プロバンサインは、プロバンサインは神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑える薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

プロバンサインは神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑える薬です。全身の汗を抑えて多汗症を改善するほか、胃腸の異常な運動を抑えることで腹痛などを軽減します。また、夜尿症(おねしょ)の治療にも用います。
有効成分:臭化プロパンテリン(Propantheline)


商品の詳細

季節を問わず、手や顔、背中、ワキなど発汗がとまらない多汗症の症状に。
プロバンサインはアールピージーライフが販売する多汗症に服用する抗コリン薬です。
人には自律神経という体の機能をコントロールする仕組みがあります。
この自律神経は、活動している時に働きが強まる交感神経と、リラックス時に強まる副交感神経という、相反する二つの神経のバランスにより成り立ちます。
副交感神経が優位になると、呼吸がゆっくりとなる、胃腸の運動が活発になる、血圧が下がる、膀胱が収縮して尿がでる、といった反応になります。
プロバンサインは、アセチルコリンの働きを抑えて、副交感神経による刺激を弱める作用があります。
これを、抗コリン作用と呼びます。
胃腸の異常な運動(収縮)により引き起こされる痛みや胃液の分泌を減らせるので、胃・十二指腸潰瘍や胃酸過多症、胃腸炎、過敏性腸炎などの症状を抑えることができます。
また、汗腺はアセチルコリンが作用しています。
プロバンサインの薬の効果が続く間は全身の発汗が抑えられるので、手のひら、足の裏、脇の下、頭や顔などに、日常生活に支障を来たすほどの大量の汗をかく多汗症の改善に使用します。
また、脇の汗による洋服ジミにお困りの方や、汗による臭いが気になる方にも有効です。
その他、抗コリン作用により膀胱の収縮を抑えられます。
おしっこの回数を減らしたり、膀胱に尿をためやすくする効果があるので、夜尿症や遺尿症の治療にも使います。

