ベピオゲル(過酸化ベンゾイル)は、国内でベピオゲルとして人気が急上昇の新しいお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

国内でベピオゲルとして人気が急上昇の新しいお薬!ピーリング効果もあり軽度から中程度のニキビに効果が高いニキビ治療のジェル
有効成分:過酸化ベンゾイル


セット数1箱あたり通常価格  
1箱29802980
2箱18403680
3箱13934179
5箱10565280
10箱7187180

商品の詳細

ベピオゲルは、ニキビを治療するお薬です。
抗菌作用に加え、厚くなった角質層を改善する働きがあります。
ゲル状の外用薬で、過酸化ベンゾイル5%を有効成分として含有する医薬品です。
医療用医薬品でも「ベピオゲル」として用いられているお薬ですが、日本国内では2.5%のものしか認められていないため、国内のベピオゲルは効果が少し弱くなってしまう場合があります。
ニキビは医学的には尋常性ざ瘡と呼ばれる病態で、皮脂の除去や毛孔閉塞予防のため、1日2回程度の洗顔が推奨されています。
皮脂の状態を良好に保ちながら、ベピオゲルなどの外用剤や抗生物質を用いて治療を行います。
抗生物質は炎症を起こしていないニキビに対しては効果が薄く、用いられることはほとんどありません。
ベピオゲルでは、炎症を起こした赤ニキビと、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビの両方を治療することが可能です。
ベピオゲルの主成分である過酸化ベンゾイルは、尋常性ざ瘡の病態に関与しているアクネ菌、表皮ブドウ球菌及び黄色ブドウ球菌に対して抗菌活性を示すことが認められているのです。
従来用いられていたアクアチム(ナジフロキサシン)、ダラシンTゲル(クリンダマイシンリン酸エステル)、ゼビアックス(オゼノキサシン)は抗生物質として細胞の増殖を抑制するため、耐性菌の出現が問題となっていました。
海外では日本よりもニキビ治療がすすんでいることから、多くの方が耐性菌によって治療抵抗性を示しています。
過酸化ベンゾイルの抗菌作用は、分解により生成したラジカルによるものであるため、耐性菌を生じないことが分かっています。
また、角質の剥離作用も認められており、角質細胞同士の結合を弛めて角層剥離を促し、毛漏斗部の角層肥厚を改善することが分かっています。
注目されるベピオゲル商品ベンザック(Benzac)社のベピオゲルとフォームクリーナーは、CLEO’s Clear Skin Awards (2月号)にて以下の賞に輝きました。
Best Anti-Inflammatory TreatmentBest Cleanser for Acne-prone skin 使用方法効能・効果および用法・用量は下記の通りです。
尋常性ざ瘡:1日1回、洗顔後にしっかりと水分をふき取り、患部に適量を塗布する。
ニキビのできやすいところ全体に、まんべんなく薄く塗り広げるようにして下さい。
使用開始から1か月以内には、鱗屑、落屑(皮膚が薄くはがれる、粉が吹くなど)、刺激感(ヒリヒリする)、紅斑(皮膚が赤くなる)、乾燥といった副作用が起こりやすいと言われています。
保湿などのケアを行うことで対策できる場合もあるので、刺激感が強い場合には洗顔後に、ヒルドイド製剤や市販の保湿剤などを用いて保湿を行ってください。
保湿剤がしっかりと乾いてからベピオゲルを塗布することで、副作用を軽減できることが分かっています。
また、本剤は角質剥離作用に加えて抗菌作用を併せ持つため、抗生物質は原則必要ないと言われています。
しかし、医師によってはさらなる効果を期待して抗生物質の外用薬を併用する場合もあるので、併用時には塗り方に注意が必要です。
ベピオゲルを先に全体に塗り広げ、乾燥させた後に、赤くなった炎症部位に対して抗生物質の外用薬を塗布してください。
他の外用剤と併用することで、刺激感の副作用が強く出ることがあるので、注意をするようにしてください。
副作用副作用としては「鱗屑、落屑、刺激感、紅斑、乾燥、かゆみ、接触性皮膚炎、湿疹、蕁麻疹」などが報告されています。
5%製剤においては、「汗疹(あせも)、違和感、皮脂欠乏症、ほてり、浮腫、丘疹」などの報告もあるため、併せて注意をするようにして下さい。
禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方」とされています。
妊娠又は妊娠している可能性のある婦人、また授乳婦に対する使用成績は十分ではないので、これらに該当する方は専門家の判断を仰ぐようにして下さい。
ベピオゲルには漂白作用が認められているので、髪、衣料等に付着しないように注意してください。
また、使用中には日光に当たることは最小限にとどめ、日焼けランプの使用や紫外線療法は避けるようにして下さい。
有効成分 過酸化ベンゾイル 内容量 20gm
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.