ムコスタ100mgは、有効成分レバミピドを配合する胃薬で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

有効成分レバミピドを配合する胃薬で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬です。胃酸分泌をコントロールするのではなく、防御機構を回復させることで胃潰瘍を治療する働きがあります。
有効成分:レバミピド (Rebamipide) 100mg


セット数1箱あたり通常価格  
1箱62806280
2箱514010280
3箱466013980
5箱435621780

商品の詳細

ムコスタは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍 を治療するお薬です。
胃の粘膜を保護し、潰瘍部分の修復を促すはたらきや、胃の血液の流れをよくするはたらきがあります。
ムコスタは「防御因子増強薬」とよばれる種類のお薬で、有効成分として「レバミピド」が配合されています。
ムコスタは、胃粘膜プロスタグランジン増加や胃粘膜保護、胃粘液量増加、胃粘膜血流量増加、胃アルカリ分泌亢進などのさまざまなはたらきによって、効果を発揮すると考えられています。
消化性潰瘍を治療するお薬としては、プロトンポンプ阻害薬(PPI)(ネキシウム、タケキャブなど)、H2受容体拮抗薬(ガスター、プロテカジンなど)、制酸薬(アルミゲル)などがあります。
ムコスタ以外の防御因子増強薬としても、アルサルミン、セルベックス、アズノール、キャベジンU、プロマックなど、さまざまなお薬が実際に用いられています。
一般的には、胃酸を抑える力はPPI>H2受容体拮抗薬>防御因子増強薬といわれており、併用することも少なくはありません。
疾患について消化性潰瘍は、胃や十二指腸などの粘膜組織が欠損することによっておこります。
胃酸やペプシンなど、胃液の「攻撃因子」と、血流や粘液などの粘膜の「防御因子」とのバランスが乱れることが原因となります。
ヘリコバクターピロリによる感染やNSAIDsの内服、精神的なストレスなども密接に関わっているといわれています。
症状としては、空腹時のみぞおちの痛み、胸焼けやげっぷなどの胃酸過多症状、そして胃からの出血をあらわす黒い便や貧血などです。
痛みには個人差があり、大きな潰瘍があるにも関わらず「何の痛みもない」ということもあるので、注意が必要です。
治療は、原因となっているヘリコバクターピロリの除菌やNSAIDsの中止の検討に加え、胃酸を抑える薬剤の内服や防御因子増強薬の内服を行います。
潰瘍が重度となり、穿孔(消化管に穴が開くこと)をきたしている場合には、外科的手術が適応となることもあります。
使用方法 成人では、レバミピドとして1回100mgを1日3回、朝夕および就寝前に服用してください。
急性胃炎および慢性胃炎の急性増悪期型糖尿病における胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善 成人では、レバミピドとして1回100mgを1日3回服用してください。

副作用

使用上の注意 軽度の副作用 発疹、かゆみ、蕁麻疹、便秘、お腹の張り、下痢、吐き気、胸やけ、腹痛、しびれ、めまい、眠気、口の渇きなど 重大な副作用 ショック、アナフィラキシー様症状、白血球減少な、肝機能障害、黄疸など 禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方 使用上の注意 妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、本剤の使用は専門家の判断の上で行うようにしてください。
授乳を行っている場合には、乳汁中に移行することがあるので、授乳を避けるようにしてください。

商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.