プリモックス 25mg(ノリトレン錠ジェネリック)は、プリモックスは日本で販売されているノリトレンのジェネリック薬で、有効成分塩酸ノルトリプチリンを配合した抗うつ薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

プリモックスは日本で販売されているノリトレンのジェネリック薬で、有効成分塩酸ノルトリプチリンを配合した抗うつ薬です。気分や意欲の低下に効果があり、抗うつ作用は他のお薬に比べて強力な三環系抗うつ薬に分類されます。
有効成分:塩酸ノルトリプチリン(Nortriptyline Hydrochloride) 25mg


セット数1箱あたり通常価格 
1箱35803580

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
『ノリトレン』のジェネリック医薬品で、気持ちの落ち込み、憂うつな気分を改善し、意欲の低下も改善するうつ病治療薬の抗うつ剤です。
ノリトレンは三環系抗うつ剤に属し、うつ病治療の作用はとても強く、高い効果が期待できる抗うつ剤ですが、反面お薬による副作用がSSRIやSNRIより出やすい特徴があります。
過度なストレスが原因でうつ病を発症すると、気分が落ち込み、悲観的な考えを持つようになり、仕事、趣味、人間関係など、ゲンキな時は自然に楽しめていたことが億劫になります。
またうつ病の患者は集中力がかける傾向があり、夜ベッドに入ってもなかなか眠れない入眠困難や、深夜や早朝に目が覚めて眠れなくなるなど不眠症の症状がよく現れます。
うつ病の原因は脳内で分泌される「神経伝達物質」のセロトニンやノルアドレナリンが低下することで、ノリトレンを含む抗うつ剤は、それら脳内伝達物質の分泌量を増やすことで気分の落ち込み、意欲低下を徐々に改善します。

ご使用方法

服用開始時はノリトレンを1回10~25mgを目安に1日に3回服用します。
もしくは、1日の服用量を2回に分けて服用することもあります。
服用開始後は症状の改善や副作用に注視し、必要に応じて増量します。
1日の最大服用量は150mg相当以下とされていますが、服用に関しては医師の指示を守ります。
効能効果うつ病の治療(気分の落ち込み、憂うつ感、意欲の低下など)副作用主要な副作用は、眠気、口のかわき、めまい、便秘、立ちくらみなど三環系の抗うつ剤の一般的な副作用が出る可能性があります。
有効成分 塩酸ノルトリプチリン(Nortriptyline Hydrochloride) 25mg 内容量 100錠
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.