プラスドック(プラスグレル)10mgは、狭心症、心筋梗塞でカテーテル治療を行なったときに、血管に設置したステントの周辺に血栓ができないようにするお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

狭心症、心筋梗塞でカテーテル治療を行なったときに、血管に設置したステントの周辺に血栓ができないようにするお薬です。血小板の血を固める作用を抑制する働きがあります。
有効成分:プラスグレル 10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱36803680
2箱25905180
3箱21606480
5箱17768880

商品の詳細

狭心症、心筋梗塞でカテーテル治療を行なったときに、血管に設置したステントの周辺に血栓ができないようにするお薬です。
血小板の血を固める作用を抑制する働きがあります。
日本ではプラスドックと同じ成分のお薬にエフィエント錠(第一三共)があります。
心臓冠動脈が狭くなったことでおきる狭心症や心筋梗塞の治療法としてカテーテル治療があります。
これは、狭くなった血管にステントと呼ばれる金属の網でできたパイプを留置して血管を広げる治療です。
このときにステントの周囲に血小板の凝血作用によって血のかたまりができることがあります。
それを防ぐのがプラスドックで抗血小板薬または抗血栓薬と呼ばれています。
同じ抗血小板薬であるアスピリンと併用されます。
プラスグレルを成分とするプラスドックは他の抗血小板薬より心筋梗塞などの再発率が低いことが比較試験で検証されています。

副作用

も比較的少ないとされています。
プラスドックはステント設置後1日1回服用しますが、服用後は出血したときに血が止まりにくくなるのでは転倒事故や刃物などをあつかう詐欺用には充分な注意が必要です。

ご使用方法

目安として、1日に1回、20㎎を服用します。
そのとに1日に1回、3.75㎎を維持用量として継続服用します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 出血、血が止まりにくくなる、貧血、肝機能の異常など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.