂溶性ビタミンのビタミンADEKの吸収もある程度阻害されます。
サプリメントなどで補ってください。
ゼニカル系ダイエット薬に副作用はありますか? 重い副作用はありませんが、便に摂取されなかった脂肪が混ざるので、便がゆるくなることがあります。
おならをするときは便が漏れないように注意してください。
併用禁忌薬はありますか? とくにありません。
ゼニカル、フォビカルを服用できない人は? 熱帯性スプルー症、特発性脂肪便症など栄養分の吸収力に障害がある人は服用できません。
ゼニカル、フォビカルは長期間服用しても安全ですか? 脂溶性ビタミンADEKの不足に注意すれば問題ありません。
使用方法 1日3回、1回1錠を服用してください。
食事中、もしくは食後1時間以内に服用してください。
水またはぬるま湯と一緒に服用してください。
1日に4錠以上の服用は控えてください。
朝食中または朝食後、昼食中または昼食後、夕食中または夕食後に1錠ずつお飲みください。
脂肪分の多い食事の際は、食事中に服用されることをおすすめいたします。
食後飲み忘れたことに気づいた際は、食後1時間以内であれば服用しても問題ありませんが、1時間以上経過している場合は、服用を控えてください。
脂肪吸収阻害の効果は期待できず、思わぬ副作用が発現することがあります。
ダイエット効果は、最低でも2週間以上服用してから効果を実感される方が多いとされます。
規則的に服用することでダイエット効果を発揮しますので、食後に服用する習慣をつけるようにしてください。
飲み始めた後は、便に脂が混じったり、おならと一緒に薄い便がでたりする症状にご注意が必要です。
多くの方が慣れてくるとコントロールできる症状だとされています。
これらの症状が悪化したりコントロールできない場合は、服用を中止し、専門医に受診の上でご相談ください。
アメリカのFDAが認めた臨床試験の結果では、食事制限なくオーリスタットを1年間継続投与したことで、60%の成人(男女)が約5%の体重減少に成功し、さらに27%の成人(男女)が10%の体重減少に成功したと発表して います。
短期間の服用ではなく、1年以上の継続服用を続けることで、その効果を期待できます。
長期間服用することで、ビタミンA、D、E、K、βカロテンのビタミンも体内に吸収されにくい状態となります。
必ずこれらのビタミン剤と一緒に服用するようにしてください。
他のダイエット薬との併用の際は、専門医または薬剤師にご相談の上で検討してください。
食事制限の要らないダイエット薬ですが、運動療法を併用することでダイエット効果が高まるとされています。
副作用 アメリカFDA(食品医薬品局)がその有効性と安全性を承認している、安全なお薬です。
服用後、便に油が混じったり、ガスがたまることでおならが多くなったり、おならと共に薄い便がでてしまう症状が起こりやすいです。
また、ごく稀に起こる副作用として、肌荒れ、食欲減退、皮膚の変色や目のかすみが報告されています。
食事中の脂肪分と一緒に、脂溶性のビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収まで阻害してしまうため、フォビカルを長期服用する際には、これらのビタミンを補う必要があります。
専門医や薬剤師に相談の上で、ビタミン剤も一緒に服用してください。
効果の現われ方には個人差があります。
脂肪分の多い食事量が原因の肥満の方には有効ですが、その他の理由で肥満症状がある方には効果が現われにくいお薬です。
使用・併用禁忌食欲抑制効果がある薬(サノレックスなど)との併用はお控えください。
以下の症状や既往をお持ちの方は、服用を控えてください。
食事の吸収障害をお持ちの方 胆嚢(たんのう)に障害をお持ちの方 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や低下症の方(橋本病) 妊娠中または妊娠の疑いがある方 授乳中の方 オーリスタットにアレルギーをお持ちの方 お薬は高温多湿での保管は避けて、小さなお子さんやペットの手が届かない場所で保管してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.