ご使用方法

通常、成人は1回1錠、プロパンテリン臭化物として15mgを1日3~4回服用します。
なお、年齢や症状により適宜増減します。
服用後1時間程度で効果を現れはじめ、効果は4~5時間程度持続するようです。
なお、プロバンサインの服用中は汗が出にくくなるので、熱がこもって頭痛やめまいを感じることがあります。
高熱の場所での作業や激しい運動はできるだけ避け、水分をこまめに補給するなど、熱中症にならないように注意してください。
また、抗コリン作用により、目のかすみ、口の渇き、便秘などが起こることがあります。
これらの症状が強いときは服用量を調節してください。
汗は体温の調節に重要な役割を担っています。
体温が高くなると汗が出て、肌の上で蒸発するときに熱が奪われ、結果として体温が下がります。
しかし、日本人の7人に1人は、体温調節とは関係なく大量に汗をかく多汗症に悩んでいるようです。
多汗症になる原因はいろいろ挙げられますが、肥満、人間関係や環境の変化などのストレス、食生活、ホルモンバランスの乱れ、遺伝や体質、病気などが考えられています。
単なる汗っかきと思われがちですが、服がびしょびしょになったり、手にしたノートが破れたりして、日常生活に影響が出ます。
さらに、汗が気になるとそれがストレスになり、余計に発汗することがあります。
プロバンサインは全身の発汗を止めることで、多汗症の症状を抑えてくれます。
多汗症の他の治療法で効果が出なかった方にお勧めです。
プロバンサインのよくある質問
●プロバンサインとは何のお薬ですか?抗コリン薬と呼ばれる多汗症の汗を抑える内服薬です。
●どんな効果がありますか?プロバンサインは服用してから数時間、多汗症の異常な汗を抑える効果があります?
●多汗症そのものを治す作用はありますか?いいえ、多汗症を根本的になお薬ではありません。
●プロバンサインの成分は何ですか?抗コリン剤の1つの臭化プロパンテリンという物質です。
汗腺を刺激して汗を出させるアセチルしコリンという神経伝達物質の放出を阻害して、汗を抑制します。
●プロバンサインは服用してからどれくらいで効果が出ますか?30分~1時間で効果が出ます。
●汗を抑える効果はどれくらい持続しますか?約5時間持続します。
●いつ飲んだらいいのですか?食前の空腹時に服用すると効果が良く出ます。
●毎日服用するお薬ですか?効果を持続させるには1錠15mgを1日3~4回服用する必要がありますが、毎日習慣的にそのような服用をすることは奨められません。
人前などで大量の汗をかくと困るときに服用し、週末は休薬するなどで、なるべく服用回数をおさえるようにしてください。
●プロバンサインに副作用はありますか?人によって口の渇き、便秘、胃部不快感、目のかすみ、排尿障害、ねむけなどが出ることがあります。
●抗コリン薬服用にあたって注意することは?汗を抑える薬なので、夏は熱中症に注意してください。
●プロバンサインを服用できない人はいますか?緑内障、排尿障害を治療中の人は服用できません。
●妊娠中は使用できますか?妊婦についての治験のデータがないので、安全性は核にされていません。
そういう意味で妊娠中は使用を中止するのが原則ですが、多汗症の症状が辛い場合は医師に相談してください。
●併用できない薬はありますか?抗うつ剤を使用している人はプロパンサインの服用は医師に相談してください。
●多汗症とはどんな病気ですか?おもに頭、顔、わきの下、手のひら、足の裏に、日常生活に支障をきたすくらいの大量の汗をかく病気です。
思春期に発症するケースがほとんどです。
●汗っかきと多汗症は違いますか?多汗症は単なる汗っかきとは明らかに違う大量の汗(例えば握手しようとすると掌から汗が滴るなど)をかきます。
●多汗症の原因は何ですか?くわしいことは分っていませんが、心因性の病気ではなく自律神経の失調が原因と考えられています。
●内服薬以外にも治療法はありますか?わきの下などに塗って汗を抑える「塩化アルミニウム外用療法(パースピレックス)」、電気刺激で汗腺の出口を小さくする「イオントフォレーシス療法」、ボトックス注射などがあります。
●プロパンサインはどうやって入手するのですか? 一般の薬局では販売していないので、病院の皮膚科で処方してもらうか、個人輸入代行業者を通じて個人輸入します。
プロバンサインの強み副交感神経を抑制して、消化管など内臓の筋肉(平滑筋)のけいれんを抑制する作用があるので、胃・十二指腸潰瘍、胃炎などの痛みをやわらげます。
また、胃液の分泌を抑制する作用もあるので、胃・十二指腸潰瘍の治療に役立ちます。
また、プロバンサインは腸炎、膵炎などの痛みや夜尿症、多汗症などにも用いられます。

副作用

プロバンサインは全身への抗コリン作用があるので、副作用が起こることがあります。
まず、目のかすみや眩しいといった目の調節障害の症状が出ることがあります。
また、頭痛やめまい、眠気や眠れないという症状も報告されています。
他には、口の渇きや便秘、胸の圧迫感や動悸を感じることもあります。
そして、発疹、尿が出にくい、ほてりや顔の赤みの症状が現れることもあります。
特に、高齢の方ではこれらの症状が出やすくなりますので、服用中の体調には十分に気を付けてください。
また、妊娠中の方の服用は安全性が確かめられていないので、服用は避けましょう。
乳児や子供に対する安全性も確かめられていないので、使用しないでください。
使用・併用禁忌緑内障の方は眼圧が上がって症状を悪化させる恐れがあるので服用できません。
前立腺肥大による排尿障害のある方、重い心臓病の方、麻痺性イレウスの方も症状を悪化させる可能性があるので、服用しないでください。
また、うつ病などの治療に使う、三環系抗うつ薬やモノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤と一緒に服用すると、プロバンサインの作用が強く出る恐れがあるので注意してください。
ジゴキシン、メチルジゴキシンとの飲み合わせにも注意が必要です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.