ベトネベートスキンクリームは、ステロイド剤の強さ:3群【強い】のステロイド剤で様々な皮膚炎や湿疹などの改善に

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ステロイド剤の強さ:3群【強い】のステロイド剤で様々な皮膚炎や湿疹などの改善に
有効成分:Betamethasone Valerate(ベタメタゾン吉草酸エステル)0.1%w/v


セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
3箱10273081
5箱7363680
10箱4384380

商品の詳細

ステロイド剤の強さ:3群【強い】ベトネベートスキンクリームは、皮膚に塗るタイプのお薬で、様々な働きを持つ医薬品です。
湿疹や皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚の症状において、炎症をおさえ、腫れや痛み、かゆみなどを改善するお薬です。
「副腎皮質ステロイド」という分類のお薬で、有効成分としてBetamethasone Valerate(ベタメタゾン吉草酸エステル)0.1%w/vを含有しています。
強力な抗炎症作用を有しており、塗り薬の中でも皮膚の症状を著しく改善させることが可能です。
医療用医薬品でも「ベトネベート」として用いられているお薬で、まだまだ医師の処方の多いお薬なのです。
(医療用医薬品では 0.12%の規格で用いられて いますので、ご注意ください。
) ベトネベートに代表されるステロイド外用薬はその強さから5段階に分類されています。
これらは強いものから順に「ストロンゲスト(最強)」「ベリーストロング(かなり強力)」「ストロング(強力)」「マイルド(中程度)」「ウィーク(弱 い)」と分類されています。
ベトネベートはこの中で、3番目に位置する「ストロング(強力)」に位置付けられてい ます。
これらのステロイド外用薬を用いる際には、長期連用による局所の副作用に注意して、妊婦・小児・高齢者などでは慎重に使用しなくてはなりません。
また、顔面や頸部、腋窩(わきの下)、陰部は皮膚が薄く、副作用を生じやすいため、効力の弱いものを用いるか、使用回数を減らす必要があります。
皮疹の改善 に伴って強さのランクを下げた製剤に変更したり、塗布の回数を減らす必要もあります。
ランクの高い強力なものでは、多量の使用や長期的な使用によって、皮膚の萎縮や口の周りの炎症などの局所的な副作用のみならず、副腎機能の低下などの全身的 な作用も問題とされています。
効能・効果は下記のとおりです。
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、女子顔面黒皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)。
皮膚そう痒症。
痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)。
虫さされ、乾癬、掌蹠膿疱症、扁平苔癬、光沢苔癬、毛孔性紅色粃糠疹、ジベルバラ色粃糠疹。
紅斑症(多形滲出性紅斑、結節性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)。
紅皮症(悪性リンパ腫による紅皮症を含む)。
慢性円板状エリテマトーデス。
薬疹・中毒疹。
円形脱毛症(悪性円形脱毛症を含む)。
熱傷(瘢痕、ケロイドを含む)。
凍瘡、天疱瘡群。
デューリング疱疹状皮膚炎(類天疱瘡を含む)。
痔核、鼓室形成手術・内耳開窓術・中耳根治手術の術創。
当ステロイド剤の強さ ステロイドの強さは5段階のうちII群のベリーストロング(かなり強い)タイプです。
強さ 製剤 ステロイド商品名 I群 Strongest: SG (もっとも強力) ジフロラゾン酢酸エステル プロピオン酸クロベタゾール ジフロラゾン酢酸エステル テノベート ジフラール デルモベート ハロベートクリーム ハロベート軟膏 II群 Very Strong: VS (かなり強力) ジプロピオン酸ベタメタゾン 吉草酸ジフルコルトロン 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン リンデロンDP ネリゾナ アンテベート ベトネベートS ベトネベート・スキンクリーム III群 Strong: S (強力) 吉草酸ベタメタゾン・フラジオマイシン 吉草酸ベタメタゾン 硫酸フラジオマイシン フルオシノロンアセトニド ベトネベートN リンデロンV フルコート フルコートN タコロスフォルテ軟膏 IV群 Medium: M (中) トリアムシノロンアセトニド プロピオン酸アルクロメタゾン トリアムシノロンアセトニド レダコート アルメタ ケナログ ゾフルットクリーム V群 Weak: W (弱) 酢酸プレドニゾロン 酢酸デキサメタゾン ヒドロコルチゾン・クロタミトン プレドニン オイラックスH テラ・コートリル 使用方法 通常1日1~3回、炎症のある患部に少量を塗布してください。
症状により容量を増減してください。
クリームを塗る際は、強くすりこんだりせず、やさしい力加減で塗布してください。
主な副作用 副作用としては「眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障、皮膚感染症」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
