ベトネベートNクリームは、3段階の強さ(ストロング)タイプのステロイド剤で湿疹やじんましんなどに

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

3段階の強さ(ストロング)タイプのステロイド剤で湿疹やじんましんなどに
有効成分:ベタメタゾン吉草酸エステル、フラジオマイシン硫酸塩


セット数1箱あたり通常価格  
1箱30583058
3箱15334599
5箱12286140

商品の詳細

ベトネベートNクリームは、ステロイド成分(ベタメタゾン)に、抗生物質成分(フラジオマイシン)が配合された外用薬で、化膿をともなう皮膚の炎症と合併する可能性の感染症状の治療薬ベタメタゾン(ステロイド成分)が、アトピー性皮膚炎、湿疹、かぶれ、おでき、かゆみ、赤み、腫れ等の皮膚の炎症を緩和します。
また、抗菌作用もあり、化膿性皮膚疾患や二次感染に効果があります。
ベトネベートNクリームは、円形脱毛症や抜け毛の治療にも使われています。
ステロイドの強さは、5段階のうち3段階のストロング(強い)タイプとなります。
日本国内では、リンデロンVG軟膏、フルコートF軟膏と同じ強さです。
円形脱毛症や抜け毛などにも効果的です。
日本国内では、同商品はリンデロンVやリンデロンVGクリームという商品名で処方されます。
当ステロイド剤の強さベトネベートNクリームのステロイドの強さは、5段階のうち3段階のストロング(強い)タイプとなります。
強さ 製剤 ステロイド商品名 I群 Strongest: SG (もっとも強力) ジフロラゾン酢酸エステル プロピオン酸クロベタゾール ジフロラゾン酢酸エステル テノベート ジフラール デルモベート ハロベートクリーム ハロベート軟膏 II群 Very Strong: VS (かなり強力) ジプロピオン酸ベタメタゾン 吉草酸ジフルコルトロン 酪酸プロピオン酸ベタメタゾン リンデロンDP ネリゾナ アンテベート ベトネベートS ベトネベート・スキンクリーム III群 Strong: S (強力) 吉草酸ベタメタゾン・フラジオマイシン 吉草酸ベタメタゾン 硫酸フラジオマイシン フルオシノロンアセトニド ベトネベートN リンデロンV フルコート フルコートN タコロスフォルテ軟膏 IV群 Medium: M (中) トリアムシノロンアセトニド プロピオン酸アルクロメタゾン トリアムシノロンアセトニド レダコート アルメタ ケナログ ゾフルットクリーム V群 Weak: W (弱) 酢酸プレドニゾロン 酢酸デキサメタゾン ヒドロコルチゾン・クロタミトン プレドニン オイラックスH テラ・コートリル ベトネベートNクリームの効果効能アトピー性皮膚炎接触性皮膚炎主婦湿疹(手湿疹)発疹じんましん 虫さされ(じゅくじゅくした炎症があるもの)円形脱毛症乾癬など用量・用法1日1~数回程度患部に少量を塗布します。
(症状により適宜増減すること。
)主な副作用主な副作用として、皮膚の感染症(伝染性膿痂疹、毛のう炎など)、真菌症(白癬、カンジダ症など)、ウイルス性感染症、接触性皮膚炎、発疹、皮膚の刺激などが報告されています。
このような症状が出たら、すぐに医師または薬剤師に相談してください。
まれに眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障などの副作用の初期症状である可能性がありますので、まぶしい、明るい光で輪が見える、頭痛、目の異常、視力低下などの症状が出た場合はただちに使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください。
大量または長期にわたる広範囲への使用により、下垂体・副腎皮質系機能抑制をきたすことがあります。
以上の副作用はすべてを記載したものではありませんので、上記以外でも気になる症状が出た場合には、使用をやめて医師や薬剤師に相談してください。
使用上の注意炎症がないところに塗らないようにしましょう。
緑内障などのおそれがあるのでまぶたに塗らないようにしてください。
皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないでください。
大量または長期の広範囲にわたる使用はやめましょう。
ステロイド外用薬の概要ステロイド外用薬とは、正式には「副腎皮質ホルモン外用薬」と呼ばれます。
主としてアトピー性皮膚炎、湿疹疾患などで一般的によく使われる外用薬で、ステロイド外用薬には大きくわけて抗炎症作用と、免疫抑制作用の二つがあります。
抗炎症作用とは、アトピー性皮膚炎や湿疹などの赤みやかゆみからくる炎症を抑える働きのことを言い、免疫抑制作用とは、体内で起こるさまざまな免疫作用を抑制する働きを言います。
