ミノマイシン(96カプセル)は、ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩を主成分とするテトラサイクリン系の抗生物質です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩を主成分とするテトラサイクリン系の抗生物質です。細菌のたんぱく合成を阻害することで抗菌作用を発揮し、グラム陽性菌・陰性菌、クラミジア、リケッチア等幅広い感染症に効果があります。
有効成分:Minocycline(ミノサイクリン)100mg


セット数1箱あたり通常価格 
1箱1888018880

商品の詳細

ミノマイシンはニキビ治療や、性病の淋病、梅毒など泌尿器系の感染症、皮膚、呼吸器系、歯科系の感染症にも使用される、テトラサイクリン系抗生物質です。
1箱4カプセル入りの低価格のミノマイシンもございます。
ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質で、ペニリシリン系やセフェム系抗生物質では効果がないマイコプラズマやクラミジア菌、淋菌も抑制する効果があります。
ミノマイシンは、グラム陽性菌、グラム陰性菌に対して広い範囲で有効とされる抗生物質です。
ミノマイシンの有効成分ミノサイクリンは、成分の半減期が他のテトラサイクリン系抗生物質より長いため1日に必要な服用量が少ない抗生物質です。
また、耐性菌も比較的少ないため他の同等抗生物質と比較して抗菌力が強く、耐性ブドウ球菌や大腸菌などいも効果が期待できます。
ニキビ治療薬としても処方されるミノマイシンですが、ニキビは毛穴が角栓でふさがれて、出口を失った皮脂が貯まってできる膨らみ(面皰)です。
面皰ができると中でアクネ菌や黄色ブドウ球菌などの雑菌が繁殖しやすくなります。
この雑菌の繁殖によって炎症がおきているのが化膿ニキビです。
膿がたまって赤く腫れ、熱っぽさや痛みも出ます。
ミノマイシンはアクネ菌やブドウ球菌が増殖するときに必要なタンパク質の合成を阻害する作用があります。
この作用によって菌は増殖できなくなり、炎症が治まります。
※こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。
ミノマイシンの特徴ニキビや性感染症クラミジア等、様々な細菌に適応があるミノマイシンは抗生物質に分類されるお薬です。
抗生物質の中でもテトラサイクリン系の抗生物質に分類され、セフェム系やペニリシリン系の抗生物質では適応がないマイコプラズマやクラミジア、リケッチアに効果があり、細菌以外ではマラリア原虫など広い範囲で強力な抗菌作用を発揮します。
その他に、グラム陽性菌・陰性菌、淋菌にも抗菌作用を発揮します。
膀胱炎や百日咳にも処方されることがあります。
有効成分としてミノサイクリンを配合しており、細菌のタンパク合成をブロックすることで細菌の増殖を抑制し、高い抗菌作用を持っています。
テトラサイクリン系の抗生物質の中で最も抗菌力が高く、耐性菌が発生しにくいのも特徴のひとつです。
また、他の抗生物質に比べてお薬の効果持続時間(半減期)が長いため、1日2回の服用で十分な効果を発揮するのも特徴です。
国内では1981年より販売されている歴史のあるお薬で、50mg錠、100mg錠、50mgカプセル、100mgカプセル以外に静注用製剤や、顆粒製剤、そして多くのジェネリック医薬品も承認・販売されています。
国内のみならず、世界中でジェネリック医薬品が販売されており、汎用されている医薬品です。
医師の処方箋が必要な医療用医薬品に指定されており、ドラッグストアなどで手軽に購入できません。
効果が高い分、安全性にも十分な注意が必要です。
特に、小学生以下の小児の服用は禁止されています。
抗生物質としての適用以外では、リウマチの治療に応用されています。
日本は適応外処方となりますが、抗炎症作用及び免疫抑制作用からリウマチの関節炎症抑制効果が期待されており、欧米を中心とした臨床試験の結果では、他の抗リウマチ薬と同等な関節炎抑制効果と優れた安全性を持つことが明らかになっています。
様々な臨床試験の結果から、ミノサイクリンのコラーゲン活性、ホスホリパーゼA2活性、フリーラジカル産生などを抑制する働きがあることが期待されています。

ご使用方法

成人に対して、通常1回1~2錠(100mg~200mg)を、1日に1~2回服用してください。
症状や適応症、ご年齢などにより適宜増減してください。
ただし、蔓延と使用することは避けてください。
耐性菌が発生することがあります。
治療上最小限の期間のみ服用するようにしてください。
服用する際は、水又はぬるま湯で服用してください。
牛乳でミノマイシンを服用することは控えてください。
牛乳の中に含まれるカルシウムと結合し、体内に吸収されなくなります。
牛乳以外にも豆乳やアーモンド・ピーナッツといった食品に含まれるマグネシウムも吸収を阻害してしまうため、ミノマイシンと時間をずらして摂取するようにしてください。
小学生以下(特に8歳未満)の小児はミノマイシンを服用できません。
ミノマイシンには骨に対する副作用が報告されており、成長過程にある小児の場合、歯牙に黄色い色素沈着やエナメル質形成不全などが認められる場合があります。
そのため、小児へのミノマイシンの投与は他の抗生物質が効かないような重大な症状のときに限られます。

副作用

国内の臨床試験の結果、主な副作用として腹痛が3.07%、悪心が3.04%、食欲不振が1.88%、胃腸障害が1.13%等の消化器症状、めまい感が2.85%が報告されています。
服用後は車や自転車、機械などの操作や高所での作業は行わないようにしてください。
食道通過障害をお持ちの方は食道潰瘍を起こす可能性があるため、服用に際して主治医に相談の上で検討してください。
経口摂取の不良な方や非経口栄養の患者さんは、ビタミンK欠乏症状が現れる可能性があるため、十分注意してください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.