プロペシアジェネリック1mg10錠(フィナステリド)は、AGA(男性型脱毛症)治療において効果と実績があるフィナステリドを1mg配合した、安価なジェネリック医薬品です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

AGA(男性型脱毛症)治療において効果と実績があるフィナステリドを1mg配合した、安価なジェネリック医薬品です。効果も実証されており、かつ費用も安いため、治療が長期に及ぶAGA治療にうってつけの薬です。
有効成分:フィナステリド(フィナステライド)1mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31293129
2箱20374074
3箱16034809
5箱12566280

商品の詳細

※こちらの商品は簡易箱にて配送させていただいております。
プロペシアジェネリックは、AGA(男性型脱毛症)を治療するお薬です。
ホルモンのバランスを整えて、髪の毛が薄くなることをおさえる働きがあります。
「5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬」という分類のお薬で、フィナステリド1mgを有効成分として含有する医薬品です。
医療用医薬品でも同名の「プロペシア」として用いられており、AGAの治療においては必ずと言っていいほど処方されているお薬です。
プロペシアジェネリックの成分であるフィナステリドは、当初は前立腺肥大症の治療薬として研究が進められていました。
5α-還元酵素Ⅱ型を選択的に抑制することによって、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換過程を阻害します。
これによって、脱毛を防止するものと考えられています。
フィナステリドは、試験管レベルの実験において、ヒト遺伝子組換え5α-還元酵素Ⅱ型を阻害して、緩徐に酵素との安定な複合体を形成することがわかっています。
動物実験においても効果が認められており、男性型脱毛症モデル動物であるベニガオザルにおいて、ジヒドロテストステロンの低下を伴った発毛作用を示しました。
さらに、ハムスターまたはラット由来のステロイドホルモン受容体に対する親和性を示さず、ヒト又はラット由来の5α-還元酵素以外のステロイドホルモンの生合成酵素に対する阻害作用は極めて弱いものでした。
その他のホルモンに対する作用としても、マウス、ラットまたはウサギにおいて、エストロゲン様作用、抗エストロゲン作用、ゴナドトロピン分泌抑制作用、アンドロゲン様作用、プロゲスチン様作用及び抗プロゲスチン作用を示しませんでした。
これにより、薄毛治療以外の影響は極めて小さいものであると考えられます。
使用方法効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
男性における男性型脱毛症の進行遅延 (本剤は男性における男性型脱毛症のみ使用可能です。
女性や20歳未満の男性に対する有効性は確立されていません。
) 男性成人には、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与するようにしてください。
(必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とするようにしてください。
) 本剤は3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もありますが、十分な効果を期待するためには通常6ヵ月の連日投与が必要です。
効果を持続させるためには、継続的に服用するようにしてください。
また、本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には、投薬の中止を検討するようにしてください。
6ヵ月以上投与する場合であっても、定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討するようにしてください。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。
副作用副作用としては「肝機能障害、リビドー減退(性欲減退)、勃起機能不全(ED)」などが報告されています。
禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人」とされています。
肝疾患を有する方、又はその既往歴のある方は、肝障害が発現又は増悪する恐れがあるので、投与する場合は定期的に肝機能検査を実施するようにして下さい。
前立腺肥大症患者を対象にした臨床試験(フィナステリド5mg)では、高齢者と非高齢者において副作用発現率に明らかな差は認められていません。
しかし、一般的に高齢者では生理機能が低下しているので、服用する際には十分に注意するようにしてください。
市販の育毛剤で効果が限定的な理由薬局や楽天などで購入できる日本国内のみで宣伝・販売されている「市販の育毛剤」には、米国FDA、日本皮膚学会が推奨する、育毛、発毛成分「ミノキシジル」や脱毛防止成分の「フィナステリド(プロペシアジェネリックの成分)」は一切含まれておりません。
病院での育毛治療にはミノキシジルとフィナステリドの併用が一般的で、市販の育毛剤などは使用しません。
脱毛の原因になる男性ホルモンとは精巣から分泌される男性ホルモン(TH)は、男らしい体つきや行動欲求、性衝動などを形成するはたらきをしています。
しかしこのTHがある酵素によってジヒドロ・テストステロン(DHT)に変換されると、脱毛を促進するという迷惑なはたらきをするようになります。
遺伝的な理由などでDHTがたくさん作られる男性は、早い人で20代から頭頂部やひたいの生え際の脱毛が多くなります。
これが男性型脱毛症(AGA)です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.