プレマリン0.625mg(84錠)は、1番有名なホルモン剤のジェネリック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

1番有名なホルモン剤のジェネリック!更年期障害やMTFさんの女性らしさ維持に。
有効成分:結合型エストロゲン0.625mg(Conjugated Estragens)


セット数1箱あたり通常価格  
1箱58805880
2箱509010180
3箱459313779
5箱399619980

商品の詳細

プレマリン0.625mgは有効成分として結合エストロゲン0.625mgを含有する女性ホルモン製剤です。
女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、この2つのホルモンの増加減少を繰り返すことで生理周期が作られます。
エストロゲンは主に卵巣から分泌されるホルモンで、正常な月経周期や排卵を維持したり女性の子宮や性器の発育、乳房のふくらみなどを促す他、脳や精神、骨、筋肉、間接、胃腸の働きなどにも大きな関わりを持つ女性ホルモンです。
プレマリンの有効成分である結合エストロゲンはこのエストロゲン製剤であり、体内で不足したエストロゲンを経口服用で補充します。
主に更年期障害、卵巣欠落症状や卵巣機能不全症の治療など女性ホルモン補充療法にプレマリンが広く用いられています。
その他、腟炎や機能性子宮出血、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。
更にプレマリンを長期間服用を続けることで骨量増加と骨粗鬆症の予防効果も期待できます。
卵巣機能不全症は不妊症の原因となる疾患で、生理が来なかったり排卵が起こらないため妊娠することが難しい状態です。
プレマリンを服用してエストロゲンを補充することでホルモンバランスが整い生理周期が正常化し、妊娠確率が高まることが期待されます。
卵巣欠落症状はエストロゲンの低下によって生理が来なくなり更年期障害のような症状が起こることを言います。
この場合もプレマリンによるエストロゲンの補充で症状を改善することが可能です。
更年期障害は加齢に伴う卵巣機能の低下で、50歳前後に起こる閉経によってエストロゲンが急速に減少することでホルモンバランスが崩れ心身に様々な不快な症状(疲労感、不眠、火照り、のぼせ、頭痛、めまい、不安感など)が起きることを言います。
この場合もプレマリンがエストロゲンを補充することで症状を改善することが可能です。
通常は黄体ホルモン製剤と併用することが多いです。
プレマリンが有効な症状更年期障害による心身の不快な症状全般、女性らしい体やバストのハリ、骨粗鬆症の予防、更年期による膣の潤いの低下や性行痛、肌のハリやツヤの改善。
性同一性障害の男性が女性として女性の容姿・体型を維持するための女性化にもプレマリンなど女性ホルモン剤が使用されます。

ご使用方法

プレマリンを通常成人はは1日1~2錠(0.625mg~1.25mg)を服用します。
機能性子宮出血や腟炎の場合は1日1~6錠を服用します。
疾患や年齢、症状により適宜増減するため必ず医師の指示通りの用法用量でプレマリンを服用してください。

副作用

プレマリンの副作用は少ないですが、乳房の張りや乳房痛、性器出血、吐き気、むくみ、体重増加などの症状が報告されています。
症状は軽度であることが多く、次第に慣れてくるためさほど心配いりませんが、症状が重い場合はすぐ医師に相談してください。
またプレマリンはじめピルなど女性ホルモン製剤には重大な副作用として血栓症があります。
手足の痛みや痺れ、突然の息切れ、胸痛み、激しい頭痛、視力低下などが血栓症の前兆なので、万が一そのような身体の異常をきたしたら服用中止してすぐ受診してください。
エストロゲン依存性腫瘍(乳癌や子宮癌など)及びその既往症、血栓性静脈炎や心筋梗塞などの血栓性疾患、未治療の子宮内膜増殖症、重い肝臓病、妊娠中の方はプレマリンを服用できません。
子宮筋腫、子宮内膜症、乳房結節、乳腺症、心臓病、腎臓病、肝臓病、糖尿病、てんかん、全身性エリテマトーデス、片頭痛、手術前4週以内、寝たきりや長期間体を動かせない状態にある方はプレマリンの服用に慎重な注意が必要です。
また、プレマリンの服用を開始する前に乳房と子宮に異常がないか調べる必要があります。
プレマリンの数年単位の長期に渡る服用によって乳癌や子宮癌になる確率が上がる恐れがありますが、黄体ホルモン薬との併用でむしろリスクが減少するという報告があります。
まだはっきりとは分かっていないので、自己判断での安易な蔓延的な服用は避けてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.