メイアクトジェネリック(セフジトレンピボキシル)200mgは、ブドウ球菌、肺炎球菌、大腸菌など各種の細菌感染症に有効なセフジトレンピボキシル200mgを配合した抗菌薬です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

ブドウ球菌、肺炎球菌、大腸菌など各種の細菌感染症に有効なセフジトレンピボキシル200mgを配合した抗菌薬です。特に歯科領域において抜歯後などによく処方されます。
有効成分:セフジトレンピボキシル(Cefditoren Pivoxil).


セット数1箱あたり通常価格  
1箱33803380
3箱18605580
5箱15167580

商品の詳細

メイアクト200mgは、有効成分としてセフジトレンピボキシル200mgを含有する医薬品です。
メイアクトは「経口用第三世代セフェム系薬」という分類の抗生物質で、医療用医薬品でも用いられているお薬です。
医療用では「メイアクトMS」という名前で販売されており、このMSは製造販売を行っている会社である明治製菓からとったものです。
また、名前のメイアクト(MEIACT)もMEIJI+Actionを組み合わせて命名されたと言われています。
メイアクトは経口セフェム系薬としては初めてバクテロイデス属の菌や百日咳に対して適応を取得したお薬で、インフルエンザ菌や肺炎球菌に特に良好な活性を持つことが知られています。
現在国内で使用されている抗生物質の中でも比較的新しいもので、内科においても咽頭炎や気管支炎、皮膚感染症や中耳炎など、幅広く処方されています。
また、膀胱炎や子宮内感染、子宮付属器炎、腎盂腎炎などの上気道以外の器官に対しても、有効性が認められています。
セフジトレンピボキシルは、吸収時に腸管壁で代謝を受けてセフジトレンとなり、抗菌力を示します。
細菌に対しては、最近細胞壁の合成阻害によって抗菌作用を示します。
各種細菌のペニシリン結合タンパクへの親和性が高く、殺菌的に作用することが分かっています。
近年では黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌において、βラクタマーゼというペニシリンを分解する酵素を産生することで抗生物質への耐性を獲得した、薬剤耐性菌が問題となっています。
セフジトレンピボキシルでは各種細菌の産生するβラクタマーゼに対して安定であり、βラクタマーゼ産生細菌に対しても強い抗菌力を持っていることが分かっています。
また、グラム陽性菌のみならずグラム陰性菌に対しても有効であることが知られています。
ただし、マイコプラズマやクラミジア、梅毒などに対する抗菌活性は無いことが分かっています。
※ メイアクトは、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。
商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。
使用法メイアクトの適応は「表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、眼瞼膿瘍、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎」とされています。
用法及び用量は「セフジトレンピボキシルとして1回100mg(力価として)を1日3回食後に経口投与する。
なお、年齢及び症状に応じて適宜増減するが、重症又は効果不十分と思われる場合は、1回200mg(力価として)を1日3回食後に経口投与する。
」とされています。
飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。
ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。

副作用

メイアクトの副作用としては「下痢、軟便、吐き気、胃不快感、発疹、腹痛」などが報告されています。
禁忌は「本剤の成分によるショックの既往歴のある患者」とされています。
原則禁忌としては「本剤の成分またはセフェム系抗生物質に対して過敏症の既往歴のある患者」とされています。
本剤を含む、ピボキシル基を有する抗生物質(セフカペンピボキシル、セフテラムピボキシルなど)の服用により、代謝物であるビバリン酸の代謝・排泄に伴う血清カルニチンの低下が報告されています。
小児においては、低カルニチン血症に加えて低血糖の報告もあるので、服用する際には注意が必要となります。
このお薬の類役において妊娠後期に服用することで出生時の低カルニチン血症の発現が報告されているので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。
有効成分 セフジトレンピボキシル(Cefditoren Pivoxil). 内容量 6錠
商品のご購入はこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
原崎 (HARASAKI)
1985年生まれで医学・薬学・性・Webの知識を高める為に日々勉強。
自分の経験・知識で、悩みのある人を元気に、安心を与えられればと、その気持ちを原動力に医学を学んだ結果、婚期を逃し今に至ります。

視力:0.1
好きな眼鏡の色:黒
口癖:ちくしょうっ・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お薬メール , 2019 All Rights Reserved.