プラミロール(ミラペックスジェネリック) 0.125mgは、パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるお薬で有名な、『ミラペックス』のジェネリック薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるお薬で有名な、『ミラペックス』のジェネリック薬です。成分はプラミペキソールで、ドパミンD2受容体作動のため、日本で最初に特発性レストレスレッグス(むずむず脚症候群)の治療薬として承認
有効成分:塩酸プラミペキソール(Pramipexole Dihydrochloride)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱45804580
2箱32906580

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
プラミロール0.125mgは、パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるお薬で有名な、『ミラペックス』のジェネリック薬です。
成分はプラミペキソールで、ドパミンD2受容体作動のため、日本で最初に特発性レストレスレッグス(むずむず脚症候群)の治療薬として承認されたお薬です。
むずむず脚症候群とは正式名称「レストレスレッグス症候群」と呼ばれるむずむず脚症候群は、名のごとく足がむずむず不快に感じたり、痛みを感じ、足をじっとしていられない衝動にかられる疾患です。
これらの症状は脚の内部にあらわれ、個人差があるものの、しびれ、ほてり、虫が這うよう、と感じる方もいます。
むずむず脚症候群は、座っていたり、じっとしていると症状が強くなり、歩いたり脚を動かすと症状が緩和したり、なくなります。
症状が出やすいのは夕方から夜で、寝ている間に足がぴくぴく動くことがあり、目が覚めたりして睡眠が妨げられます。
むずむず脚症候群の治療には「ドーパミン受容体作動薬」が選択されますが、なかでも、最も使用されているのが成分「プラミペキソール」配合薬です。
プラミロールを含むプラミペキソール配合薬を服用することで、ほとんどの患者さんは日常生活の支障が改善されるとされます。

ご使用方法

下記の服用量はあくまで目安のため、医師の指示に基づき適量を服用します。
【パーキンソン病の治療】 通常、成人で1日0.25mg(2錠)から服用開始し、2週目に0.5mg(4錠)に増量、その後は経過を観ながら1週間ごとに1日の服用量を0.5mg(4錠)ずつ増量して、維持量を定めます。
(標準の1日服用量は1.5~4.5mg)1日の服用量が1.5mg未満の場合、朝夕食後に2回に分けて服用。
1.5mg以上の場合、3回にわけて毎食後に服用します。
【中~高度の特発性レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)の治療】通常、成人で1日1回0.25mg(2錠)を就寝2~3時間前に服用します。
1日の服用量0.125mg(半錠)から開始し、症状に合わせて最大1日0.75mg(3錠)まで適宜増減します。
増量の際は1週間以上の間隔をあけて増量します。

副作用

以下のような副作用が起こる可能性があります。
過敏症状、じんましん、汗、そう痒症、網状皮斑、背中の痛み、発疹、腰痛、CK(CPK)上昇、傾眠、めまい
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.