プロペシアジェネリック1mg10錠(プロスカルピン)は、プロペシアジェネリックは抜け毛を減らして髪を成長させる飲み薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

プロペシアジェネリックは抜け毛を減らして髪を成長させる飲み薬です。有効成分のフィナステリドが男性型脱毛症(AGA)の原因とされる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるので、脱毛がとまります。
有効成分:フィナステリド(フィナステライド)1mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱22802280
3箱8602580
5箱6363180
10箱4484480

商品の詳細

プロペシアジェネリック(プロスカルピン)は有名なAGA治療薬プロペシアの低価格ジェネリック医薬品です。
インドのジェネリック製薬会社最大手のシプラ社の製品です。
成分はフィナステリドで、男性ホルモンの1種DHTが原因で起きる男性の脱毛を予防します。
日本皮膚科学会がAGA治療薬として「推奨度A」にしている薬で、この薬の開発がきっかけで病院に「発毛外来」ができました。
AGAの治療は長期間に及ぶので、低価格のジェネリックであるプロペシアジェネリック(プロスカルピン)には大きなコストメリットがあります。
プロペシアジェネリック(プロスカルピン)の有効成分のフィナステリドが男性ホルモンDHTを抑制して脱毛を予防します。

ご使用方法

1日1回、0.2~1.0mg(1/5~1錠)を服用します。
必要に応じて適宜増減できますが、増量により必ずしも効果が高くなるという事はありません。
また1日1mg以上の服用は行わないで下さい。
3ヶ月の連日投与によって効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで通常6ヶ月の連日投与が必要と考えられています。

副作用

発疹、そう痒症、顔面腫賑、口唇腫賑、じんましん、などプロペシアジェネリック(プロスカルピン)の使用上の注意 脱毛が目立つようになったとき、頭頂部などの地肌が透けて見えはじめたときに、なるべく早く服用を開始してください。
薄毛がはじまって何年かたっている人も、早めに服用を開始してください。
発毛を促進するミノキシジルの外用育毛剤と併用すると、効果が高まります。
男性ホルモンにはたらきかける薬なので、女性は服用できません。
市販の育毛剤で効果が限定的な理由薬局や楽天などで購入できる日本国内のみで宣伝・販売されている「市販の育毛剤」には、米国FDA、日本皮膚学会が推奨する、育毛、発毛成分「ミノキシジル」や脱毛防止成分の「フィナステリド(プロペシアジェネリック(プロスカルピン)の成分)」は一切含まれておりません。
病院での育毛治療にはミノキシジルとフィナステリドの併用が一般的で、市販の育毛剤などは使用しません。
脱毛の原因になる男性ホルモンとは精巣から分泌される男性ホルモン(TH)は、男らしい体つきや行動欲求、性衝動などを形成するはたらきをしています。
しかしこのTHがある酵素によってジヒドロ・テストステロン(DHT)に変換されると、脱毛を促進するという迷惑なはたらきをするようになります。
遺伝的な理由などでDHTがたくさん作られる男性は、早い人で20代から頭頂部やひたいの生え際の脱毛が多くなります。
これが男性型脱毛症(AGA)です。
フィナステリドの脱毛予防作用プロペシアジェネリック(プロスカルピン)の成分のフィナステリドは、THをDHTに変える5αリダクターゼという酵素のはたらきを阻害することで、脱毛を減らします。
フィナステリドはもともと前立腺肥大の薬に使われていた成分ですが、この薬をのんでいる人たちの髪が濃くなってくることが分って、AGAの治療薬として開発されました。
アメリカで1997年に承認され、日本でも2005年に承認されています。
育毛をサポートする日常生活の注意点育毛にもっとも大切なのは、血管を健康にたもち、毛根への血流をよくすることです。
そのためには次のような生活習慣がポイントになります。
高血圧、高血糖値などの生活習慣病に注意して、血管を健康にたもつ。
皮膚への血行をわるくする睡眠不足、ストレスの蓄積に注意する。
タバコを喫わない。
ニコチンは毛細血管を収縮させます。
頭皮を清潔にたもつ。
ただし洗いすぎは頭皮を乾燥させて逆効果になります。
バランスのとれた食生活をする。
使用上の注意<以下に1つでも該当する方は、決して服用なさらないで下さい(禁忌)。
>本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人肝機能障害の既往がある方は、医師にご相談下さい。
過剰量を服用した場合、直ちに医師に相談して下さい。

副作用

および使用上の注意はここに記載の限りではありません。
プロペシアジェネリック(プロスカルピン)のコーティングにつき現在配送しておりますプロペシアジェネリック(プロスカルピン)には、コーティングにキノリンイエローが含まれております。
キノリンイエローは、日本市場では不許可添加物ですが、欧米では問題ない成分として許可されています。
キノリンイエローを含まないプロペシアジェネリックをご希望の場合には、フィナロ、フィンカーなどを検討ください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.