フロリネフは、フロリネフは、犬猫用アジソン病維持療法用の合成鉱質コルチコイド製剤です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

フロリネフは、犬猫用アジソン病維持療法用の合成鉱質コルチコイド製剤です。アジソン病は、副腎皮質の機能がなんらかの原因によって低下してしまう病気で慢性化した場合は、生涯お薬を飲まなくてはいけません。
有効成分:フルドロコルチゾン0.1mg

セット数1箱あたり通常価格  
1箱47814781
2箱39167832
3箱390411712
4箱361014440
5箱342017100
7箱316122127

商品の詳細

商品詳細フロリネフは、犬猫用アジソン病維持療法用の、合成鉱質コルチコイド製剤です。
アジソン病は、副腎皮質の機能がなんらかの原因によって低下してしまう病気です。
急性と慢性があります。
アジソン病になると、体内のナトリウムとカリウムのバランスが狂います。
身体に必要な電解質のナトリウムをとどめておくことが出来なくなり、そして、余分なカリウムを排出することが出来なくなります。
この電解質のバランスが狂うことで不調がおきます。
慢性化した場合は、生涯お薬を飲まなくてはいけません。
フロリネフの有効成分であるフルドロコルチゾン酢酸エステルが、機能が低下し失われた副腎皮質ホルモンの代わりになり、不足しがちなナトリウムを体内にとどめ、多くなりすぎた分のカリウムを体外に排出し、電解質のバランスを調整します。
このフロリネフは、ペットのアジソン病治療以外に人間の副腎皮質機能低下症にも使われている、安全で信頼性の高いお薬です。
使用方法副腎皮質は、ホルモンである鉱質コルチコイドと糖質コルチコイドを生産しています。
副腎皮質の機能が低下してしまうと、鉱質コルチコイドが足りなくなってしまいます。
そうすると、体内の電解質であるナトリウム(塩分)とカリウムのバランスが狂い、色々な不調が出てきます。
症状としては、急に倒れる、ふらつき、嘔吐、下痢、水を飲む量が急激に増え、飲量にあわせて尿の量も増える、食欲減退、体重減少、意気消沈、等があります。
発症する年齢も若年から高齢までと幅広いです。
メスのほうが発症しやすい傾向があります。
あと、秋から冬にかけて発症しやすいといわれています。
圧倒的に犬に多く、猫には少ない病気です。
この病気の原因は色々あり、副腎皮質が、腫瘍に冒された場合、免疫の異常により攻撃を受けた場合、副腎皮質に指令を出す下垂体が病に冒された場合や、長期間にわたり薬を服用しその薬を急に中止、又は急激に減らしたりして起こる医原性の原因もあります。
副腎皮質は、ストレス調整の役目もしており、急激なショックや、耐え難いような強いストレスにさらされた場合に、急性の副腎皮質機能低下症を発症することもあります。
命に関わる場合もあるので、早急な処置が必要とされます。
犬が急に倒れたりした場合は速やかに動物病院を受診しましょう。
急性の副腎皮質機能低下症の場合は、症状や状態が改善されれば、薬の服用は一時ですが、慢性化した場合は、生涯にわたって毎日服用することになります。
アジソン病も他の病気同様に、早期発見、早期治療することで、良い状態を長く維持することが可能です。

ご使用方法

試用期間や用量は、症状や状態(慢性か急性か)、体重によって決まります。
< フロリネフを使用する場合は、自己判断ではなく、必ず獣医師に相談し、その指示を厳守してください。
< 飲ませ方、飲む回数、飲む時間等は、獣医師の指示に従ってください。

副作用

フロリネフは、非常に信頼性の高い安全なお薬で、人間にも動物にも世界中で使われています。
しかし、下記の副作用も報告されています。
高血圧、高ナトリウム血症、低カリウム血症、意気消沈、脱力、むくみ、胃腸障害(下痢・嘔吐)服用後、これらの症状、又は、なんらかの異変が現れた場合は、速やかに動物病院を受診してください。
注意事項 必ず決められた服用量と服用回数を厳守してください。
< 1回に決められた服用量より多く服用した場合は副作用が強く出ることがあります。
< フロリネフを使用する際は、必ず獣医師の相談し、その指示に従ってください。
< 獣医師の指示外の服用中止、減薬、増薬、休薬は、絶対に行わないで下さい。
症状の悪化の原因となります。
< 万が一、服用を忘れた場合は、忘れたことに気づいた時点で、すぐに1回分の用量を服用してください。
< 一度に数回分の服用量を服用しないで下さい。
< 前回の服用から、最低でも6時間は間隔をあけてください。
< 万が一、1回に決められた服用量より多く服用してしまった場合は、速やかに獣医師にご相談下さい。
< 過去に、高血圧と診断された事がある場合は、獣医師にご相談下さい。
< 他の病気で、お薬を服用中、または治療中の場合は獣医師にご相談下さい。
< 高齢、衰弱、妊娠中の場合は獣医師にご相談下さい。
< 過去に、他の副腎皮質低下症のお薬を服用して、アレルギー症状や過敏な反応を起こした事がある場合は、フロリネフの使用できません。
< 直射日光のあたる場所や、高温多湿な場所には保管しないで下さい。
< 動物や子供の手の届かないところに保管してください。
< 個人輸入フロリネフの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。
中身がわからない梱包お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。
局留め対応ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。
発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.