ボルタレンジェル(ボベランエマルジェル)は、有名な消炎・鎮痛薬ボルタレンのジェルタイプ塗り薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

有名な消炎・鎮痛薬ボルタレンのジェルタイプ塗り薬!炎症の痛みや熱・腫れをやわらげるぬり薬で、非ステロイド性の鎮痛解熱剤に分類されます。
有効成分:Diclofenac(ジクロフェナクナトリウム)1%


セット数1箱あたり通常価格  
1箱28802880
2箱18403680
3箱14934479
5箱11965980
7箱7885516

商品の詳細

ボルタレンジェル(ボベランエマルジェル)は解熱鎮痛薬として有名なボルタレンのジェルタイプの塗り薬です。
痛みを伴う炎症部位に直接塗ることで、熱や腫れ・痛みの症状を和らげる効果があります。
有効成分としてジクロフェナクナトリウムを配合した、非ステロイド性の鎮痛解熱剤に分類される外用剤です。
国内ではボルタレンシリーズとしてテープ(湿布)タイプやローション、飲む錠剤やカプセル、ゲルタイプなど様々な剤形で販売されています。
いずれもノバルティスファーマ社より2000年に承認・販売開始されています。
最大の特徴は抗炎症作用・鎮痛作用・解熱作用の3つの作用を発揮し、痛みの原因であるプロスタグランジンの活動を阻害して痛みの元から鎮める作用を持っていることです。
中でも抗炎症作用が特に強く、効果が効きはじめるまでの時間は20~50分とされており、その効果は6~8時間持続すると言われています。
鎮痛薬で有名なロキソニンに比べて、持続時間が長いのが特徴です。
様々な痛みに適応がありますが、中でもぎっくり腰のような腰痛症状に特に効果が高いことが分かっています。
腰痛以外にはすべり症、肩こり、腱鞘炎、神経痛、腰椎分離症、変形性関節炎、肩関節周囲炎、テニス肘、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛にも効果があります。
ジクロフェナクナトリウムは治癒を促進する上で、自然治癒能力を高める作用があることも分かっています。
痛みの原因となる根本を改善し、治療と並行してボルタレンジェルを使用することが推奨されています。
ボルタレンは販売当初、医師の処方せんが必要な医療用医薬品として承認されましたが、その後2009年に「スイッチOTC」として一般用医薬品に指定され、ドラッグストアやネット通販などで気軽に手に入れることができるようになりました。

ご使用方法

及び注意点を正しく理解し、用法用量を守ることで、安全に使用できるお薬です。
当商品はボルタレンで有名な鎮痛剤と同じ成分の鎮痛薬です。
服用タイプのボルタレンと同様にジクロフェナクナトリウムとう有効成分が含まれ、炎症や痛み、腫れなどを抑える、消炎・鎮痛作用および熱を抑える作用もあります。
ボルタレンジェルは以下のような症状の鎮痛、消炎、解熱目的で塗るジェルタイプのお薬です。
関節リウマチ 腰痛 変形性関節炎 抜歯後や手術後の鎮痛、消炎 急性上気道炎の解熱や鎮痛ボルタレンジェルと同成分のお薬 製薬メーカー:ノバルティスファーマ 有効成分:ジクロフェナクナトリウム ボルタレンジェルは服用薬ではありません使用方法通常成人に対し、1日1回痛みを感じる部位に適量塗ってください。
ボルタレンは抗炎症効果が強い反面、弱点として耐性がつきます。
長期間使い続けることで効能が薄れてきてしまいますので、期間を定めて使用するようにしてください。
また、1日あたりの使用量は、有効成分100mgまでと定められています。

副作用

使用上の注意気管支喘息・アスピリン喘息をお持ちの方は、ボルタレンの使用により重度喘息発作を誘発する恐れがありますので、使用に際してかかりつけ医や専門医に相談してください。
ボルタレンによる治療は原因療法ではなく、対症療法であると認識いただくことが大切です。
痛みの原因となる治療と並行してボルタレンを使用してください。
並行することで、ボルタレンの使用を最小限に抑えることができます。
皮膚の感染症を引き起こしている部位には使用しないでください。
また、ボルタレンの連続使用などは避け、痛みが引かない時であっても最低6時間以上は間隔をあけて使用してください。
国内の臨床試験の結果、主な副作用として発赤、紅斑、発疹、そう痒感などの皮膚接触炎、また稀な副作用としてアナフィラキシーショックなどの急性アレルギー症状が報告されています。
蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難などの症状が現れた際には、すみやかに使用を中止して医療機関を受診してください。
併用できないお薬として、抗真菌薬・抗凝血薬・抗不安薬・抗うつ薬・抗リウマチ薬・キノロン系抗菌薬・利尿薬・アスピリン・狭心症治療薬・降圧薬・免疫抑制薬です。
服用中のお薬がどれに分類されるか分からない際は、薬剤師や登録販売士などに相談してください。
アスピリン喘息の既往のある方、妊娠中の女性の方、消化性潰瘍のある方も服用ができません。
ボルタレンには予防効果はありません。
痛みが無いうちから服用するのは控えてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.