マーベロンジェネリック (ノベロン)は、ノベロンはオランダの老舗製薬会社であるオルガノン社が開発した低用量ピルです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ノベロンはオランダの老舗製薬会社であるオルガノン社が開発した低用量ピルです。日本でも1999年に承認されたマーベロンと同じ成分を配合した、ジェネリック医薬品です。ノベロンはエストロゲンの成分含有量が少なく、体に優しいピルとして日本で最も頻用されています。
有効成分:デソゲストレル(Desogestrel) 0.15mg/エチニールエストラディオール(Ethinylestradiol) 0.03mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱30243024
3箱13584074
5箱11095545
7箱9276489
12箱7709240

商品の詳細

低用量ピルであるマーベロンのジェネリック医薬品ノベロンは、黄体ホルモンであるデソゲストレルと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを配合しています。
黄体ホルモンは排卵を阻害し、卵胞ホルモンは着床を阻害することにより妊娠を妨げ、避妊用のピルとしてお使いいただけます。
また子宮口の頚官粘液の成分を変化させ、粘度を高めることで精子が侵入しにくい環境を整えます。
ニキビや吹出物などの肌荒れにも改善効果があると言われています。
1ヶ月以上(そのうち服用は21日間、休薬7日間)の服用により、血中の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの値は一定に保たれます。
その結果、脳下垂体から分泌される生理的パターンが阻害されて、妊娠ができない環境を作ります。
避妊効果は服用後、最低でも1週間の経過が必要です。
避妊用ピル以外にも、月経痛(PMS)や月経不順、子宮内膜症の改善、そして服用を続けることにより子宮がんや卵巣がんの予防にも効果が認められます。
ホルモンバランスを整える働きもあるので、更年期治療にも用いられることがございます。
ホルモンを含有したお薬のため、ホルモン治療をされている方やホルモン依存性の疾患(乳がんなど)をお持ちの方は服用できません。
【使用・併用禁忌】を必ずお読みいただき、主治医とご相談ください。
長期間服用いただくお薬のため、副作用にもご注意いただく必要がございます。
【副作用】を必ずお読みいただき、個人差についてご理解いただいた上で服用をご検討ください。
低用量ピルを服用することで、避妊以外にも次のような二次的効果も期待できます。
月経痛、月経不順の改善 宮内膜症の予防 月経前症候群の改善 卵巣がんの予防 子宮体がんの予防 卵管炎などの感染症の予防マーベロンとトリキュラーの違いマーベロンとトリキュラーは両者とも強力な避妊効果を持つ低用量ピルですが、有効成分の種類と低用量ピルの中でのカテゴリーが異なります。
マーベロンは第3世代1相性と呼ばれるピルであるのに対し、トリキュラーは第2世代3相性と呼ばれるピルです。
マーベロンの「1相性」は1シート中の全ての錠剤が同じホルモン配合量で、ホルモンバランスに関係なく毎日同じ薬を服用するタイプです。
トリキュラーの「3相性」は、ホルモン配合量が異なる3種類の錠剤を決められた順番で服用するタイプです。
ホルモン周期の変化によって異なるホルモンバランスに合うように配合されています。
また、マーベロンの「第3世代」は新しい世代の低用量ピルです。
トリキュラーが属するひとつ前の「第2世代」はニキビや体重増加などの副作用が起こりやすいことがデメリットでしたが、改良してその副作用を大きく軽減したのがマーベロンが属する第3世代です。
マーベロンのニキビへの効果マーベロンは避妊効果だけでなく美肌効果も持ち合わせているため、ニキビ治療に使用されることもあります。
ホルモンバランスが崩れたり大きく変化すると、皮脂を過剰に分泌するアンドロゲン(男性ホルモン)が多く作用してニキビが出来たり肌が荒れやすくなります。
生理前に肌が荒れやすくなるのはこのホルモンバランスの崩れが原因です。
マーベロンを定期的に服用してホルモンバランスが安定すると、ニキビをはじめとする肌のトラブルが解決します。