禁忌は「本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方、細菌皮膚感染症・真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染 症、及び動物性皮膚疾患 (疥癬、けじらみ等)、3.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎、潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷」とされていま す。
このお薬では、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人に対しての投与において、安全性が確立していません。
大量または広範囲にわたる長期の使用をする際には、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
小児においても、大量またや長期の使用により、発育障害をきたす可能性が報告されています。
特に、は密封法(ODT)やおむつ内の使用に おいては、効果や副作用が強く出る恐れがあるので、控えるようにしてください。
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。
上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
アトピー性皮膚炎とは アトピー性皮膚炎は、気管支喘息、アレルギー性鼻炎と並び三大アレルギー疾患のひとつと言われています。
発症すると皮膚の乾燥、かゆみをともなう発疹などの 症状があらわれ、慢性化しやすいのが特徴です。
症状が良くなったり悪くなったりを長期的に繰り返します。
完全な根治が難しいとも言われています。
皮膚が乾燥しやすい乾燥肌、またアレルギーを起こしやすい体質(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などを発症しやすい体質)の人に多いと言 われています。
典型的なアトピー性皮膚炎では、かゆみ、湿疹、鱗屑(カサカサしたフケのようなもの)、丘疹、痂皮(掻き傷のかさぶた)がおでこ、耳、口のまわり、首、手足 の関節の内側、ひざの裏、胴体などに左右対称にできます。
アトピー性皮膚炎の原因は一つとは限りません。
アトピー素因やバリア機能が低下している皮膚状態などの「体質的な要因」とアレルギー反応を引き起こすアレルゲン物質(食物、ダニ、ホコリ、カビ、花粉な ど)や皮膚への外部刺激(汗、空気の乾燥、紫外線、髪の毛、セーターなど衣類の摩擦、洗剤やシャンプーなどの日用品、ストレス、寝不足、過労)などの「環境的 な要因」があります。
このように、アトピー性皮膚炎の原因や症状は人によってさまざまなのです。
アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、皮脂の分泌が極端に少ないうえ、角質層の水分量も少ないためこれらの要因から肌を守るためのバリア機能が低下しています。
こ のようなバリア機能が弱い状態でアレルゲンが皮膚に侵入すると、体の外へ追い出そうとするためヒスタミンという物質を出し炎症が起こると言われています。
かゆみが出て掻いてしまうとバリア機能が低下した皮膚では、ちょっとの刺激でもかゆみが起こりやすく、さらに掻いた掻き傷部分にアレルゲンが入り込み、さら に炎症が悪化という悪循環に陥ってしまいます。
バリア機能とは、皮膚の最も外側で皮膚を守る働きのある角質のことで、この働きが弱いと水分を保持する機能がなくなり外部からの刺激も受けやすくなります。
皮膚の乾燥はアトピー性皮膚炎の症状を悪化させたりまた治りにくくさせるため、皮膚の保湿は大切です。
お風呂上がりなどは5分以内に保湿剤を塗ることが推奨 されています。
ヘパリン類似物質、セラミド、白色ワセリンなど油分の多い軟膏などご自分の症状にあった保湿剤を使うことも重要になります。
外用薬や内服薬で湿疹やかゆみなどの症状を緩和させ、日頃のスキンケアで肌の乾燥をおさえ、悪化させるような原因を取り除いて日常生活に支障をきたさないよ う維持することが大切です。
ステロイド外用薬の概要 ステロイド外用薬とは、正しくは「副腎皮質ホルモン外用薬」と呼ばれます。
アトピー性皮膚炎、湿疹疾患などで一般的によく使われる外用薬です。
ステロイド外用薬には大きく分けて抗炎症作用と、免疫抑制作用の2つの働きがあり、抗炎症作用は、アトピー性皮膚炎や湿疹など炎症を抑える働きのことを言 い、免疫抑制作用は、体内で起こったいろいろな免疫作用を抑制する働きがあります。
これらはアレルギー反応を抑制してくれますが、正常な免疫作用も抑制してしまうことがあるため、ステロイド外用薬の誤った使い方をしないよう注意が必要とな ります。
ステロイド剤は良く効く薬のため「良く効く薬」=「こわい薬」などと思われる傾向にありますが、アトピー性皮膚炎などで使う塗り薬はステロイドの量も 少ないため、よほど間違った使い方をしなければ安全で、正常な免疫まで抑制されることはありません。
また、ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎の炎症(かゆみ、赤み、じゅくじゅくした湿疹、掻き傷)などを改善しますが、あくまで対症療法であり、アトピー 性皮膚炎の体質自体を治すわけではありません。
ステロイド外用薬を使うことで症状が改善され、日常生活に支障が起きないようにコントロールができるようになり ます。
アトピー性皮膚炎は、内服薬やステロイド外用薬だけでなく、肌を保湿させるためのセルフケアも大切です。
なるべく合成香料や合成色素などが入っていない刺激 の少ない保湿剤を使うことが大切です。
最近は皮膚科で一般的にはステロイド外用薬と一緒にヒルドイドクリームやヒルドイドローションなどが処方されることが多いようです。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.