プロザックは、うつ病等に有効な成分である塩酸フルオキセチンを配合した、安価なジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

うつ病等に有効な成分である塩酸フルオキセチンを配合した、安価なジェネリック医薬品です。うつ病の他、全般性不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの治療に使用されます。セロトニンの再取り込みを阻害し、濃度を上昇させるSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)に属します。
有効成分:Fluoxetine(フルオキセチン)20mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱32803280
2箱20404080
3箱16274881
5箱12366180

商品の詳細

「プロザック」はアメリカのイーライリリー社からカプセル剤として発売されている医薬品です。
主成分である「フルオキセチン(Fluoxetine)」は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の1つであり、主として、うつ病・うつ状態の治療、強迫性障害の治療、神経性拒食症、パニック障害の治療に有効とされています。
なお、日本では未承認であり販売されておりません。
プロザックは1988年に発売され世界中で2000万人以上の方々が使用していると言われています。
それまでの抗うつ剤は、重度の鬱病患者以外には処方できませんでしたが、プロザックは軽度から中度の患者に対して一般の抗うつ剤と同等またはそれ以上の効果が認められたことから、落ち込みや気分が重いといった比較的症状の軽い患者にも処方されるようになりました。
アメリカでは、プロザックの使用によりビジネスマンが積極的になれた、自信が出て友人が増えたという評判から、多くの方々が服用しています。
またプロザックは、半減期が緩やかで、時間を掛けて効果が現れるように作られていることから、依存症になりにくいという特性も持っています。
プロザックと抗うつ剤のよくある質問
●プロザックは何のお薬ですか?SSRIに属する抗うつ剤で、うつ病、抑うつ状態のほかに、不安障害、強迫性障害、摂食障害の治療にも使われます。
●SSRIとはなにですか?SSRIは「選択的セロトニン再取込阻害薬」という意味で、三環系抗うつ剤の後に開発された副作用の少ない抗うつ剤です。
脳内伝達物質のセロトニンを増やす作用があります。
●プロザックの特徴は?安全性の高い抗うつ剤で、プロザックが開発されてから比較的軽症のうつ病にも抗うつ剤が用いられるようになりました。
アメリカでは「気分を明るくする薬」として有名になり、一時は安易に使われすぎるという批判が起きたほどです。
●プロザックがWHOの必須医薬品リストに載っているとは、どういう意味ですか?必須医薬品とは開発途上国でも備えておくべき最小限度必要ない医薬品としてWHO(世界保健機構)が選定した300品目の薬です。
●プロザックは日本でも処方されていますか?日本では未承認の抗うつ剤なので日本の病院では処方されていません。
●プロザックは過食症にも効果があるのですか?よく効く薬がないと言われてきた過食症ですが、アメリカFDAはプロザックを過食症の治療薬として承認しました。
●プロザックの服用方法は?1日1回、朝に服用します。
服用量は20mgから始めて、症状に応じて徐々に増量します。
最大で1日80mgまで増量できます。
●プロザックの増量はどれくらいのペースで行なうのですか?1週間以上間隔を空けながら20mg単位で少しずつ増量します。
●プロザックの効果はどれくらいで現れますか?効果の現れは、服用を開始してから2~3週間かかります。
●プロザックは薬の効き目が出だすのが遅いのですか?プロザックは効き目がおだやかで依存性が少ないぶん、薬の効果が現れるのが遅いという特徴があります。
人によっては効果が出るまでに1~2カ月かかることがあります。
●プロザックは副作用がありますか?プロザックはSSRIのなかでもセロトニン選択性が強く副作用が少ないお薬ですが、人によって吐き気、便秘、口の渇き、眠気などの抗うつ剤特有の副作用があります。
とくに飲みはじめの時期はこのような副作用が出やすいので注意してください。
●プロザックは薬を止めるときに離脱症状がありますか?抗うつ剤はどのお薬も急激に薬の量を減らしたり断薬すると離脱作用といわれる強い副作用が出ます。
プロザックにもは離脱作用はあるので、薬を止めるときはじょじょに服用量を減らしながら慎重に行ないます。
●プロザックと併用できない薬はありますか? 抗パーキンソン病薬のMAO阻害薬は併用できません。
プロザックの服用をやめた後も5週間はMAO阻害薬を服用できません。
効果効能主としてうつ病・うつ状態の治療、強迫性障害の治療、神経性拒食症、パニック障害など使用方法通常、成人では1日1回朝20mgの服用から開始し、数週間続けて効果の見られない場合は少量ずつ、最高80mgまで増量することができます。
その場合、服用は朝1回または朝・昼2回に分けて服用して下さい。
なお、症状の程度や使用年齢等によって、服用する量や期間が決まります。
服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

副作用

プロザックの主な副作用には、吐き気、頭痛、神経痛などが報告されています。
それ以外にも眠気、腹痛、下痢、口の渇き、めまい、睡眠障害、奇妙な夢、発汗、視力変化等がありますが、これらの症状のほとんどは、服用中止後または時間の経過によって軽減されます。
使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、決してプロザックを服用なさらないで下さい(禁忌)> ・本剤に含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある ・重度の腎不全の患者 ・MAO阻害剤の投与を受けている方 ・副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.