ただし服用を開始した時期は一時的にホルモンバランスが変わる過程で、逆にニキビや肌荒れが悪化する恐れもあるので注意が必要です。
また、マーベロンの有効成分のひとつであるエストロゲンにはコラーゲンの生成を促進する働きがあるため肌の潤い・つや・ハリなどといった美肌効果も発揮します。
肌のターンオーバーの周期は28日であり、ホルモンバランスもすぐに安定するものではないのでマーベロンによる美肌効果に即効性はありません。
何周期か継続していくことで現れます。
マーベロンのよくある質問 マーベロンはどのようなお薬ですか? 毎日服用して避妊する「低用量ピル」と呼ばれるお薬です。
低用量とはどういう意味ですか? 避妊ピルによくある副作用を軽くするために、成分の配合量をできるだけ少なくすることです。
低用量ピルの副次効果にはどのようなものがありますか? マーベロンなどの低用量ピルには生理痛の軽減の他に、生理不順の解消、イライラなどの月経前症候群の軽減、ニキビの予防、子宮内膜症の予防などの二次的効果があります。
また、長期的な服用で子宮体がんや卵巣がんのリスクを減らすことができます。
マーベロンの成分は何ですか? 卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンです。
マーベロンを飲むとなぜ避妊できるのですか? 身体のホルモンバランスが妊娠しているときに近くなるからです。
そのため、排卵が抑制される、精子が卵管を通りにくくなる、受精卵が子宮に着床しにくくなるなど、いろいろな妊娠をさまだげる作用が生じます。
避妊ピルによくある副作用とはどんなものですか? 身体が疑似妊娠状態になるのでつわりに似た吐き気などのつわりに似た症状が出ることがあります。
その他に多い副作用は、乳房の張り、むくみ、体重の増加 低用量ピルはこういう副作用がまったくないのですか? まったくないわけではありませんが、中・高用量ピルに比べるとずっと少なくなっています。
マーベロンの服用方法は? 月経初日から服用を始めて1日1錠を3週間服用し、その後1週間服用を休止します。
これを1クールとしてくり返します。
服用する時間はいつがよいですか? 何時でもかまいませんが、飲み忘れがないように「朝食後」などと服用する時間を決めておきましょう。
飲み忘れたときはどうしたら良いですか? 翌日に飲み忘れに気づいたときは、前日の分とその日の分の2錠を服用してください。
2日連続で飲み忘れたときは? 気がついた3日目とその翌日は2錠ずつ服用してください。
また、その後1週間は念のためセックスのときはコンドームを使用してください。
コンドームにはない低用量ピルのメリットは? まず、パートナーの男性の協力がなくても避妊できます。
コンドームの買い忘れや破損などのハプニングの心配もなくなります。
また、避妊以外に生理痛の軽減などのいろいろな副次効果も期待できます。
コンドームに比べてピルを使用するデメリットはありますか? 避妊ピルにはコンドームのような性感染症を予防する効果はありません。
マーベロンの避妊成功率はどれくらいですか? 正しく服用するとほぼ100%避妊できます。
マーベロンにはジェネリックがありますか? マーベロンはファイザー社の製品ですが、同じ成分のジェネリックにマーベロン、フェミロンなどがあります。
マーベロンで太りますか?低用量ピルの服用におけるデメリットとして「体重増加(太る)」が挙げられます。
低用量ピルによって太る原因は幾つかあるのです。
女性ホルモンのエストロゲンが増加することで、体内の保水力が高まり水分を溜め込みむくみやすくなることがあります。
低用量ピルに含まれる黄体ホルモンの成分にはアンドロゲン(男性ホルモン)を刺激する作用があり、そのアンドロゲン作用によって脂質代謝が変わり太ることがあります。
低用量ピルは身体が生理前や妊娠時のような状態を維持するため、食欲が増進して体重増加に繋がることがあります。
ただし、マーベロンは第3世代という新しい世代の低用量ピルです。
高い避妊効果を維持したまま有効成分のホルモン量が必要最小限に抑えられており、従来の低用量ピルを改良して開発されたため体重増加などの副作用が起こりにくくなっています。
使用方法避妊を目的としたピルは、服用期間と休薬期間がございます。
月経開始1日目~21日目(3週間)、毎日一定時間に1錠服用してください。
飲み忘れを防ぐために、朝の服用をおすすめいたします。
22日目~28日目(1週間)はお薬を飲まない休薬期間となります。
