ベタキソン点眼液は、眼圧を下げて緑内障の進行を止める目薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

眼圧を下げて緑内障の進行を止める目薬です。加齢とともに患者が増える緑内障の多くは正常眼圧で発症する原因不明の病気ですが、眼圧を下げることによって進行を遅らせることができます。
有効成分:塩酸ベタキソロール0.5%


セット数1箱あたり通常価格  
1箱32803280
2箱21404280
3箱16935079
5箱13766880

商品の詳細

眼圧を下げて緑内障の進行を止める目薬です。
加齢とともに患者が増える緑内障の多くは正常眼圧で発症する原因不明の病気ですが、眼圧を下げることによって進行を遅らせることができます。
日本ではぺトピック点眼薬と同じ成分のお薬に、ベタキソン(日本点眼薬)があります。
緑内障は視神経が障害されることで視野が欠ける進行性の病気です。
眼球の房水過多により眼圧が高くなることが原因とされていますが、実際には正常眼圧で発症するケースが多く詳しい原因は分かっていません。
日本緑内障学会の調査によると40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっているといい、全国の推定患者数は400万人におよびます。
初期段階では自覚症状がありませんが、進行すると失明にいたる病気です。
ぺトピック点眼薬はβ遮断薬と呼ばれるお薬で、目の毛様体で作られる房水を減らす作用があり、それによって眼圧を下げます。
正常眼圧の緑内障も眼圧を下げることによって進行を遅らせることができます。
目の血流を良くする効果もあります。
有効成分の塩酸ベタキソロールは内服薬としても使われています。
内服薬には血圧を下げる作用があり、狭心症の治療などに用いられます。

ご使用方法

1日に2回、1滴ずつ点眼します。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意 しみる、不快感、霧視、充血、目やに、じんましん、頭痛、かゆみなど。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.