マーベロンジェネリック(ジュリアナ)は、低用量ピルで有名なマーベロンのジェネリック

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

低用量ピルで有名なマーベロンのジェネリック!婦人科より手間もコストも最高!
有効成分:デソゲストレル 0.15mg+エチニールエストラディオール 0.02mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱27802780
3箱19405820
6箱182710962
12箱169620352

商品の詳細

有名な低用量ピルのマーベロンのジェネリックがジュリアナです。
超低用量のピルとしてホルモン量を減らした製法により、副作用を最大限に抑えることができる薬となっています!
エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とデソゲストレル(黄体ホルモン)を有効成分とし、副作用が少ないことが特徴となり、服用時間を一定しないと不正出血が起こりやすくなるという報告も挙げられています。
マーベロンジェネリック(ジュリアナ)は、一錠中にデソゲストレル(黄体ホルモン)やエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)が配合されていることから、新世代のピルとしても多くの医療機関で取り入れられ、たくさんの女性患者の方たちからもその効用が支持されています!
マーベロンジェネリック(ジュリアナ)は、生理中に起こりがちなイライラや腹痛、頭痛を緩和するはたらきがあるほかにも、ホルモンバランスを整え、肌荒れや脂質を分解する代謝を促進する効果も挙げられています。
また、排卵の回数を少なくすることから、避妊薬としても服用することができます。
一般的なピルの服用では、血栓症の副作用が現れるとの報告が挙がっている中、マーベロンジェネリック(ジュリアナ)は、そのような症状を発症することがないということがわかっています。
卵胞ホルモンの含有を少なくしていることから、医薬品全般にありがちな副作用を抑え、安全性にも優れた医薬品となっています。
マーベロンジェネリック(ジュリアナ)は、抗生物質の医薬品との併用にて、もともとの効果が軽減してしまう恐れがあるため、抗生物質との併用は避けることが大切です。
一般的なピルと、マーベロンジェネリック(ジュリアナ)を比較してみますと、不正出血や血栓症のリスクが少ないことから、他のピルよりも安全性に優れ、副作用を気にする方にもっとも適している医薬品となっています。

ご使用方法

シートの左上にStart(スタート)と記載がありますので、そこから服用開始し、翌日は矢印にそって服用します。
毎日同じ時間帯の飲むことで飲み忘れがなく、望ましいとされます。
21錠服用が終わった翌日からは7日間の休薬期間となります。
8日後に新しいシートを服用開始します。
他のピルから切り替える場合 現状のピルが21錠の場合は、21錠が終了してから翌日にマーベロンのStartから開始します。
現状のピルが28錠の場合、7錠の偽薬(プラセボ)は服用せずに、最後にピルを服用した次の日にマーベロンのStartから服用開始します。
または、現状ピルの偽薬(プラセボ)7錠を服用した後、次の日からマーベロンのStartを服用開始します。
服用し忘れた場合 12時間以内に気づいた場合は、すぐに1錠を服用します。
12時間以上気づかなかった場合は、避妊効果が落ちているリスクがあります。
2錠以上の飲み忘れはさらに避妊効果が低下しています。
飲み忘れの場合は医師との相談のもと服用を行います。
上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。
副作用・使用上の注意吐き気、嘔吐、頭痛、不正出血、乳房の痛み、はり、など。
副作用は上記に限りません。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.