28日(4週間)を1サイクルとし、29日目=1日目から同様に服用を始めてください。
1日に2錠以上の服用は控えてください。
飲み忘れたことに気づいた際はその日の服用は控え、翌日決まった時間に服用してください。
避妊効果は、最低でも1週間以上服用してからその効果が現われます。
規則的に服用することで避妊効果を発揮しますので、カレンダーやアプリなどを活用して服用方法をお守りください。
飲み忘れた場合の避妊失敗率は、9%という臨床試験の報告がございます。
特に飲み始めた1週間の間に、頭痛や吐き気、少量の不正出血などの副作用が現われやすいと報告されています。
時間の経過と共にこれらの副作用が消失されることが多いのですが、悪化する際には専門医の受診をおすすめいたします。
のぼせやほてりがある方、のどがよく乾き肌の乾燥がある方は、副作用が発現しやすい体質ですので、専門医や薬剤師に相談の上で服用を検討してください。
マーベロンと他のピルとの併用は控えてください。
更年期障害などに効果があるサプリメントとの併用は控えてください。
休薬期間に漢方薬を飲みたい方は、以下の漢方薬との併用は可能です。
イスクラ婦宝当帰膠(ふほうとうきこう) 海馬補腎丸(かいまほじんがん) イスクラ参茸補血丸(さんじょうほけつがん) これらの漢方薬は卵巣の働きをサポートするので、近い将来妊娠を希望される方にはおすすめです。
但し、漢方薬は休薬期間にのみ併用が可能です。
ピルの副作用として、血栓ができやすいという報告があります。
血栓症の方や高血圧、心筋梗塞の既往のある方は服用をお控えください。
すでに外科的避妊手術や子宮を取り除く手術をされた方も服用をお控えください。
エストロゲンと血栓症の関係低用量ピルや女性ホルモン療法で使用されるエストロゲン製剤には重大な副作用として「血栓症」が報告されています。
血栓症はその名前の通りに血管中に血栓ができる疾患ですが、部位によっては心筋梗塞など命に関わることがあります。
滅多に起こりませんが、過去に死亡例もある副作用なので注意しなければなりません。
なぜ血栓症を引き起こす恐れがあるのかというと、女性ホルモンの一種であり低用量ピルにも含まれているエストロゲンに元々血液凝固作用があることが原因です。
エストロゲンが増加して血が固まりやすくなることで、血栓を生じやすくなります。
息切れ、胸痛、痺れ、激しい腹痛・頭痛、舌のもつれ、視力障害、失神などが重い血栓症の主な初期症状です。
低用量ピルやエストロゲン製剤を服用後に上記の症状をはじめ何らかの身体の異常が起きたら、服用を中止してすぐに受診してください。
また、エストロゲン量が多い妊娠中や産後の方も血栓症に注意が必要です。

副作用

服用を開始して特に1週間以内に、少量の不正出血や頭痛、吐き気などの副作用がみられる場合がございます。
これらの症状は、時間の経過と共に消失することがほとんどですが、症状が悪化した場合には専門医への受診をおすすめします。
血が固まりやすくなる、血栓症も多く報告されています。
心筋梗塞や脳梗塞、肺血栓などの既往がある方は服用をお控えください。
ホルモンに依存する乳がんや子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)の方や、その疑いがある方は服用をお控えください。
年齢が35歳以上で、1日に15本以上タバコを吸われる方も服用を控えてください。
喫煙されている方に重篤な副作用が現われることが臨床試験から報告されています。
糖尿病や高脂血症(脂質異常症)、肥満症の方も服用をお控えください。
使用・併用禁忌 他の経口避妊薬(ピル)との併用はお控えください。
エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳がんなど)の方や、その疑いのある方は服用をお控えください。
血栓性静脈炎、脳血管障害、肺塞栓症などの既往がある方や、治療中の方は服用をお控えください。
妊娠中、または妊娠の疑いがある方、授乳中の方は服用をお控えください。
運転をされる方、高所で作業される方、危険な機械作業をされる方は、副作用の発現などにご注意ください。
お薬は高温多湿での保管は避けて、小さなお子さんやペットの手が届かない場所で保管してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.