マクサルトジェネリック5mgは、マクサルトジェネリック5mgは、日常生活に支障をきたすような辛い頭痛を解消してくれる片頭痛治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

マクサルトジェネリック5mgは、日常生活に支障をきたすような辛い頭痛を解消してくれる片頭痛治療薬です。ズキンズキンとした痛みがあったり、吐き気を伴うような激しい頭痛が起きたときに服用すれば、速やかにそれらの諸症状から解放されます。片頭痛持ちの方は、もしものために常備薬にするのもおススメです。
有効成分:リザトリプタン(Rizatriptan ) 5mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱31803180
2箱20904180
3箱16274881
5箱13966980
10箱113811380

商品の詳細

マクサルトは、片頭痛のつらい症状をやわらげるお薬です。
脳の血管がひろがるのをおさえ、血管周囲の炎症をおさえる働きがあります。
特に、片頭痛の発作が起こったときに服用すると、20~30分程度で速やかに痛みがとれます。
ロキソニン(ロキソプロフェン)やセレコックス(セレコキシブ)など、従来のお薬で効果がない場合にも、有効性が期待できます。
マクサルトは、「5-HT1B/1D受容体作動薬」という分類のお薬で、有効成分としてリザトリプタン安息香酸塩が配合されています。
中枢移行性(脳などの神経系までの効果の届きやすさ)が良いことで知られており、内服2時間後の頭痛の改善効果は、同系統のお薬の中では最も優れています。
海外では、思春期患者への投与も安全とされていることも、特徴の一つです。
※同系統のお薬として、イミグラン(スマトリプタン)、ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)、レルパックス(エレトリプタン)、アマージ(ナラトリプタン)などがあります。
日本においても、片頭痛を発症する方は非常に多く、年間の有病率は8.4%といわれています。
特に20~40代の女性に多く、悩みの種となることもしばしばです。
発作の仕組みとしては、脳の血管の中でセロトニンが異常放出され、一過性の血管収縮の後に拡張することが原因であると考えられています。
マクサルトに配合されているリザトリプタンは、頭部の血管にある5-HT1B受容体にはたらきかけ、片頭痛発作時に拡張すると考えられている脳外の頭蓋内動脈を選択的に収縮させます。
また、三叉神経にある末梢及び中枢抑制性5-HT1D受容体にはたらきかけ、各種ペプチド(サブスタンスP、カルシトニン遺伝子関連ペプチドなど)の放出を妨げて、血管拡張・硬膜の炎症・中枢性疼痛の伝達をおさえます。

ご使用方法

成人にはリザトリプタンとして1回10mgを、片頭痛の頭痛があらわれた時に服用してください。
効果が不十分な場合には、前回の投与から2時間以上感覚をあけることで、追加することも可能です。
(1日の総投与量は、20mg以内としてください。
) ※マクサルトは、発作を抑えるお薬です。
予防のためには使用しないでください。
副作用 軽度の副作用 傾眠、悪心、めまい、嘔吐、倦怠感、胸部不快感など 重大な副作用 アナフィラキシーショック、不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状、頻脈、てんかん様発作、血管浮腫、中毒性表皮壊死症、呼吸困難、失神など 禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者、心筋梗塞の既往歴のある患者、虚血性心疾患又はその症状・兆候のある患者、異型狭心症(冠動脈攣縮)のある患者、脳血管障害や一過性脳虚血発作の既往のある患者、末梢血管障害を有する患者、コントロールされていない高血圧症の患者、重度の肝機能障害を有する患者、血液透析中の患者、エルゴタミン・エルゴタミン誘導体含有製剤・あるいは他5-HT1B/1D受容体作動薬を投与中の患者、モノアミン酸化酵素阻害剤(MAO阻害剤)を投与中あるいは投与中止2週間以内の患者、プロプラノロール塩酸塩を投与中の患者 併用してはいけない薬 エルゴタミン製剤(クリアミンなど)、エルゴタミン誘導体含有製剤(ジヒデルゴットなど)、エルゴメトリンマレイン酸塩(エルゴメトリンマレイン酸塩「F」など)、メチルエルゴメトリンマレイン酸塩(メテルギンなど)、5-HT1B/1D受容体作動薬(イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、アマージ)、MAO阻害剤、プロプラノロール塩酸塩(インデラル) ※ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
使用上の注意 ・妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、本剤の安全性は確立されていません。
授乳婦については、本剤の成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
本剤の服用後、胸の痛み・胸部圧迫感などが一時的にあらわれた場合には、虚血性心疾患の可能性があるので、医師の診断を受けるようにしてください。
本剤の副作用や、片頭痛そのものの症状によって、眠気が起こることがあります。
自動車運転や危険な機械の操作は行わないようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.