プリモルトN(ノルエチステロン)は、プロゲステロンの欠乏が原因で起こる月経周期異常や月経量異常、月経困難症、機能性子宮出血を治療するお薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

プロゲステロンの欠乏が原因で起こる月経周期異常や月経量異常、月経困難症、機能性子宮出血を治療するお薬です。ノアルテンのジェネリック医薬品です。
有効成分:ノルエチステロン(Norethisterone) 5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱46624662
2箱36817362
3箱32949882
5箱303915195

商品の詳細

プリモルトNは、月経周期異常(稀発月経、多発月経)や月経量異常、月経困難症、機能性子宮出血を治療するお薬です。
排卵後に分泌される物質を補うことにより、子宮粘膜を受精卵が着床しやすいようにするはたらきがあります。
月経周期の変更(短縮及び延長)にも使用されることがあり、経口避妊薬や閉経期のホルモン療法などの婦人科の治療に用いられています。
プリモルトNは「プロゲスチン(黄体ホルモン)製剤」に分類されるお薬で、有効成分としてノルエチステロンが配合されています。
ノルエチステロンはプロゲスチンのなかでも安全性が高く、多くの配合剤においても使用されています。
プロゲスチンとは、人工的に合成された黄体ホルモン作用を持つ物質のことをあらわしています。
プロゲスチンの構造はステロイド骨格からなるため、各種ステロイドホルモンに対して影響があることが知られています。
例えば、アンドロゲン作用を持っているプロゲスチンでは、ざ瘡(ニキビ)や脂質代謝への影響を考慮しなくてはなりません。
ノルエチステロンは1951年に発見された成分で、最初に開発されたプロゲスチンの1つです。
第一世代プロゲスチンとよばれることもあり、世界中で幅広く販売されています。
アンドロゲン作用とエストロゲン作用を持っていることが知られており、ざ瘡などの副作用がおこることがあります。
国内では第二世代のプロゲスチンとしてレボノルゲストレルが、第三世代のプロゲスチンとしてデソゲストレルが使用されています。
また、あたらしいタイプの薬剤として、アンドロゲン作用を持たないプロゲスチンであるジエノゲスト(ディナゲスト)も発売されています。

ご使用方法

成人では、ノルエチステロンとして1日5~10mgを1~2回に分けて服用してください。
月経周期延長に用いる際は、1日5mgを月経予定5日前から服用し始め、 月経周期延長希望日まで連続で服用してください。
月経周期短縮に用いる際は、1日5mgを卵胞期から数日間連続で服用してください。

副作用

肝機能異常、悪心、嘔吐、過敏症、発疹、食欲不振、下痢、腹痛、不正出血、子宮点状出血、ざ瘡(ニキビ)などアナフィラキシー、呼吸困難、蕁麻疹、血管浮腫、そう痒感など禁忌・併用注意重篤な肝障害・肝疾患のある方、 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人女性ホルモンが配合された薬剤(低用量ピルなど)など※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意一部の疫学調査では、黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係がわかっているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人は本剤を服用しないようにしてください。
眠気やめまいが起こる可能性があるので、本剤を服用中は車の運転や高所作業には、十分注意するようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.