ミルタザピン(リフレックス)15mgは、うつ病など心の病気の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

うつ病など心の病気の治療薬です。ゆううつな気持ち、不安など心の症状だけでなく、不眠や食欲不振など体の症状にも効果的。
有効成分:ミルタザピン (Mirtazapine) 15mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱59805980
2箱47909580
3箱439313179
5箱409620480

商品の詳細

使用方法・副作用などは先発薬メーカーの添付文書をもとに薬剤師が執筆しております。
医師や薬剤師の指示のもとご使用ください。
ミルタザピン15mgは、うつ病などのこころの病気の治療に用いられるお薬です。
ゆううつな気持ちや、不安やイライラなどのこころの症状だけでなく、眠れなくなる、食欲がなくなるといった体の症状にも効果が認められています。
「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)」という分類で、医療用でも「リフレックス」として用いられているお薬で、日本ではリフレックスという商品名で知られています。
こころの病気の治療では、SSRIやSNRIといったお薬が汎用されていますが、胃腸障害や性機能障害が副作用としてあらわれることがあります。
ミルタザピン15mgでは、セロトニン受容体にバランス良く働きかけるため、これらの副作用は少ないとされています。
また、不眠がある場合や食欲不振がある場合においても、非常に有効であることがわかっています。
うつ病の治療においては、休養と環境の調節が、非常に重要であるといわれています。
これらを行っても状態が改善しない場合には、本剤を含む抗うつ薬を検討するようにしてください。
開始する際には、副作用を軽減するために、少量から徐々に増やしていくことが推奨されています。
基本的には単剤で用いることが推奨されていますが、効果が出るまでには時間がかかるため、抗不安薬や睡眠薬を併用することもあります。
ミルタザピン15mgは、以前から用いられていた四環系抗うつ薬(テシプール、テトラミドなど)に似た構造を持ったお薬です。
しかし、非常に新しいお薬である本剤では、シナプス前部にある「自己受容体」という部分にも効果を発揮することから、これまでにない効果が認められています。
作用機序は、中枢のシナプス前α2アドレナリン自己受容体及びヘテロ受容体に対して拮抗作用を示し、中枢のセロトニン及びノルアドレナリンの両方の神経伝達を増強することによります。
使用方法ミルタザピン15mgの効能・効果および用法・用量は、下記の通りです。
うつ病・うつ状態 成人では、ミルタザピンとして1日15mgを初期用量として、15~30mgを1日1回、就寝前に服用するようにしてください。
年齢、症状に応じて1日45mgを超えない範囲で適宜増減することが可能です。
ただし、服用量を増やす場合には1週間以上の間隔をあけながら、1日用量として15mgずつ増量するようにしてください。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。

副作用

ミルタザピン15mgの副作用としては「体重増加、倦怠感、傾眠、浮動性めまい、喉の渇き、便秘、下痢、発熱、頻脈、セロトニン症候群」などが報告されています。
禁忌は「本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者、MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者」とされています。
肝疾患や腎機能障害のある方では、血中濃度に影響をおよぼす可能性があるので、薬剤の調節を検討するようにして下さい。
CYP3A4阻害する働きのある薬剤(HIVプロテアーゼ阻害剤、アゾール系抗真菌薬、エリスロマイシンなど)、CYP3A4を誘導する働きのある薬剤(カルバマゼピン、フェニトイン、リファンピシンなど)、シメチジン、ワルファリン、SSRIを服用中の方は、相互作用が起こる可能性があるので医師に相談をするようにして下さい。
(ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。
) セントジョーンズワートの摂取によってセトロニン作用が増強するおそれがあるため、本剤服用中は控えるようにしてください。
アルコールと併用することで鎮静効果が増強する恐れがあるため、注意をするようにしてください。
妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、動物実験によって影響が示唆されているため、医師の判断を仰ぐようにしてください。
授乳婦については、本剤の成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。
眠気を起こすことがあるので、自動車の運転や危険な作業を行う際には、十分に注意をするようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.