フロントラインプラス小型犬用6本は、体重10kg未満の小型犬用です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

体重10kg未満の小型犬用です。ノミ·マダニ·シラミ及びハジラミの駆除に使用できます。またノミの卵の孵化阻害およびにノミ幼虫の変態阻害によるノミの寄生予防ができます。 ノミ·マダニ·シラミ及びハジラミの駆除に使用できます。またノミの卵の孵化阻害およびにノミ幼虫の変態阻害によるノミの寄生予防ができます。
有効成分:Fipronil(フィプロニル) 100g/LS-Methoprene(S-メトプレン) 90g/L

セット数1箱あたり通常価格  
1箱50835083
2箱47949588
3箱467014010
4箱452218088
10箱424042400

商品の詳細

同じ有効成分(フィプロニル+S-メトプレン)を含む他の医薬品 フィプロフォートプラス大型犬用(6本入り) – 2539円(1箱)~フィプロフォートプラス中型犬用(6本入り) – 1855円(1箱)~フィプロフォートプラス小型犬用(6本) – 1757円(1箱)~フィプロフォートプラス猫用(6本入り) – 1464円(1箱)~フィプロフォートプラス超大型犬用(6本入り) – 2833円(1箱)~ 全て表示 メロニルプラス小型犬用3本 – 1259円(1箱)~メロニルプラス大型犬用3本 – 1396円(1箱)~フロントラインプラス中型犬用 – 4470円(1箱)~フロントラインプラス大型犬用 – 4674円(1箱)~フロントラインプラス超大型犬用 – 5371円(1箱)~メロニルプラス中型犬用3本 – 1119円(1箱)~ ▲隠す 概要従来のフロントラインから1歩進んだ効果を発揮。
わずか24時間でノミの成虫を駆除する フィプロニル。
フィプロニルはペットの皮膚表面の皮脂に広がり24時間以内に全身に行き渡り寄生していたノミだけでなくこれから寄生しようとしていたノミすら寄せ付けません。
24時間でほぼ全ての寄生していたノミを駆除できます。
配合成分のメトプレンがのみの体内に浸透し生き残ったノミまたは産み付けられていたノミの卵が孵化した時も成虫になる前に駆除できます。
メトプレンにはマダニもしっかり駆除してくれます。
マダニによる病原体の感染率が高くなるのは寄生後48時間とされています。
フロントラインプラスは投与後48時間以内にマダニを駆除できるので、マダニが媒介する怖い病気からも守られます。
またシラミとハジラミも約48時間で駆除できると報告があります。
ノミダニ予防について犬や猫のノミやダニ予防は昔に比べ現在では7割方の飼い主様が積極的に行っています。
それは今現在、動物はもちろん人間にも被害があることがニュースなどで取り上げられ、ダニに刺されることで起こる感染症への感心が強まったからだと思います。
主な感染症はリケッチアやウイルスという病原体を保有するだにに刺されることにより起こる病気です。
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、日本紅斑熱、ライム病、回帰熱、バベシア症などがあります。
いずれも、すべてのマダニが保有しているとは限りませんが、刺されたら病気を発症してしまうケースは多いです。
マダニの接触が多いのが草むらです。
人間はそれほど草むらにはいきませんし入る時は予防をしています。
しかし、犬や猫は草むらを好み知らない内にマダニを運んでしまいます。
そのために予防が肝心になってきます。
ですが、病院に行くのは手間だったり、高額だったり、動物を連れていかないともらえないなどと疎遠になる飼い主さんも多いのが現状です。
そして、類似品が出回ります。
類似品なので形などはそっくりですが、中身の成分は全く違います。
動物用医薬部外品のため効果は低く持続もしません。
また治験等も十分でないため製薬が強く、つけた部分が赤くただれ、皮膚病になるケースもあります。
また、目安の体重で用量が違いアレルギー反応が出て亡くなるケースもあります。
愛犬の長生きのためにもきちんと動物病院で処方をしてもらうことを推奨します。

ご使用方法

8週齢以上の犬の肩甲骨間背部(首筋)の被毛を掻き分け、皮膚に直接フロントラインプラスを1本全部塗ってください。
被毛をきちんと掻き分け皮膚に直につかないと効果が薄い場合があります。
シャンプーの前後24時間経っていれば使用できます。
ノミなら2ヶ月に1回、ダニなら1ヶ月に1回の投薬で防ぐことができます。

副作用

投与後に皮膚が赤く腫れたりただれたり、アレルギー反応が出た場合にはすぐに動物病院を受信してください。
食欲減退、元気がなくなる、ぐったりするなど副反応が出る場合があります。
注意事項 生後8週齢に満たない犬には使用しないでください。
犬以外の動物には使用しないでください。
妊娠中·授乳中の犬には使用しないでください。
体重測定をした後、体重にあった用量のものを使用してください。
高齢犬または心臓病など他の疾患がある場合は獣医師にご相談ください。
高温多湿をさけ、風当たりの良いところで保管してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.