ステロイド外用薬はアレルギー反応を抑制してくれますが、同時に正常である免疫作用も抑制してしまうため、ステロイド外用薬の使い方を正しく使わなくてはいけません。
なお、アトピー性皮膚炎などで使う塗り薬はステロイドの量も少ないため、よほど間違った使い方をしなければ正常な免疫まで抑制されることはありませんので安心してください。
ステロイド外用薬は、アトピー性皮膚炎の炎症(かゆみ、赤み、じゅくじゅくした湿疹、掻き傷)などを改善しますが、あくまで対症療法であり、アトピー性体質自体を治すわけではありません。
ステロイド外用薬を使うことで日常生活に支障がないレベルに症状が改善されるためよく使われています。
アトピー性皮膚炎の炎症にはステロイド外用薬以外では保湿することが重要なポイントになります。
人工香料や人工色素などが入っていない刺激のない保湿剤を使うことも大切です。
皮膚科などでは一般的にはステロイド外用薬と一緒にヒルドイドクリームやヒルドイドローションなどが処方されることが多いです。
ステロイド外用薬の主な使い方炎症が強い患部に直接塗ります。
個人差がありますがだいたいのケースで4~5日目あたりで赤みやかゆみなどが少し改善され始めます。
ステロイドが怖いと思っている方はそこでやめてしまうケースがありますが、薬が不十分だったり、表面上だけ改善が見られても皮膚の内側まで治っていないケースもあるので、一定期間を自分で定めて使用するのが良いと言われています。
例えば、1週間は続けて使用し、患部の状態を観察することをおすすめします。
ステロイド外用薬の注意事項炎症がないところに塗らないようにしましょう。
緑内障などのおそれがあるのでまぶたに塗らないようにしてください皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないでください。
大量または長期の広範囲にわたる使用はやめましょう。
化粧下、ひげそり後などには使用しないでください。
次のような方は使用する前に医師や薬剤師に相談してください。
以前に薬を使用したことでアレルギー症状が出たことがある。
皮膚感染がある、鼓膜に穿孔がある(ステロイド剤などの薬剤が内耳に侵入し、内耳障害があらわれるおそれがあります)、皮膚の潰瘍、第2深在性以上の熱傷・凍傷がある(皮膚の再生機能が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがあります)。
妊娠・授乳中に他に薬を使っている方(お互いに作用を強めたり弱めたりする可能性もあるので、大衆薬も含め、他に使用中の医薬品に注意してください)は必ず使用前に医師や薬剤師に相談してください。
アトピー性皮膚炎とはアトピー性皮膚炎は慢性化しやすい病気で、発症すると皮膚にかゆみをともなう赤みや発疹などの症状があらわれるのが特徴です。
症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。
多くの割合で皮膚が乾燥しやすいドライスキンとアレルギーを起こしやすい体質をもっていることがわかっています。
アトピー性皮膚炎の原因は、アトピーのさまざまな素因がある方やバリア機能が低下している皮膚状態などの「体質的な要因」と、アレルギー反応を引き起こすアレルゲン物質(ダニ、ハウスダスト、ペットの毛、花粉、食べ物など)や皮膚への外的刺激(疲労、ストレス、空気の乾燥、衣類などの摩擦、洗剤や石鹸・シャンプー)などの「環境的な要因」があります。
これらの要因は人それぞれであるように、アトピー性皮膚炎の原因や症状も人によってさまざまです。
基本的に、アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、これらの要因から肌を守るバリア機能が低下しています。
バリア機能のバランスが崩れた状態でアレルゲンが皮膚に侵入してしまうとヒスタミンという物質を分泌して体外へ出そうとすることで炎症が起こると言われています。
バリア機能が低下した皮膚は、外的刺激がちょっとでもあるとかゆみや炎症が起こりやすくなり、さらに炎症の部位を掻いてしまうため悪循環に陥りやすくなります。
(アトピー性皮膚炎の主な治療)ステロイド外用薬の塗布ステロイド薬の内服抗アレルギー薬の内服抗ヒスタミン薬の内服保湿剤(ヒルドイドクリームなど)前にも述べましたが、皮膚の乾燥はアトピー性皮膚炎の症状を悪化させたり治りにくくするため、乾燥防止のため保湿はとても大切です。
お風呂上がりなどは5分以内に保湿剤を塗り水分が蒸発することを防ぐことが大切です。
ヘパリン類似物質、セラミド、油分の多いボディクリームなどご自分の症状にあった保湿剤を使うことも大切です。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.