マクサルトジェネリック10mgは、ズキンズキンと痛む片頭痛(偏頭痛)の痛みをやわらげるお薬

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ズキンズキンと痛む片頭痛(偏頭痛)の痛みをやわらげるお薬。脳の血管が広がるのをおさえることで、血管周囲の炎症をおさえる働きがあります。
有効成分:リザトリプタン安息香酸塩(Rizatriptan Benzoate) 10mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
2箱20904180
3箱16274881
5箱13966980
10箱113811380

商品の詳細

片頭痛治療薬で有名なマクサルト錠のジェネリック医薬品であるマクサルトジェネリックは、血管に作用して血管拡張に伴う頭痛を抑える効果があります。
眼のあたりからこめかみまでズキンズキンと痛む偏頭痛特有の痛みに対して、マクサルトジェネリックは痛みを和らげる作用があります。
有効成分としてリザトリプタン安息香酸塩を10mg配合しており、アメリカのメルク社が開発した医薬品です。
国内では2003年に承認・販売され、製品特許が切れた後は国内や海外で様々なジェネリック医薬品が販売されています。
マクサルトジェネリックの最大の特徴は、2つの機序から作用することです。
頭部の血管に存在する5-HT1B受容体に特異的に作用し、片頭痛の発作時に広がる頭蓋内動脈を収縮させる作用があります。
もう一つの作用は、三叉神経にある末梢と中枢抑制性 5-HT1D受容体に特異的に作用し、中枢性の疼痛の伝達を抑制する作用です。
二つの機序から作用することで、片頭痛に伴う痛みを30分から1時間以内に和らげます。
片頭痛の症状は短い方で約34時間、長い方では72時間(約3日間)継続し、典型的な片頭痛の症状として目がチカチカしてギザギザした光が見える前兆症状を伴うことがあります。
また頭痛と共に吐き気を伴うこともあります。
詳細な原因は解明されていませんが、20代~40代の女性に多く、女性ホルモンの影響を少なからず受けることが分かっています。
このような症状が現れると生活上に支障をきたすことが多く、効果の高いお薬が求められてきました。
日本国内には片頭痛症状に悩む方が、推定840万人いるとの統計データがあります。
マクサルトジェネリックを服用できるのは、医師に片頭痛と確定診断をもらった方のみです。
片頭痛に似た症状としてクモ膜下出血等の脳血管障害や他の疾患による頭痛の可能性があるので、自己判断で片頭痛の症状と断定し、マクサルトジェネリックを服用するのは控えてください。
マクサルトジェネリックは片頭痛症状があったときに服用する医薬品のため、予防目的では服用できません。
使用方法マクサルトジェネリックは成人に対し、通常1回1錠10mgを片頭痛の頭痛発現時に経口で服用します。
お薬を服用しても効果が不十分な場合には追加で服用することができますが、前の服用から最低2時間以上空けて服用してください。
おり、予兆期の前兆症状や肩こりなどの痛みと片頭痛の痛みをうまく区別しながら服用することが大切です。
肝臓系疾患をお持ちの方、てんかんや痙れんの既往のある方、脳血管障害の可能性のある方は原則として服用できません。
症状悪化の可能性があるため、主治医や専門医に相談の上で服用を検討してください。
副作用国内の臨床試験の結果、主な副作用として傾眠(眠くなる症状)が 7.7%、けん怠感(体がだるい)が2.9%、めまいが2.2%、口渇が1.8%、脱力が1.5%、悪心が1.1%、感覚減退が1.1%報告されています。
発症頻度はごく稀ですが、重篤な副作用として不整脈・アナフィラキシー様症状・呼吸困難などが報告されています。
このような症状が見られた際は、服用を中止して速やかに医療機関を受診してください。
妊娠中の方は、治療が必要と判断された場合のみ服用できますが、妊娠中の安全性は確立されていません。
授乳中の方は乳汁中にお薬の成分が移行するため、授乳を避けて服用してください。
片頭痛の予防として、過労(ストレス)を避け規則正しい生活を送るようにしてください。
飲酒(特に赤ワイン)や喫煙は控えるようにしてください。
また、チーズ・チョコレート・コーヒー類も片頭痛発作の引き金になることがあります。
頭痛の症状がある際は運動や入浴は避けて、できるだけ安静にしてください。
使用上の注意マクサルトジェネリック10mg服用前後に、他のトリプタン系の頭痛薬を服用した場合は、24時間以上を空けて服用してください。
眠気が生じる場合があるので、運転などはお控えください。
服用後に気になる症状があらわれた場合、速かに医師・薬剤師にご相談ください。
また、以下の病気や症状が見られる方は、服用に注意が必要です。
過敏症、虚血性心疾患、血液透析中、心筋梗塞、脳血管障害、末梢血管障害、異型狭心症、冠動脈攣縮、重度肝機能障害、エルゴタミン投与中、エルゴタミン誘導体含有製剤投与中、高血圧症、モノアミン酸化酵素阻害剤投与中、一過性脳虚血発作、5-HT1B/1D受容体作動薬投与中、プロプラノロール塩酸塩投与中、モノアミン酸化酵素阻害剤投与中止2週間以内、肝機能障害、WPW症候群、重篤な不整脈、てんかんを起こしやすい器質的脳疾患、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群、心臓副伝導路と関連した不整脈、痙攣を起こしやすい器質的脳疾患
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.